スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
飼い犬にけつまずいて出場停止
某リアム・ローレンスが飼い犬にけつまずいて膝を痛めて出場停止

だそうで。

んなわけで懐かしの珍故障集なんてもんが特集されとりました。

●世にも奇妙な痛いお話●

ロイ・キャロル:練習中にボール拾いをしてて網に絡まって膝負傷

リチャード・ライト:FAカップ4回戦チェルシー戦前に「ここでトレーニングしてはいけません」の 看板にけつまずいて膝を捻ってさようなら。 家でロフトから落ちた過去もあり。

リオ・ファーディナント:テーブルの上に足を伸ばしててテレビを見ているうちに足の腱を痛めて病院送り@リーズ時代

ショーン・フリン:息子用のおもちゃの車に乗ったら車がぶっ壊れ、 鼻を骨折&唇から大流血&爪先を痛める@キダーミンスター・ハリアーズの主将

デイヴ・ベサント:ドレッシングの瓶を爪先に落とし全治8週間@1993年

デイヴィッド・ジェイムズ:テレビのリモコンの角度を調整してる間に肉離れ& デカい鯉を釣り上げ脱臼

アレックス・ステプニー:バーミンガム戦で自陣のDFに指示を出してて怒鳴りすぎで アゴが外れる@1975年のManUのGK。

チック・ブロディー:ボールを追いかけて乱入した犬に膝頭にぶつかられ引退。1970年ブラッドフォードのGK。

サンチァゴ・カニサレス:ご存知ワールドカップ前にシェービングクリームの ボトルを落としてワールドカップ欠場。

ケイシー・ケラー:ゴルフクラブを車から出そうとして前歯を折る。

アラン・ライト:フェラーリのアクセルを踏んで腱を痛めたヴィラのDF。 ちなみにこれでフェラーリに懲りてローバーに車を替えたそな。

スティーヴ・モロー:シェフィールド・ウェンズデイに勝ってリーグカップ優勝を決め、 喜びすぎてトニー・アダムズの肩にぶつかり鎖骨骨折@1993年

デイヴィット・バッティ:息子の乗った三輪車に轢かれてアキレス腱損傷

ダレン・バーナード:飼い犬のオシッコですべって靱帯断裂5ヶ月欠場@バーンズリーのMF。

チャーリー・ジョージ:芝刈り機で爪先を切る@アーセナル1971年FAカップの英雄

キーロン・ダイヤー:トレーニング中にポールに当たって左目負傷、全治二週間

ルロイ・リタ:朝起きてストレッチをしたらそのまま肉離れ

ダリウス・ヴァッセル:DIY中電動ドリルで爪先に穴を開ける

フリオ・アルカ:泳いでいてクラゲに刺されて病院送り



みんな痛そうでシャレにならないのが多いっすが、 キャラを考えると 息子の三輪車に轢かれたバッティの絵はちょっと見たいかもしれません。




若干名(つーて3名なんですが)の、熱意に打たれましたので、 オマケのフィル・ブラウン@エミレーツ・スタジアムを一枚。

まぁ確にヴェンガーの隣にこれが居たら目先が変わってそこそこには見えるかもしれない(負けた)

philbrownemirates.jpg

んでエミレーツの写真を探してたら、 ポール・マックシェーンが元気にしてた・・・

ポール・マックシェーンつながりで、全然話が本旨と外れるんですけどね、 ダチと話してたらやっぱおんなじこと、つまり、ロイ・キーンのドナドナ・ポリシーに 不満を抱えてるのはみんなそうみたいです。

「ロス・ウォレス(プレストンに半ドナドナ)は 残しても攻撃オプションになるが、 リアム・ミラーとアンソニー・ストークスこそプレストンに売るべきだろ」

やっぱ同じことを思ってるよなぁ。みんな。

スポンサーサイト
Footy (English General) | 03:05:17 | Trackback(2) | Comments(5)
僕は両手で耳を塞いで君を愛した
The Love is too late for me~♪

この歌って「Heart & Soul」の収録かと思っていたら「Will」でした。

って、稲垣潤一好きにしかわからんようなタイトルのフリでどうする。 いや、ちょうどこのエントリを書いていたら、この曲(The Love is too late)が脳内から聞こえてきましてね。

って、だってだって衝撃だったんですもん!!


というわけで、意識的に聞こえないふりをして避けてましたが、

今現在ハル・シティがヨーロッパ圏内です。

でも意識的に避けてたのはこっちの話題じゃないのです。

むしろ意識的に避けてたのはですね、

ハル・シティのまっけむ野郎(普段の訛りとプール系のキャリアから管理人による独断推定)、

「監督、フィル・ブラウンがお花だ」

という意見を実はちらほらと聞いていたのですが、 管理人の美意識とは おそろしくかけ離れていたために聞こえないふりをして 耳をふさいでおりました。(心当たりのある人すいませんホントに聞こえないふりしてました)

ただの顔の頭の悪い濃いおっさんとしか思ってなかったし、 今季はヒゲを生やしだしたりしたせいで、 「フィル・ブラウンはゲイじゃないか!?」 とか某北東で言われだす始末。

きこえねーきこえねー

と、きこえねーフリを貫こうと思っていた矢先に、 その昔当クソHPにて活発な活動をしていた(のか?) 「おやじの花園」選考委員会 (たまに要望や感想くださる皆様すいません更新ホントに止まっていて) の、2代目委員長様より、じきじきに、

「ハルの監督、おはな・・・」

とのメール・・・

ぐほっ(高野豆腐の角に頭をぶつけた音)

2代目委員長は信じてたのに・・・ちょっとリハビリ生活が長すぎたのかしらん委員長も・・・

というわけで管理人に名指し食らってると思うおのおのがた、フ ィル・ブラウン貼っときますんで、胸に手を当てて オノレの気の迷いを悟ってくださいまし。

philbrowngunner.jpg

え”~~!!?(←正気かと尋ねているらしい)

phillbrowneverton08.jpg



ちょっとぉ~!?(←だから本気かと尋ねてますってば)



philbrowneverton08_2.jpg



ねぇ~!?(←どこがだよと突っ込んでいますってば)



んで記憶に新しいCoca Colaの「コークを飲んで選手を買おう」キャンペーンで、 「一位になったら俺は脱ぐ」の公約を守ったフィル・ブラウン。

つーか、えーと、どう考えたって気の迷いでしょ・・・(名指しで。ちなみに 本ブログは言うまでもなく管理人によって私物化されています。)





(絶句)

あれなんかレイアウトがどうやっても崩れるんですけど。

というわけで、なんか言葉入れときます。不具合はXPだけなのかな。

ついでにヌードグロ画像のフルサイズはこっちです。




「腐った時のジョー・キニア」

という言葉があります。

もっとも、内輪で通じてた言葉でしたが。

腐りきって特にボードがどーしょもなくて手の施しようもない時、 もしくは デイヴィッド・オレアリしか自分からやりたがる奴がいない時に、 最後の頼みの綱としてしばしば挙がる第一人者といえば、ジョー・キニアでございました。

しかしノッティンガム・フォレストがよほど腐れきって (セインツとイプスウィッチユースを足しっぱなしにしたよな ユースの充実っぷりのくせにチームボロカスの ボードカスカスの借金漬けで自治体から金を借りてるほど) いて懲りたのか、「そろそろキニア」と言われても、

ここまで書いてて、今思い出した。管理人が「キニアなんてどぅよ」って言ったのは、 ストーントンでボロカスになった後のアイルランドの時だった(爆)

つーか、まぁそのレベルで腐れてた時の最後の蜘蛛の糸的に 名前を出してしまいたくなるのが、ジョー・キニア。

というわけで、

今のニューカッスルは筆舌に尽くせない状態なんだな

今更、キニアが口説き落とされて出てくる状況って、どんだけなんだよ・・・ほんと・・・

Fittest Manager and Millwall | 08:39:55 | Trackback(0) | Comments(5)
マージーサイドダービーを見たよ
エヴァートンの中に一人だけリヴァプールの命知らずが居た。

てか、あれ、SOLやSJPで逆がいたら間違いなくStewardにつまみ出される、 てかその前にボコボコにされてるだろうが。

グディソンの人たちは優しいなぁ、と、思った。

ので、ウェストハムな人に聞いてみた。

「アップトンパークのホーム側で一人ちぇるし居たらどうなります?」

「ボコボコですよ」

「アップトンパークのホーム側で一人ウォールが居たらどうなります?」

「あははははー(ひきつり笑)」

・・・・・・・・・・・・ぐりーん・すとりーと・・・・・ってこと、だよなぁ・・・・

んで別に一緒に見てた人が「クラウチがいないとトーレスっていい選手なんだね」 といった。

それ以上に的確に表す言葉はないので終了。

逆を返せば、クラウチの居るチームは苦しい、ということ、それがこの世の真理だ。うけけ。

ついでにストーク対チェルシーという始まる前からわかりきってる試合をちょろっと見た。

ストークのゴールキーパーってやたら忙しい思いさせられてるけど、 いいショット・ストッパーだなぁとしみじみ。

誰ですかね、今のストークのゴールキーパーって。

ついでにストークの先発を見て東急田園都市線の溝の口-梶が谷間に8時台に 乗った時級の目眩を覚える(どんなたとえだ)

アンディ・グリフィンがキャプテンってどんだけぇー!?

ダニー・ヒギンボトムはまぁもともとストークが一番板についてた子だから いいんだけど、まぁマンスフィールドの種馬のリアム・ローレンスは もうツッコミようもなくすから、いいんだけど、えーと、リッチー・クレスウェルと 赤毛のデイヴ・キットソンなんて、いかにも 今のバーンリーよりも弱そうな2トップで張ってるように見えるのは これは本当に現実なんだろうか

・・・ストークのGK、苦労するなぁ(しみじみ)

「フロスト警部」のマレット警視役の人に監督の顔似てないか? 0-2 チェルシー @ブリタニア・スタジアム


んで連中はヴィラパーク行き。

ヴィラパークでは、ロクな試合を見たことがない。

どっちがクソか競り合った挙げ句に負けないほうのクソが 3ポイント獲ってるだけ、というのがいつものヴィラパークのオチなので、 どーせ

びら2-1さんだらんど

というオチだろうと思ってたら案の定であった。


ゴードン

チンボンダ アントン・ファーディナント ダニー・コリンズ マッカートニー

ホワイトヘッド リアム・ミラー マルブランク リチャードソン

ディウフ シセ


ツッコミつれづれ:

・シセとかディウフとかマルブランクとか出てるチームにリアム・ミラーとか を同時に起用するのは、どうか勘弁していただきたい。

・チンボンダ(英語読み)とマルブランクとディウフはたぶんベストゲーム。

・だからおフランス傭兵部隊とアンソニー・ストークス併用とかいう起用はどぅよ

・てかその前にリードの頭すっ飛ばしてリアム・ミラー先発起用ってどういうことだよ

・本日はセットプレーのゲリラ豪雨を食らってお疲れ様でした、ゴードン。

アストン・ヴィラ 2-1 Lads (ヤング18 カリュー33) (シセ 10)



Sunderland Till I Die | 08:07:14 | Trackback(0) | Comments(4)
備忘録:ミックとブリーンが仲違いしてた(今更)
今更(2008年3月の話)ですが、ミック・マッカーシーとその腹心かとてっきり思ってた ギャリー・ブリーンが大喧嘩の末仲違い→ブリーン狼から追放

というすっげー話になってました。

ついでにミッキー・グレイはどないしてんのかと思ったら、 こいつは首切られないで済んでました。

と。

ついでだから狼のメンツを見てみる。

ふぅううううむ。えー狼こんな風になっとんの!??うはあああ!!!

と、いろいろ気にかかることをメモしてたら、メモがやたら長くなったので ついでに今日のブログネタにします(ヲイ)

というわけで、ミック・マッカーシーは絶賛月間最優秀監督賞を頂いたりして 狼は今突っ走っておそらくそのまま昇格するんではと風の便りで聞きまして、 よく考えたら、狼は、今季狙ってた補強が全部成功したのだったと どっかで聞いたことを思い出しました。

今季の狼の補強目玉は、 よくよく思い出したら、ノリッジのちょろっとファンタジー気味のRB小僧だった (あれCBだったかな最近かなりアルツなのでこれくとみーいふあいむろんぐでよろしくです )ジェイソン・シャッケルだったのです。

というわけで移籍市場が閉まった時点で 狼の独走は決まってると狼のオーナーは確か吹きまくってた覚えがあったよ。

何を寝ぼけたことをヌカしてんだ狼は、どうせ監督ミックなのに・・・

と、思って、グレイの消息を確認しがてら、メンツ見てたら

すいませんごめんなさい私が悪うございました。

今のストークよか正直狼のほが強いと思いました。

チームの中に同じ強さのが2チーム出来てるの狼だけじゃん!! (いや、他は出来てるかもしれんが、狼のレベルは2部的にはとても高い)

てかDFの身長と充実度が異常ですね。

ニール・コリンズ(サンダランドにいた子)、 リッチー・ステアマン(レスターの2mの子)、ダレン・ウォード (ペッカムのベッカムはそこそこいいCBだよん)、 ジェイソン・シャッケル(ノリッジのワンダー系)、デイヴィッド・エドワーズ(ウェールズの子)、 マット・ヒル(PNEにいたけどあんま正直覚えてないや) マイケル・グレイ(略)、ジョディ・クラドック(略)

ね?どう見てもストークより充実してるっしょ。

んで、当然狼で一番の選手はマイケル・カイトリーなんで、カイトリー死守したって時点で ウィングがプレミアクラス確定。

ストライカーはEire代表の運動量の多い電柱なキーオにこれまたよく動く電柱の マット・マリーに、マーク・イウェルモ(これも電柱じゃなかったか)、 電柱がいっぱい建ってるところに、シルヴァン・エバンス・ブレイクってゆー 小回りが利くのがいるわけで。

なんかミョーに充実してるチームでしたなウルヴズ。

というわけで、余程のことがないとそのまんまミック・マッカーシーが来期プレミアで見られそうです。




最近物忘れが激しいのです。

特に人の名前やとにかく名前を覚えていられないのです。

ついさっきも「えーとアーセナル戦で世紀の大誤審しやがった奴で こいつが吹くとかなり高い確立でフィル・ダウドといい勝負でムカつく、 誤審にカワイゲのないクソ審判!!ライリーやレニーの誤審は まだネタになる分(レニーは試合を荒らすけど)ネタとして当事者でないときは 面白くないこともないけど、スタイルズはやればできる子な分 さらに腹立つんだけど、 でも、あいつとダウドは許せんクソー!あ、このクソは日本語だと 2種類名前に表記があるんだよ!!」

と。

ここまで話してて、どうして名前が出てこないんでしょうかほんとに。

今さっきようやくわかった。

マーク・ヘイルジー(マーク・ハルジー)でした。

てかFA Cupとかコミュニティシールドとかやるタマなんだぁ!?あれ、今?

名前思い出したらまたさらに腹が立ったよ。

Coca Cola Football League (Real League) | 07:19:22 | Trackback(0) | Comments(2)
備忘録:Lads V BORO
なんか、いろんなもんがシャレになりませんえん曼珠沙華と。

いや、意味はあんまないんですが。

相変わらず試合観れてないですがなんか、 最低勝負をしていた挙げ句になんぞツイたらしく 気づいたら勝ってた案の定なクソ試合らしいともっぱらのボロ相手。

使わないならアルカ帰せってば。

マッカートニーと兄弟にしか見えんぞね、たぶんMOTM

チンボンダ(英語読み) ナイロン アントン リンゴ

ストーク売却カウントダウン(c) タイニオ ディウフ キーラン

マルブランク シセ



で、この先発陣で出たおフランス連中一人もゴールしてないでチョプラ@ ハネムーン中に嫁に逃げられた男が81分と90分に2点てなんじゃそれ。

ま、ギャンブル中毒の治療がどこまでいったかは知らんが、 とりあえずチョプラが使える状態に戻ってくれた&ロイと 正面から向き合える状態になってくれたのはありがたい。

ところで、サウスゲイトのバカタレが、「今日のダービーは」とかヌカしてて、 まぁつまり対等と言いたいんだろーので、ちょっとふかしに腹立ったが、 とりあえず観客数を見てからモノを言えと。

38,388。

SOLでプレミアで4万切るって相手 それどこのブラックバーン状態なんだけど。

Sunderland Till I Die | 07:50:46 | Trackback(0) | Comments(2)
備忘録:ウィガンVS LADS
備忘録。

Wigan 1-1 Lads

マッカートニーをマッチョにしたら絶対この顔だ

チンボンダ(イギリス語読み) ノズワージー アントン・ファーディナント リンゴ・マッカートニー

ホワイトヘッド タイニオ リチャードソン マルブランク 

シセ ディウフ


ゴール:タイタス・ブランブル(15分 オウンざまぁ).

・ハーリプール・リザーブ戦で格の差を見せつけた アントン・ファーディナント、デビュー。(ユニ似合ってる) ついでに出来もよろしく、 このチームとしては異例の珍しく空中戦の読めるCBが来たと大評判(鬱)

antondebut.jpg

・出戻りのジョージ・マッカートニー・デビュー。

・てかこれっていきなりベスト布陣!?

・↑そしてセルフツッコミ。アンディ・リードじゃないですか、一番の中央は。

・というわけでベスト布陣ではない。

・というわけでタイタス・ブランブル・ショーはあったものの、うんこなJJB。

・あと、今更ですがベンチにリッキー・スプラジーアがいますね。 けっこう発言力のあるっぽい感じで。

・「リッキーのおさらい」えーとリザーブを優勝させてリザーブやたら強くした後に アレックス・ファーガソンに引っこ抜かれてManUのリザーブを任されたが 効果はどっちかっつーと?だよな、正直、で、 その後ボルトンへ。アラダイスがニューカッスルに引き抜かれた後、 ボルトン監督の話もあがるも 、その後ボルトンはメグちゃんだっけ? メグソンになってからサンダーランドに復帰、の、スコットランド人。

Sunderland Till I Die | 08:39:04 | Trackback(2) | Comments(2)
チーフ・エクゼクティブ、ピーター・ウォーカー、クラブを去る
チーフ・エクゼクティブ、ピーター・ウォーカー、クラブを去る

ピーター・ウォーカーは、ボブ・マリーがチーフ・エクゼクティブとして選んだ人でした。

10年以上クラブに携わっていたわけですね。

そんな経営陣の辞任に対して、会長ナイアル・クインの弁。

「彼が辞める前にシーズン・チケットを2枚セットで売りつけたから心配しないで!」




ジョージ・マッカートニー、 帰ってくるなり、またおきまりのハム炒め定食コースという話・・・

ケンウィン・ジョーンズはあと2週間で練習に戻ってきて 5週間くらいで試合に戻れるとか。

とりあえずインターナショナル・ウィークがとても有り難いという話。

Sunderland Till I Die | 07:54:13 | Trackback(1) | Comments(2)
62Mの増資
9月6日付けだったか9月7日付けだったかどっちかで(ヲイ)、 ナイアル・クインを筆頭とする、Sunderland AFCの共同持ち主グループ Drumaville Consortiumは62Mの増資をしたとか。

最近やたら金使いが荒いせいか、 増資の話が出ていて、その金のアテとして、 ナイアル・クインの競馬人脈でもある、 アイリッシュ闇黒競馬ジジイズ(マグナーともう一人名前ど忘れした。因業面だけは すぐ出てくるんだがー)が加わるっていう噂もあって、 やーなこったと思っていたら、 今の持ち主だけで等分で金を調達するとかどーにか。

えーとウロですまへん。

まぁ話としては今回はManureの悪霊に頼らずに済んだっつー話です。




ちょっと北のタイン川方面じゃキーガン関連で大騒ぎで、 なんかアラブの富豪がクラブだけでなくキーガンごと買い取るっつー話も出てきてて えらいこっちゃんですが、

まぁその関連で本日のNOTW。

まぁNOTW。

ってわけで割引率9割くらいの記事ですが、それでも 冷静になって話を聞いてみたらわからんこともないっていう主張なんですが、

いきなりかましてくれました。



David Beckham, Ronaldinho, Thierry Henry, Frank Lampard, Jonathan Woodgate and Anton Ferdinand were all on his £200million Newcastle United wish-list.

なんか、 このメンツの中だとアントンだけ浮いていませんか(大汗)

・・・・・・・・・・すいません

ツッコミどころはアントンが連中と同格かとかそこじゃないんだ。ごめん。

すいません真面目なツッコミどころはですね、「キーガンに近い筋」から出てきた発言で

"To be fair, he also mentioned Anton Ferdinand and we tried hard to get him but he just wouldn’t come."

"Apparently, Anton’s brother Rio is not a big fan of Keegan as a coach after his stint with England, and that’s what scuppered us.”



え”っ。

要約すると、

ニューカッスル側はアントンをどーしても欲しかったが アントン自身が絶対イヤだと譲らなかった。ってーのは 兄貴のリオが代表の時のキーガンのグダグダに 嫌気がさしてたから

ってことですね。

つまり、よーするに、

兄貴のリオがアントンにキーガンの所はやめとけといった

っつーことになるわけで。

まぁNOTWなので、上の話がどこまで本当だか知りませんけど、 でも、いい意味でも悪い意味でもリオに影響されるアントンですから、 たぶん、リオ自身もサンダーランド行きには賛成してるっていうことだけは、 ほんとなんだろうなぁ、と、思ってます。

Sunderland Till I Die | 08:48:52 | Trackback(0) | Comments(4)
お前にだけは言われたくない
元ニューカッスル監督、サム・アラダイス、ニューカッスルの現状を語る

これが、いろんな意味で、ひどい、ひどい、ひどい。

「ニューカッスルは、いまだにトップクラブかって? ファン数や歴史や伝統なんかを感が選れば、そうだろう。

しかし、金の使い方や使い道においては、違うだろ。

てかむしろ、下から数えたほうが早いくらい酷い。

現在のフットボール界じゃ、 トップクラブになるためには、100M以上が必要だろう。それに ManCityの新オーナーなんて来た今じゃ、もっと状況は難しくなってる・

サンダーランドを見ろよ。連中は昨期だけで85Mを使った。 ナイアル・クインをはじめとしたオーナー連中はロイ・キーンに対して 素晴らしいサポートをしている。サンダランドの連中が望むことは進歩だからな。

だがニューカッスルじゃ十分じゃあないな。 ニューカッスルには熱狂的なファンがいるが、 ファンは十分すぎるくらい支え続けたはずだ。 それにクラブが常にトップ5に入る金遣いをしてきたこともファンは見ていて、 金に見合わない成績を見てきたし、いまだにそうじゃないか?」



「俺にもっと金を使わせたらこんなことには」という恨み節満載のビッグサムのインタビューはツッコミ所がありすぎて、どこから突っ込めばいいのか全くわかりませんが。

てかそもそも 「アラダイスのクソ采配に金を出す奴がどこの世界に居るんか」から始まって

なんでサンダーランドが引き合いに出されるねん!!!

ええ?85Mも使って降格争いが関の山でダセーって 言いたいんかよおいこら!?

てか、こんなヨーヨーチームを引き合いに出されるほど落ちてんのか ニューカッスルとか、

てか 要するに成金万歳!!ってことですねそうですかそうですかお前は縁がなさそうだけどなとか

つまり、サンダーランドを引き合いにしてニューカッスルを批判することで、、 どっちもげりみそと言いたいわけか?

あぁこの記事をみた時はツッコミ100本ノックをいこうと思ったのに!! このあたりでツッコミのネタが切れてしまった自分が憎いが、

簡潔に言うと、

アラダイス、お前に言われたくねぇ。




ナイアル・クインは更に資本増強を行おうとしている動きがあるようで、 増資のアテとして、漆黒の闇黒アイリッシュのジョン・マグナーとかイヤな名前が出て来てる。 あいつらは曰く付きというか、祟られてるから、そっち方面に行くのは、やめて欲しい・・・

Sunderland Till I Die | 09:47:55 | Trackback(0) | Comments(7)
ストークが熱い、たぶん
元主将、ダニー・ヒギンボトム帰って大喜び、 アンソニー・ストークスも合わせて同じ赤白柄の北東チームから 補強して(補強っていうのかーあれを:自爆)

さらに、某北東の赤白からフロップを獲ろうというブラフを見せて 実は本命の某もと北東の赤白のトミー・ソーレンセンを獲ったり、 某もと北東の赤白の淫行王子リアム・ローレンスが 中心プレイヤーだったり、

まぁよーするに北東の赤白づきすぎであるのだ、ストーク。

北東の赤白づいてる=降格フラグ立ちまくり と同義であると思うんだがぶっちゃけ。

ところでソーレンセンのサブは誰かと思ったら スティーヴ・シモンセンかい。

どこまで北東の赤白づいた降格フラグ立ちまくりら気が済むんだストーク。
    注)スティーヴ・シモンセン:サンダーランド・サポーターです。
    彼の夢はSOLの正GKでしたが憧れのクラブからはスルーされ続けた 気の毒な人。下に落っこちたりGKが怪我で脱落しまくると 必ずサポの誰かに「シモンセン連れてきてやってくれ」と言われる程度には気にかけてもらってる。 でも、正直な所スルーして正解。
で。

北東じゃなく、場所は違えどまた元赤白から選手獲得。

ブレイズのマイケル・トングってもう25かぁー。

どこまでも自分のユニの柄と似た柄が好きなチームだ。

後はブレントフォードからも誰か獲ったってくだはい、トニー・ピューリスってば。




しかしストークの抱える本質的な問題は、 元赤白の多いことよりも、 アンディ・グリフィンがバリバリでスタメンなこと だと思っておりま。

Footy (English General) | 20:44:21 | Trackback(0) | Comments(2)
ウェルカムバック・ジョージ・リンゴ・マッカートニー!!!
ジョージ・リンゴ・マッカートニー、サンダーランドに帰還

georgemccartney.jpg

さっき知った。

ジョージ・リンゴちゃんは、15でベルファストから 出てくるとサンダランド・ユースでキャリアを始め、 そのまんま10年を過ごし、LB、CBとして大活躍した選手だ。

ルックスは気弱だけど、やっぱり実際ちょっと気弱でシャイで 飛行機が大嫌いで「A-Team」(特攻野郎Aチームの飛行機だけは勘弁なより) というあだ名も持つ。でもピッチの上ではとても頑張る。

一度ロイは今季前、リンゴにオファーを出した所、蹴られたまでは知っていた。

そしたら今度は来ちゃったってどういうこと!?

裏とりの旅に、ちと、行ってきます。

ついでにリンゴちゃんといえば、 プレミアから落っこちた年、 「もうアルカもいないし今季のユニはリンゴにしよう」 と思って「3 McCartney」を作り、

その3 McCartneyのユニを初めて着ていったリコー・アリーナで 「ウェストハム行くの確定だってよ」と告げられたという苦い思い出がある。

もちろん、それから、2度と着ていない。(訂正:2度目着た着た着た!関係ないところで!!)

とりあえずタンスから出して、ウェルカムバック祝いである。うははははー。

あとは、アルカだな。来期でボロとの契約切れるよな、アルカ(にやり)




リンゴちゃん(サンダランドでのマッカートニーの愛称はリンゴ)、 移籍金2.5M。

ストークスとヒギーをまとめてストークに売った代金が2.5M。

「ストークスとヒギーの代金でマッカートニーを買い戻した賢いビジネス」 と絶賛である。

話は推測の段階なんだけど、どうやらまとめると、

ロイは「アントンとマッカートニーをセット」で欲しがっていた模様で、 アントンにあの高値をつけたもんだから& 確かユース時代からの彼女とそのまんま結婚したんだと思ってたけど (間違ってたらゴメン) まぁその、 リンゴちゃんの嫁、エレーンが「ロンドンはもうイヤ、北東に帰りたい!」と 強く希望したため



マッカートニー自身も、15でベルファストを出て、10年過ごした北東の地に 帰ることはやぶさかではなかったようで、



一度ロイ・キーンのオファーを拒否したウェストハムのクラブ側に リンゴ自身がトランスファー・リクエストを提出



カービシュリーがマッカートニー売却に反対するだろうから ウェストハムの会長側がカービシュリーの頭ごしに 先手を打って先に2.5Mでマッカートニー売っちゃった

という所が、舞台裏のようである。

てか。

何人になっても、相変わらず会長で苦労するなぁ、ウェストハム。

*ちなみに移籍金は5.5Mっつーのが最初の話なんだが、 アントンとあわせて10M程度っていう、今回サンが伝えてる 2.5Mのがやっぱ妥当じゃないかねぇと思う。

当然、当方はマッカートニーの帰還にみんな大喜びで嫁ぐっじょぶの嵐であります。




というわけでストークスとヒギンボトムがまとめてストークへ2.5Mで移籍しました。

ヒギーはストークじゃキャプテンだったし、 良いじゃないかーと思っていたら、 ストーク側も、 「ヒギーに帰ってきて嬉しい」ということ。

ヒギーをストークに返してマッカートニーを取り返す。

喜ばれる最高のビジネスというものはこういうことを言うだろう。

(え、ウェストハムどうするんだって?ウェストハムの皆様は、会長恨んでくださいー)




リンゴ移籍の続報。

もっとひどい話が出てきた。

なんと、マッカートニーは実は トランスファー・リクエストを出していなかった!!

という話(ひぇー)

つまり、マッカートニーがトランスファー・リクエストを出す前に、 ウェストハムの会長が売ってしまったっていう話らしんですよ。

どこまでこの話が本当なのかは、実は謎なのですが、 一つだけはっきりしていることは、 カービシュリーの全く知らないうちに マッカートニーがウェストハムのボード主導で売られたっていう事実。

しかも理由が「40人のファーストチームは多すぎる」っていう理由で、 てか、それ、どこの財政危機のチームなんすか?っていうウェストハムのボードの判断・・・ありか・・・

うぎゃー。

そら、カービシュリーが辞任したくなっても、 無理からぬ話で、あろう・・・・

Sunderland Till I Die | 18:53:22 | Trackback(11) | Comments(9)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
08月 « 2008/09 » 10月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。