スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ロイ・キーン、来期の補強に向けて明言
ロイが来期の補強に向けて基準を明言したそうです。

そりは、

「俺は 名前で選手を獲ったり、長い髪の選手を獲ったりなんてしねえ」

だそうです。

スポンサーサイト
Sunderland Till I Die | 23:40:37 | Trackback(1) | Comments(0)
ヴィラ、ソーレンセンとベルガーをリリース
ヴィラ、トミー・ソーレンセンとパトリック・ベルガーをリリース。

トミーが今季一度も出てないことは知ってたんですが、 わかっちゃいたんですが、

馬鹿ですよトミーは。

ワールドカップ2002でリオに「やっちまって」から、 もう昔のトミーじゃないですよ。あほっこGKですよ。 それ以来色々癖になって何故かバーミンガムとのダービーだと 「やってしまう」子になってしまって、 「任せてられない」ってのは、わかります。

んでも1試合も与えられずにそのまんま首になるよーなタマとは思えませんだ。

つーか。

自由契約ってことは、

タダなんだよね?トミー・ソーレンセン。

タダなんだから、今回ばかりは、トミーは呼び戻してもいいんじゃないかと思う(ぼそ)

ってのは、まぁ噂レベルなんですけどね、

クレイグ・ゴードンがManUに行くっていう噂が絶えませんで。 個人的にはいろんな所でガセガセが飛んだ「サンダーランド、スコールズを獲得」 という話よか(またこの話飛んでますお疲れ様です)「サンダーランド、 ゴードンをManUに売却」のほうがアリアリな感じ・・・しませんか・・・

ManUトンネルもあるし・・・

フロップだっておっけーレベルですがね、でも、フロップなら、 もう一度、「アラン・シアラーのPKを止めた」 トミー・ソーレンセンの復活を夢みてしまいたい、っていうのは、あかんたれですか。

オーウェンのPKに対するゴードンの反応観て、 「あのトミー・ソーレンセンのシアラーへのPKセーブ」を思い出して、 ちと泣けてきてしもた。



というわけであの「シアラーのPKを止めたトミー・ソーレンセン」。 Oh Tommy Tommy! Tommy Tommy Tommy Tommy Sorensen!

*やっぱゴードンは止めてたべきだよな。オーウェンのアレ。

Sunderland Till I Die | 08:38:55 | Trackback(0) | Comments(0)
前のエントリでダービー時代のフィル・ブラウンの悪口を書きました。
前のエントリ、 ディーン・ウィンダスと一緒にプレミアに行こうで さんざ、ダービー時代のフィル・ブラウンの悪口を書きましたが。

なんで塩素と酸性混ぜるな危険になったのかとゆーと、 スーパー・エンタテイナー・モードが入った時のジョージ・バーリーが 残していったテクニカルなヤケクソアタッキングエンターテイナーになってた ダービーとゆーチームに、 「ボルトンのビッグ・サムの片腕でしたどうよどうよ」っていう、 フィル・ブラウンてのが鳴り物入りで入ってきて、 何をやらかすもんかと思ってたら、 いきなり1に根性2に根性3に筋肉ポリシー(推測)を持ち込んでしまい、 ただひたすら悲惨だった覚えがありますですね当時のダービー。

このチームどうなるんだダービーはどこへ行くんだおいフィルブラウンと一番聞きたくなった起用の 象徴みたいなもんが、ポール・サールウェルの重用と先発でした。

ポール・サールウェル。

ニューカッスル出身のサンダーランド・サポーターで、サンダーランドでキャリアを始めました。

彼は、きれいな顔と真面目な性格といつも一生懸命な根性が特徴で、ポジションは、

限りなく透明に近いミッドフィルダー。

(涙)

けっこー出てたはずなんだけど、ほんとに試合での記憶がありまへん(涙)

サールウェルの故障中にスタンドですれ違って「うゎあ今の顔ちっさい美形はモデルかぁー!?」 、1秒後、「あれサールウェルやん!!!」ってサインペン持って追っかけた記憶しかありまへん(おい)

まぁ。

んでその後ブレイズ行きましたが、芸風は相変わらずですた。 とりあえず当時ブレイズ監督ウォーノックにはとっとと見切りをつけられてたよーでした。

そしてその後ダービー行きましたが、芸風は相変わらずですただだだ。

しかしっ。

ダービーではスタメン上で比類なき存在感を見せたのでしたサールウェル。特にフィル・ブラウン時代。

「なんで他にいろいろ選手おるのに今日もサールウェル先発やねん!」

って悪目立ち文脈で(鬱)

サールウェルには罪はない、あんなんを先発させるフィル・ブラウンが悪いのだ。 ってことで勘弁していただきとうございましたですよな、あの時代のダービー・カウンティは。(涙) てかボルトンの有能アシスタントってどんだけぇー。てか「有能な戦術家」サム・アラーダイスって どんだけぇーという隠れたツッコミがフツフツと萌芽の兆しを見せていたのも フィル・ブラウンのダービー時代でした。

-----------------ここまでが前振り--------------------------

というわけで本題は案の定カーライルがリーズに完敗しましたよってことですわー(涙)

Carlisle United 1-4 Leeds United (agg)

ホームで2-0じゃもう完敗ですね。あぁ前日にCome on Carlisleなんて書いた管理がアホなんです。

そしてここまでの前振りがどーつながっていくかというと、

懐かしのポール・サールウェルは、今、元気にカーライルでサブやってます。

(↑ここがオチ)

ちなみにカーライルじゃまだサイモン・ラムズドン(もとサンダーランド)が元気です。 んでカーライルといえばカーライルでブイブイブイブイだったミッキー・ブリッジスを思い起こしますが (元リーズとかー元サンダーランドの天才少年とかいろいろあるでしょうが とりあえず直近の黄金時代は「カーライルのミッキー・ブリッジス」だった・・・)

ミッキー・ブリッジスは、05-06シーズンに、カーライルの昇格に大貢献し、「すわ天才復活か」 ってゆー話になり、ブリッジス自身も「サンダーランド帰りたい」とアピールするも、 ミック・マッカーシーに振られ、ナイアル・クイン自身にすら 「帰ってこんでええから」と振られてしまうとゆートホホな話がありました。

もちろんカーライルでブリッジスがブイブイゆってたあの頃、 「ブリッジス戻ってきてもらおうぜ」みたいな話はけっこーあって、 んでもって、その頃見にいった人がいたわけさぁ。

で、その人の意見は、

「ブリッジスは3部から上じゃ通用しない」

という身も蓋もないカワイソーなもんでした・・・

なんとなく腑に落ちなくて確かめに行きたくて、 自分でメモリアル・スタジアムまで (ブリストル・ローヴァーズ戦)ブリッジス見にいきましたが、 まったく同じ感想だったな・・・

でも、とりあえず2部のハル・シティが06-07シーズンに買い上げてくれたんです。

んで。

以下略(案の定)

やっぱ2部以上じゃ、もう無理かもね、ミッキー・ブリッジス・・・

とゆーのをよーやくブリッジス本人も悟ったらしく、 次は「カーライルに帰りたい」コールを始めたものの、 なんかカーライルの会長自身に「帰ってこんでいい」とケチョケチョにされたそうで、 結局ブリッジスはシドニーFCへ。

というわけで、かつての天才少年、 かつてのカーライルのエース・ストライカー、ミッキー・ブリッジスはまだ、シドニーの空の下にいます。

えーと、オチですか。

だからですね、カーライルやハートリプールのメンツをよくざるに入れて攫ってみますと、 「かつてのサンダーランドの天才」とか、「かつてのサンダーランド選手」とか、 ほんとに、いっぱい、います(涙

というわけで、あと3年もすりゃ、 グラント・リードビターもカーライルかハートリプールでブイブイしてるだろうという意見に、 反論する気力がありません。

Coca Cola Football League (Real League) | 05:30:03 | Trackback(9) | Comments(0)
ミョーちきりんな噂に釣られるのが醍醐味
というわけで西中島の羊さんも半分冗談だと思ってたと察するんですが、 よりによってよりによって

脳味噌の中まで筋肉美の全裸監督と地獄ジジイの花園ハル・シティ、一言でいえば魔窟 (どう考えてもおやじの花園にあらず)

がよーりによってヘンダーソンとかアリントンとか知った名前のいるワトフォードに2勝して 決勝来てしもたわけですうわわわわ。

Hull City 4-1 Watford(agg)

まぁ懐かしのニック・バーンビーのゴールでご祝儀をあげたいという人情はありますが。

脳味噌まで筋肉美の全裸監督といえば、9割方「まっけむ」認定されているハル監督 フィル・ブラウン。 なんで全裸になったかのくだりについてはこっちのエントリ参照でよろしくですが。

フィル・ブラウンの描くチームは根性と筋肉。 技術も何も追いつかなくても根性と筋肉だけありゃ結果はついてくるとでも言いたげな チームを某ダービーでやろうとして当時そこそこテクニシャンの揃っていた ダービーにそいつを持ち込んで「まぜるな危険」の惨状を呈したのは記憶に新しく。 惨状的には今はやりのピーよりは酸性洗剤と塩素系混ぜた感じだったよーな。

そんでその後いろいろあって、やっぱりピーター・テイラーに捨てられ降格ゾーンでよろよろしてたハル・シティ (テイラーはいくつチームを捨てたら気が済むんだあの猿顔が)の後任におさまるや、 ディーン・ウィンダスや レイ・パーラーやらの地獄のクソジジイ連中 を揃えての根性地獄ジジイパワーで危機を回避した脳味噌までも筋肉美の手腕は見事でした。 (ちなみにニック・バーンビーはテイラー時代、しかも3部時代に「なぜ?」と言われながら 来たっけなぁしみじみ)

ディーン・ウィンダス39歳があんだけ活躍してると、 今季前にレイ・パーラーが引退しちまったのが悔しいですが、

管理人無知だったもんで、ウィンダスって 「いつもおっさんくさい根性だけのサッカーをボロや 昇格争いもしくは降格争いしてる所で やってる」くらいのイメージしかなかったんですが、

実はウィンダス、なんとハル出身で、 しかも1991年、ハルでプロ・キャリアを始めてたんですね。

でもファーストチームに入れずに フリーでアバディーンへ。

アバディーン→オックスフォード→ブラッドフォード→ぼろ →シェフィールド水曜日→シェフィールドゆないてっど →ブラッドフォード→2007年1月、ハルへ移籍。

昇格降格ドサ周りの先が生まれた川だったという なかなか数奇な根性ウォリアーだったのですね・・・

あーなんかこれだけでもうハルでいいやって気になってきました。 あれだけバトってた人なので、一度日の目は見せてやりたい、と、 思っちゃったりもしますが

・・・・・・・・管理人が応援したいモードに入ってしまったので、 きっと、ハルもダメでしょう(ちーん)

なんで管理人が応援するチームはみんなコケるんですかね・・・(涙)

(ちっちゃい声で)Come on Carlisle United!




あれサンダーランドのエントリのつもりで最初ツカミで ハル・タイガースだったはずなのにあれれれれ。

いや本日の初夏のミラーの釣り餌は

マイケル・チョプラ、2.5Mで カーディフにお帰り

つーんでした。

まぁ、ロイ・キーンは今季ほうぼうで 40Mも無駄金使った ロイのサンダーランドって馬鹿じゃね? と身内外問わずにかなり言われまくってるのですが、

なら80M使ってヨーロッパ狙ってやる

とそこでロイ・キーンは開き直ってしまいまして、 手始めにスティーヴン・ライト、スタン・ヴァーガ、 ドゥワイト・ヨーク、 イアン・ハートの4人を自由契約に。

ついでにロス・ウォレスも放出要員らしいのー

「そして来期は経験あるトップ・プレイヤーを獲得する!」byロイ

までは公式に聞こえてた、きのうまで。

そして、その昨日の今日で、チョプラをカーディフに放流との話。

有り得ない話でもないしわからないでもないが 心情的にはあそこまで「Showed his colour」(うわべだけでも)だった マイケル・チョプラを手放すっていうのはイヤだなーと思うし、

チョプラの前にプリカの始末をつけろコラ

という思いでいっぱいだぁ。

Sunderland Till I Die | 09:15:54 | Trackback(0) | Comments(2)
Come on Bristol City!!!!
Bristol City 2-1 Crystal PalARSE

ブリストル・シティ、Crystal PalARSEに完全勝利でプレーオフ勝ち抜け決定!!

遅れてきたファンタジスタ、リー・トランドルのトランドル・ファンタジスタ・ショーを 見せつけて文句なしの勝ち抜けです。

もちろん管理人周囲は3年前のプレーオフでしどい目に遭ったせい+ もともとあのチームは好きじゃないってのが大半なんですが、

とりあえずニール・ウォーノックの言い訳がうぜえから上がってくんな

という人も少なくなくて大笑い。

後はハルかなーワトフォードかなー。怖いもの見たさなら監督が脱いだ方が面白いんですけどね。




ところでお気づきかもしれませんが少々デザインが変わりました。 というのは、レイアウトが崩れていることに少々気づき、 いろいろhtmlとにらめっこした挙げ句、元々FC2Blogのフォーマットが 崩れてどーしょもないことを発見したんで、 別のテンプレ使うことにしました。

ついでにリンク等すげー久々に直しておきました(のりぞーさんすいません)




さいごに これは珍しいケヴィン・キーガンのサンダーランド・ユニフォーム姿(コラではない)

Coca Cola Football League (Real League) | 23:08:13 | Trackback(0) | Comments(7)
もの凄い噂
最終戦、よりによって あのトミー・ソーレンセンとSKPとお別れした 「涙の降格」シーズン、目の前でリュンベリのハットトリックを SOLで見せつけられた ガナと再びホームで対戦なんで4-0、5-0当たり前と思っていましたら1-0で落ち着きまして なんつか惜敗ってことになり、いささか拍子抜けのシーズンでしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

残留決まった時点で2連敗はわかりきってたんでよいんですが、

ロイ・キーン自身も「この夏は面白いことになるぜ」ゆーてますんで、 まぁもう次シーズンの補強にしか目がいってないんでしょう、 内外、とも。

(それにしてもフラムのポンピー下しての残留劇と うなぎだと思ってたブラムの降格はソーゼツだったなぁー)

というわけで。

鬼の笑う噂がグラスゴウ方面からフンプンと漂って参りまして とてつもなく頭が痛い。

今飛んでるもっともホットな噂(誰が流したのか定かでない)

①グラスゴウ方面で鬼が大笑いの噂 いち

グラントたんが7Mでジャーズに移籍

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(ふごっ)

一番のツッコミ所は「7M」でしょうか(ふごっ)

ボロ戦のグラントたん観てよーし全速力で擁護しちゃうぞーと思ってたら ボルトン戦で「スカしてんじゃねぇこの空気がー」(byデトロイト・メタル・シティ) やらかされてしもたので、グラントたん贔屓な肩身をとても狭くしている昨今、 ついに出てきた「放出」噂、よりも・・・やっぱ なんであんな空気に7Mやねんつーのが最大のツッコミどころなのがとても頭が痛い。

②グラスゴウ方面で鬼が大笑いの噂に

某ストークのリアム・ローレンスが5Mでセルティックに移籍

・・・・・・・・・・・世も末だ・・・・・・・・・・・

しかし、

ストラカンならやりかねん

と思える噂なのがまた救えない噂でもあり。



まぁただしグラスゴウ鬼笑い①グラントたん噂は 出所不明、SOLの酔客由来の噂、

グラスゴウ鬼笑い②の淫行組の噂はFootball-rumours.netの噂なので、 気にしなくていいっつーちゃ気にしなくて良いんですが。

というか、あれ、もしかして管理人、釣りの季節に釣られてる?

Sunderland Till I Die | 05:47:38 | Trackback(7) | Comments(0)
とりあえずPalARSEは死んどけ
CCC Playoff First leg: Crystal PalARSE 1-2 Bristol City

ざまーみさらせCrystal PalARSE!

しかもHellhurstで負けやがってざまーざまーざまーざまーざまー(けけけ)

ミルウォール時代好きだったマット・ローレンスとかPalARSEにいるがそんなの関係ねえ (デンにプレシーズンで帰ってきた時にさすがにブーされてなかったよなぁ)、 よーやく三十路のアンディ・リード体型の ファンタジスタ、リー・トランドルがプレミアで観られるとかそういうことより、

Crystal PalARSE、ホームで負けてぶざまぁ。ざまぁ。

とりあえずいい夢が見られそうだうけけけけっ。

ロンドンで一番キライなのさけけけっ。(あれもしかして素で一番キライかも?)

相変わらずテンパっておりまして更新滞っておりましてすいません。

えーとのりぞーさんリンク後で修正します・・・(まだやってないのかよ)

Non-genre | 08:24:48 | Trackback(1) | Comments(0)
ストーク来てしもた
WBAは某とても痛い人の大活躍でぶっちぎったんですが (ワトフォードが来ると思ったのになぁ)、 いやあ、ストークが昇格してしもてびっくりした。

ストーク、プレミア初めてだよね!?

ほいでもってストークといえばサンダーランド産業廃棄物の吹きだまりと化していて、 最近は「リードビターはストークに流せ」と言われるくらい廃棄場なのですが(鬱)

_44610216_liamlawrence_getty203.jpg


チーム内淫行条例に引っかかったこの方もいらっしゃいます(激鬱)

なんでエイディ(それにしてもエイディは愛されている) のワトフォードが2位で上がってこないのー!?と 多分イングリッシュの10人に13人くらいキレたと思いますけどね、 まぁストーク頑張ったつーちゃ頑張ったんですが、 WBAとストークかよ・・・

ぼーりん。

(ファンのひとごめん)

ちなみに一部で金の亡者呼ばわりされてる WBAのゴールデンブーツ氏は相変わらず WBAで既に給料闘争を始めた模様で 契約更新を盾に相変わらずでらっしゃいます。

んでワトフォードがなんで愛されるかといえば それはエイディ・ブースロイドのフットボールが愛しいから。

それはぽっかーんぼっかーん、いぇーい。

超シンプルなほりこみフットボール。やっぱイングリッシュはあれに 帰ってくるとほっとするのだろう。

というわけで、もいっちょ名物のほりこみフットボールが、

3部に降格してた。レスター。確かチーム史上初の大事件。

わわわわわわわわわわ

言うまでもないキチガイ・ホロウェイのほりこみチームじゃない、 それどころか名門チーム、レスターが、 おっこちてた。

しかもこれまたドのつく名門サウサンプトンと降格争いしてて サウサンプトンが首の皮で免れたっつーんだから更にもうなんなんだ今季。

まぁ、とりあえず、 レスターは、デイヴ・バセットに土下座して帰ってきてもらえ。それしかないと思う。

フォレストの根性なしがよーやく2部に帰ってきたのが後はめでたいか。

いろいろツッコミを入れたい所でしたが体調不良のためかなり無理。

ついでに土曜日のボルトン戦がとんでもなくゴミだった。 「ボルトンが意地を見せた」んじゃなく、 「降格しないと完全に気の緩みきったゴミチーム」に 自動的に ボルトンが勝っただけだった。 しどかった。しどかった。

で、ボルトン残ったの?

・・・・・・・・・・・いらないのに(ぼそ)

Coca Cola Football League (Real League) | 04:41:43 | Trackback(1) | Comments(6)
写真ネタ
気分が良いので、ボロ戦の写真を探す旅に出ました。

ついでに見付けた写真とか。

無線LANがぶっ壊れたのでアップが遅くなりましたが

というわけでボロ写真の旅で見付けた、「アップトン・パークに帰ってきた」パオロ・ディ・カニオ様! 相変わらずディカニオ様はおしゃれですねー。 ウェストハムVSニューカッスル戦を観戦しに来たそうですよ。

dicaniowham.jpg


んで、相変わらず・・・

え・・・・・・・・・?

あれてっきり管理人はアレックス・レーあたりかと・・・・・・・・・

え”””””え””””え””””え””””え””””

gavinmccan.jpg


こっぱげどころか「ほぼツルッパゲ」なのは、もしや、 「ボルトンの」ギャヴィン・マッキャン ではありませんか!!!!!!

うはー。

うはー。

いろんな意味で残酷な写真、としか、言いようが・・・。

roysmileboro.jpg


そしてこれもめずらしいロイ・キーンのアイドル笑い。

Footy (English General) | 03:19:44 | Trackback(1) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
04月 « 2008/05 » 06月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。