スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ユニクロのヒートテックにかぶれました(マジ)
この3日ほど、異様に体がかゆくなり、そこら中かきこわしまくりーの、 風呂に入るとかきこわした皮膚がぶわっと浮き出すくらい、 異常なかゆみに悩まされとりました。

もともと乾燥肌なのですが、乾燥の場合痒いを通り越してすぐ割れて流血するので (シャレにならん)、尿素クリームをつけつつ、 それでも気づくとかきこわして流血してるので、おかしいおかしいと (どうでもいいがこれだけ堂々と「尿」の字が躍るのは 日本くらいだろうなーと冬になると感心します。メリケン行くと 「うれあ」っていう売り文句で書いてある商品本当にないよ!!) 思っていた所、案の定、別の犯人が判明。

ユニクロのヒートテック。

寒くなったのでインナーとしてヒートテックを愛用しまくっていたのがあかんたれだったらしいです。

ヒートテックから綿100%にかえたとたんにかゆみがだいぶおさまって、 保湿して綿とウールの天然素材100%に全部着替えたらなおりました。

我ながらいろんな所がアナクロすぎて新時代に適応でけませんという話。







あ。

なんか忘れてませんかって。

えーとこないだ久々にCL見てグルキュフたん見たお!!

それじゃない?

えーとね。

ぼるとん戦はね、シセがそりゃー美しいストライカーのお見本飛び出しゴールしか 覚えてないの。

ほんとに。

ちょっと見てない間にすんごいことになってた。

というわけで心が折れました。

というわけで見てた人よろしくです。

なんか名物兄ちゃんの評点見てきたら、

アントン・ファーディナント 0
ナイロン・ノズワージー 1
ミラー 0
ホワイトヘッド 0
チンボンダ 1
ダニー・コリンズ 1
ケンウィン・ジョーンズ(もうすでに一時の巻以下) 0

で、何があったかおおよそ察しはつくんですが。

でも、グラントたんにシセと同じ3点がついてたよ!!

そこかい!!

いやだってこの兄ちゃん「リードビターをストークにうっぱらえ」(バーンリーでも可)の 急先鋒みたいな人で、この兄ちゃんに「リードビターが一番マシだった」と書いてもろたのは 意味はあるですね。

・・・いやいっこくらい楽しみがないと生きてゆけませんよ。って、グラントたん見ていないんですが(爆) つか、LB、何度も目の間違いかと思ったらやっぱバーズリーだったんか・・・・ バーズリーは右か中央で・・・足りなかったら、禁じ手でもいいから、アルカ買って・・・

Sunderland 1-4 Bolton
(Cisse 11) (Taylor 18, Cahill 21, Elmander 39, 55)

んで普通に心が折れて、そんな気にしてなかったんだけど、

ちょろっとロイの心が折れたようで、

とても珍しい後ろ向きロイのコメントが出ましたもので、 ツッコミとともにお届けいたします。ちっちゃい字でツッコミいれてきます。

「俺は毎日俺は本当にサンダーランドにふさわしいのか自問自答してるよ」
    ふさわしいですよ。弱気になったらいかんです。ロイ・キーンともあろうおかたが。
「今朝もおんなじことをしてさ、俺はそうだ、大丈夫だって言ったんだ。 でも日曜日の朝になって、もうダメだと思うかもしれない。そうしたら、 これから先を考えなければならない」
    うはー。割と気づいちゃったら潔いのが ロイの良い所ですが今回はやめてくれやめてくれやめてくれ。
「俺は自分の気持ちに正直にならないといけないと思うんだよ。 それは、何がロイ・キーンという人間に対してのベストというとじゃなく、 何がサンダーランド・フットボール・クラブに対してベストかという問題なんだ。 でも月曜日になったら、俺で大丈夫だと思うかもしれないし、 火曜日になったらそうとは思わなくなってるかもしれない。」
    クラブにとってベストなのはロイに責任を持っていただくということでやんす。 仮に落ちたってロイなら安心して預けられると管理人は思っておりますがなにか。 ロイの素晴らしい所は、えーと、えーと、自分に厳しく他人にも厳しくそして勝者だということなんだが、 よくよく考えたらロイ・キーン監督=王貞治属性だと思うんですよ。 そう考えると、こんな低迷は、 初期のダイエーのわやくちゃみたいなもんで、 長い目で見れば、クライマックスシリーズに出られるくらいには してくれる監督 (何かが混ざっていませんか)になると、管理人は、思っています、勝手にね。
「俺はこのクラブの監督であってクラブについての全責任を負わなければならないんだ。 それが監督というものなんだよ。」

(ディーン・ホワイトヘッドとダニー・コリンズのミスに対して)「連中のミスは見たけどね、 でもこの数試合、連中はとても良かったし、 俺は選手個人のミスに責任なんか押しつけちゃ いけないと思ってる。だからあんなもんで俺は怒ったりしないよ。 選手のミスは問わないってのが俺らのポリシーだ。 でも、そういうスタンスなのに、ミスで手痛い目に遭い続けてるってのが、 世の中つらいよなぁ。着実に積み重ねて進んでいけば、ゲームに負けるってこともないもんな」
    王貞治は、「プロたるもの、ミスがないのが当たり前」とおっしゃっておりましたので、 王がそう言ってるんだからロイもそんくらい選手に言ってやっていいと思いますが・・・
まぁとにかく。

とりあえずロイ・キーン=王貞治とする管理人説を信じてみませんか?




なんでこんな話が出てきたのかというと、 フィル・ブラウンを巡る不穏な動きが背景にあるようだ。

管理人は何度もブラウンはありゃー「まっけむ弁」だと申しておりましたが、 裏がとれました。ガチでした。

つーか、 フィル・ブラウン、モノホンの、本当の意味のMackem でした・・・・・・・・(血が赤白だってことですよ・・・ブラウン・・・Lifelong Sunderland Supporterだって。Telegraphあたりに載ってたらしい)

ブラウンはハルを叩き台にして、この赤白クラブの監督が揉めたら、 次は間違いなく手を挙げる、らしい、とか。

6位のハルの監督、フィル・ブラウンを、18位のロイ・キーンにすげ替えて、 次期監督にどうですかって?

だが断る。

今クラブに欲しいのは、脳味噌筋肉直感やりくり系よか、 巻くんを男にできるイビチャ・オシム(またこれだよ)。




次回の希望フォメ

ごーどん
ちんぼんだ ばーずりー あんとん だにーこりんず
まるぶらんく ほわいとへっど りーどびたー きーろん
でぃうふ/ちょぷら しせ


あ、ロイにこれだけは言いたいことがあるな。

今すぐロス・ウォレスを取り返して かわりにミラーを置き去りにしてこい!!

スポンサーサイト
Sunderland Till I Die | 07:04:16 | Trackback(2) | Comments(2)
Lads 0-1 WHAM
本日の審判、マイク・ディーン。

聞いた時にイヤーな予感がした。

マイク・ディーンって何度かゴールを取り消したりしてる あいつじゃなかったっけか。

取り消すのはともかくこいつも殺したい度数の高い審判である。

あー審判がらみでやられんなーというイヤーな予感はした。

んで、結論としては、 ディーンは確かにクソ審判で、 実際やらかしてくれたが、マイク・ディーンに敗戦の全ての責任を おっかぶせるのはどうやったってNGだ

ってことだ。

30分ごろに「ウェストハムのコリンズ」がゴールエリア内で やらかしたシセへのファウル(蹴ったおしたよな) は完全にペナルティになるのが筋だと思うんですが それが何事もなかったよーに流れるのがマイク・ディーンのクオリティ。

ありゃーペン。

なんかその10分前にもケンウィン・ジョーンズを引きずり倒した コリンズのプレーはペンじゃないかと思っておったが、 シセのは間違いなくPKでそ。

しかし、そんくらいのマイク・ディーン・クオリティは、 折り込み済みで試合してくれんと(遠い目)、やっぱ情けない。

「あのペンがあったら・・・」

っていうのは後々愚痴るけど(笑)、でも、 「あのペンはありえん」でやられることに責任の所在を持ってくのはありだが、 「あのペンがあったら・・・」のほうに責任の所在を持っていくのだけはどうやったってNGだ。

つーかそんくらいしか確実に点が入りそうなシーンがなかったことが情けない(涙)

なんかてでぃさんに聞いたら 「アプソンのハンドでPKもディーンは流した」そうである(殺)

アタッカー連中、みんなで仲良くゴールマウスが見えてない。

つーかゴールマウスがどこにあるのか見えとらんのは、ケンウィン・ジョーンズだろう。

とりあえず 中盤はなんとなく押しているくせにシュートはあさってで全然怖くないって お前らはあかんたれモードの日本代表か!?(あー言っちまったよ。 ちなみにこの場合さしずめ中村俊輔に該当する選手は キーロン・リチャードソン、巻くんに該当するのは 勿論のことケンウィン・ジョーンズという所であろう:大爆死)

うがー。

うがー。

つまんね試合をしている。

つまる試合をするほうが少ないチームだが(死)

ウェストハムのほうのコリンズの自爆モードも全然生かせずに、 ちょっと終わるまで地獄っぽかった。ベーラミっていうのか なんか北欧っぽい顔だちしたウェストハムで点入れた奴ぁ。 ありゃーしょーがないけどちょっとそれにかかるナイロンの自爆モードの ポジショニングが気になった。

1月になったら、選手買わなくていいから、かわりにオシム連れてきてよ、ロイ。

ひっどい試合。

しかしウェストハムは我慢できる子になった。

・その他の備考;
    ・いつの間にやら降格ゾーンが見えていた。試合前は15位だったんですが終わってから 何位になったのかはまだ見ていない。

    ・ほんの少しアンディ・リードがすっきりしたかのように見えたが 目の錯覚の範囲っぽい。

    ・つーかディウフがサブってなんだそれ。

    ・ウェストハム相手で期待してたジョージ・リンゴ・マッカートニーは相変わらず ハム炒め定食一丁だった模様。


フォメ。

フロップ

バーズリー ナイロン アントン ダニー・コリンズ

マルブランク ホワイトヘッド キーロン でぶ

赤トサカのシセたん トリニダード・トバゴの巻くん


Sunderland 0-1 West Ham United


↓ここから一週間ほど前の旧エントリ。

消すつもりが消すに消せなくなってしまいまして残しとります。

しばらく忙しい所に気温が下がりました。

おきまりの週末ぶっ倒れでした。

というわけでブラックバーンに勝ってたなんて今の今まで知りませんでした(ぺこり)

金もそうですが人的資源のご利用は計画的に。いつまでも無理がきかんたれ・・・ でオチをつけようかと思ったのですが、呼吸器がどうも弱いらしく昔から疲れが溜まると倒れてたような・・・

今日気が向いたらなんかするかも。

Sunderland Till I Die | 22:40:01 | Trackback(7) | Comments(6)
あとで消します
忙しい~(T.T)

気づいたらストークに1-0でチェルシーに5-0で負けてました。

ストークのゴールだけ見ましたが、 DF、垂れてる?

一段落したらお会いしましょう。




ひと段落しました。

とりあえず死にました。

ご利用は計画的に(意味不明)

Non-genre | 16:39:15 | Trackback(0) | Comments(3)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10月 « 2008/11 » 12月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。