スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
アイルランド対フランス観戦記
久々に国際試合でも見ようかのと思って、 今日は北アイルランド対イングランドとアイルランド対フランスと どっち見りゃよかんべ、といいんちょ (もう何のいいんちょだか述べる必要もなかろーが このページの審委員長)に相談。

「どっちが楽しそうですかね」

「どっちも即死ですね」

「ヴィエラ・・・ジダン・・・アンリ・・・」

「ロイ・キーン帰ってきましたけど無理でしょうな」

「あれアイルランドはもう覚悟できてるんですか」

「はいアイルランド人知人がランズダウン行ってますがもう死ぬ覚悟は出来てると」

「北アイルランドは、リンゴはいませんが、私にゃ QPRに行ってしもたトミー・ドハティー@ガットゥーソ 超劣化版と、サウサンプトンのクリス・ベアード@特攻ライトバック という2大オキニがおりまして」

「そうするとホランド様のおらんアイルランドは、何となく足りませんですね」

「うーん、仕方ないからうちのスティーヴン・エリオットに全部っつーことで、 アイリッシュ・パブ行ってきます」

「行ってらっさい」

てなわけで、だらだらと、いいんちょに充てた私信じみたマッチレポ↓


さてアイリッシュパブは満員だ。

ノース・ロンドンだけに、フランス側の人たちもけっこーいる。 多分フランス3対アイルランド7くらいの応援比率。 んでも相手がフランスだろーが 意に介さないで仲良く楽しむアイリッシュ気質はやはり素晴らしい。

そして解説はナイアル・クイン様。まくしたてまくってよくわからんが ものごっつい興奮してる。解説内容は、多分かなりアイルランドに 偏向しまくってた。それがまたほほえましくて良い。

キックオフ。

立ち上がりから鬼のようなプレスをアイルランドがかけまくり、 とにかく押せ押せでそのまま持ってって、 確か開始一分くらいで、アンディ・リードが特大ホームランになるよな シュートを放つ。

「いいですよいいですよこーやっていきなりカマすのが重要なんです」

ナイアル・クイン様が松木になってます・・・。

対するフランスはジダンがスパイクに磁石でも仕込んでるんじゃねーかという くらい完璧な美しい吸い付くよなトラップからドリブルへ、スルーへ、 本当に、ジダンは、「魅せ」る。そして左からえーっという位置からアンリ飛び出す。 化けモノかこいつら、と、ホントにしばらく見入って、 アンリとジダンだけずうっと見ていたいと思うのに、 オシェイに簡単に負けるヴィルトールが なんか現実に引き摺り戻してくれて頭が痛い。 オシェイつよかった・・・。ダンも安定してたけどやらかしそに見えた。 カニンガムは一度ロイ・キーンが憑依した。

そして、フランスの攻撃を最終ラインで、地味にことごとく摘み取る、 巌のごときディフェンダーがアイルランドに見出し、感心して番号を確認すると、

「6」

本当に地味だ。地味ながら、ワールドクラスの守備を見せていたのは、 やはり、ロイ・キーンだったのだ。やっぱすげえなぁ。

あれを代表から外したミック・マッカーシーって負けずにキ●ガイだなぁやっぱ(死)

7分、左PAぎわで、フランスはFKを稼ぐ。多分アンリが リチャード・ダンあたりにやられたな気がすんだけど(うろ)、 そこでFKをとるのは、ジネディン・ジダン。

この位置は、ジダンなら、絶対直接狙う。

ジダンのフリーキックは、強烈にゴールネットの左上に突き刺さ・・・

る前に、シェイ・ギヴンが超人的な跳躍を見せ、右手一本で弾き飛ばす。

「わんだふるわんだふるわんだふるふりーきっく!!ほわったせーぶ!!」

ナイアル・クイン様の絶叫が響く。

7分、世界一のスーパーフリーキックにスーパーセーブ。

シビレたよ。

アイルランドは即カウンターへ。 なんかアイルランドの攻撃は、なんつか耕耘機でバリバリと 飛ばしてるよな地面削るよな攻撃だ。ゴール前までたどり着くと 迫力と人海戦術にフランス側は対応できない。 その中で、ワンタッチでボールをさばき、執拗なマークに遭っていたのは、 クリントン・モリソン。モリソンってあんな巧かったっけか? ついでにモリソンの気性の荒さは相変わらずで、軽いタックルで黄色貰って ましたが、これ多分立ち上がり時、ライン際でフランスの選手の 頭後ろからドツいた件が加算されてて黄色になったと思われます。

ゴールを背にしてPAライン左付近でモリソンがボールをトラップした所、後ろから フランスDFの羽交い締めに遭い、ここでフリーキック。

丁度ジダンがフリーキックをとった位置と逆の位置のフリーキックが アイルランドに与えられたろうか。

キッカーは、アンディ・リード。

そして、アンディ・リードも直接狙う!

リードの左足から放たれたボールは、左ポストに直撃!

「アンディ・リード、素晴らしいフリーキックです!!いやあフランスのキーパーは、 動けなかったし、フランス、大ラッキーでしたね!!」

解説飛ばしまくってますが、松木じゃありまへんナイアル・クイン様でございまし・・・。

フランスはただどこにも入らないロングボールをぽーんと放るだけ。 特にライトバックのウィリー・サニョール、お前のフィードは ハートリプールのダレン・ウィリアムズ以下だ。 ロングボールぽーん。はーい、アイルランドボールでカウンター。 ジダン様にボールが行かない限りフランスはまるで、 アダム・ボイドを欠いたマーティン・スコットのハートリプールのようだ。

アイルランドはボールのつながり良くないんだけど、 アンディ・リードのキープ力のなさ(フランス相手にしちゃうと目につくね)と、 ビミョーにサンダーランド・モードの入った ケヴィン・キルバーンとかの、マイナス要因を差し引いても、 何か全てで上回ってた。ロイはひたすら守備に徹する。

そんで守りきれるのかと思ったら、なんか見ててサニョールは守備までやべえし ブームソン(まぐ)はあわわわわだし、これやられるかもなぁと思・・・ ってたら、サニョールだかブームソンだかテュラムだかがドリブルで突破してきた ロビー・キーンと交錯。18分、ロビーずっこけて、ペナルティ!!

・・・にはならなかった。かなり微妙だが、個人的には、あれはペナルティじゃないと おも・・・

「いやあれペナルティでしょう!!・・・・いや、うーん、 もしかしたら、あれは、ペナルティじゃないかも しれない!でもペナルティ与えられて良いプレーです!!!」

・・・ナイアル・クイン様・・・

更にアイルランド側のポゼッションがひたすら続く。 左サイドでとろとろと15番が飛んできた長いボールをとる。 15番、とろとろとろとろと動いて、その挙げ句に、 PAでロビー・キーンに正面パス、そこから当然のよにロビー・キーンが 鋭いシュートを放ち、僅かに外す。

その15番テメェあんな相手へのごっつぁんパス、ミルウォールのGK アンディ・マーシャルがイプスウィッチ戦でやらかしたの見て以来くらいだぞバカー!!ブームソンとフランスのダレン・ウィリアムズことサニョールにも、 いい加減イラついていたが、15番のトロトロ加減と 何だか知らないけど自信なさげ加減にえらいムカつく。 誰だコイツ顔剥いじゃると思ったら・・・

いやーん!!

あのへっぽこ連発してたの、

リリアン・テュラム様だったとわーーーーーーーーーーーーー(号泣)

↑テュラム様大好き

でもアイルランドにとって、チャンスらしいチャンスって、 これがもしかしたら、最後だったかもしれない。

ダフがドリブルで左を突破してくると、ををををーって思うのだけれども、 どうもその先がつながらない。 つか、やっぱり、フランスの守備、ヴィエラがもんのすごい 利いてるんだよぉー。全然目立たない怖くないけど 攻撃の芽になりそなボールは全てヴィエラがもう何事もなかったように カットしてた。ヴィエラすげえよ、やっぱ(泣)

フランスは終盤になると、いきなりピッチ広く使ってパス練習をはじめくさり、 パス練習から突如アンリ走ってシュートチャンス作るしやーな感じだ。

ハーフタイム。

スタジオ解説のメンツを見て笑う。

フランク・ステイプルトンと、ジェイソン・マカティア兄さんだ!

マカティア兄さん、顔まんまるになった・・・よね・・・ おかしい・・・まだトランメアで現役のはず・・・

アイルランド、あのテンションで90分続くかどうかと見ていたら、 やはり後半になって劣化というかスタミナ切れが目にとれた。 ついでにロイ・キーンの理性のタガもはずれたらしく、 中央でカニバサミしてフランス選手をカニ挟みで固めて3カウントとってしまい 黄色である。この件には、ナイアル・クイン様コメントなし。

これがフランスの狙いなのかなーと思っていたが、 フランスもあいかーらずロングボールぽーんでつまんね試合やりくさってる。

・・・と、思ったら、68分、アゴ外れた。

アンリ様あなたは世界一のストライカーでございますいいもの見せて 頂いてありがとうございますとしか言いようのない、 25ヤードのロング・シュート。なんじゃあれ。何よあれ。

アンリのもうふぁんたすてぃっくすぱーぶふぁびゅらすともうなんだか 形容のでけんゴールが決まると、はいはいお疲れ様とジダンとアンリが下がる この余裕、フランスずるい。

かたやアイルランドは、 イアン・ハートにギャリー・ドハティ投入。うわああああ 開き直りのロングボール 戦術だぁあああ(涙)アンリに充ててロングボールするのと ドハティーに充ててロングボールするのは次元が違うわ!! あかんわもう!!

更に点が入る気しなくなったよコレで。

つか、終わったなと。

もうこれで沈んだかに思えたアイリッシュ・パブだったが、ここで 北アイルランド勝利の報が入る。

「いえーーーーーーーーーーー!!!」

イングランド戦やってる裏でフランス贔屓にアイルランド贔屓しかいない場所だもん、 みんなイングランド死んでざまー見ろ祭りに入った。 あぁ エリクソンのイングランドが死ぬなんてそんな最高に楽しいこと があったならあっち見てれば良かったよいいんちょ!!

帰り際にBBCのMOTDが見え、うれしさかみ殺してるらしいアラン・ハンセンと なんか嬉しそうなイアン・ダウイーと、苦い顔の ギャリー・リネカーの表情が見えた。

アイルランド 0-1 フランス
       (アンリ 68)
スポンサーサイト


Footy (English General) | 19:31:19 | Trackback(3) | Comments(0)
□ コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

愛蘭代表ドイッチェランド06への道(軽くヤバい)
私事ですが9月に入ったらシゴトの方、いきなり夏休みモードが終了しまして日々グッタ 2005-09-10 Sat 01:03:17 | LFVwebの「フェアプレイプリーズ!」
グッチ 財布
As a Newbie, I am permanently browsing online for articles that can be of assistance to me. Thank you 2013-10-19 Sat 16:36:12 | グッチ 財布
クロムハーツ 財布
サンダーランド・ファンのヨタ日記 アイルランド対フランス観戦記 2013-10-23 Wed 11:07:42 | クロムハーツ 財布
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10月 « 2017/11 » 12月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。