スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
オニール、Hibsのジム・ヘンリーをバックルーム・スタッフに
マーティン・オニールは、Hibsのジム・ヘンリーをバックルーム・スタッフに

マーティン・ヘンリーは、元スコットランド柔道代表で、セルティック、ヴィラ時代にオニールを支えたスタッフとのこと。

さらに、スティーヴ・ウォルフォード(Steve Walford)が 1軍コーチとなり、シーマス・マクダナー(Seamus McDonagh)がGKコーチに。

どーも腹心でまとめたっぽい人事ですが、 どうか、人心を掌握できる人事でありますように。

(チェルシー時代のモウリーニョが天才的だったのは、どう考えたってレイ・ウィルキンスを 据えたからだ。レイ・ウィルキンスを袂を分かったことが致命傷であったことは明白だと思うよ)

“オニール、Hibsのジム・ヘンリーをバックルーム・スタッフに”の続きを読む>>
スポンサーサイト
Sunderland Till I Die | 08:28:03 | Trackback(7) | Comments(4)
なぜマーティン・オニールにとってイングランドのフットボール・クラブの中でサンダーランドが特別だったのか
ノーザン・エコーの記事より。

「(なぜイングランドのクラブの中でサンダーランドが特別好きだったのかは)それは、チャーリー・ハーリーの存在が大きいと思う。彼はアイリッシュだったしね」

ノーザン・エコーによれば、オニールと同年代の少年達からしてみれば、 Manure、リバプール、アーセナル、あるいはセルティック、ジャーズを応援するのが普通だったというのに、 オニールは、サンダーランドを選んだ。それは、チャーリー・ハーリーの存在のためであったという。 そうして少年時代サンダーランドを応援していた少年にとって、 強烈な印象を残したのは、当時サンダーランドのストライカーであった、ブライアン・クラフであった。

「あれは1962年のボクシング・デイのことだった。 ブライアン・クラフは怪我をしてね、そのとき、私は泣いたんだ」

(ブライアン・クラフはこの時の怪我がもとで引退に追い込まれている)

「サンダーランドは、偉大な素晴らしいクラブだ。 しかし、少年時代のヒーローとしてのサンダーランドをどうこう 言いたくないのもまた事実。 暖かく見守ってもらえるのは2試合くらいだろうし。 なぜなら、結果がすべての世界だから」

ともオニールは言う。

願わくば、オニールのもう一人のヒーロー、ブライアン・クラフが監督として 成し遂げた偉業を、サンダーランドで実現することを。






オニールが来たことで、リハビリがてらネットを散策すると、 When Saturday Comesが アレックス・ファーガソン監督業25周年といったタイトルで出していた。

ファーガソンに寄せてなのかどーなのかわからんが、 一緒にイングランドの誇る名将ブライアン・クラフとダリオ・グラディ に加え、ギャリー・スピード(動かない足で 必死に戦う姿は誰もの胸を打ちました。R.I.P.)の特集を組んでおりました・・・

Sunderland News Archives | 07:40:39 | Trackback(6) | Comments(0)
マーティン・オニール、サンダーランド監督に就任
main_image_01.jpg





これ以上の朗報があろうかと。

こんなに嬉しいのは、ナイアル・クイン様がクラブを買ってからである。

クインがクラブを買って(クインのお金じゃないけど)、 オニールが監督になった。

このクラブを応援している人たちはどんだけ幸せ者なんだろうかと、 イングランド・フットボール界いちの幸せ者じゃなかろーかと、 なんともウルウルとしているのである。

マーティン・オニールが少年時代サンダーランド・サポーターであったことは、 オニールが公言していたはずであり、 ようやく双方の思いが実るっつーのはヘンだな、 一致する日をみたことは、なんとも感慨深いことである。

オニールのコメントもまだ読めてはないんだけど、 どうしても、あまりに嬉しくて、 封印を解かずにはいられなかったのでありました。

これまでにコメントをくださった皆様がたがたがた、 ご無沙汰して申し訳ない。



追記



“マーティン・オニール、サンダーランド監督に就任”の続きを読む>>
Sunderland Till I Die | 00:38:01 | Trackback(5) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
11月 « 2011/12 » 01月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。