スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
2てんめー
うひゃひゃひゃひゃー。

78分で2-0ならたぶんだいじょびだろ。 アンフィールドではぼろくそだったけど、レベルがあえばマーフィーつかえるってことだー。

*ちなみにマーフィーは「1月にレンジャーズからしつこく話があったけど、僕は断ったんだ。僕はサンダーランドで結果をのこしたいから」とゆって残ったことが明らかになりました。うはー。

スポンサーサイト
Non-genre | 08:38:18 | Trackback(0) | Comments(0)
プレミア39試合目海外問題
まぁ一般ニュースでも大きく報じられたとおり、

2011年以降プレミアの39試合目として海外で試合を行うのはどないだ

という話が出てきたわけです。

「世界中にファンもいるわけだし世界でやりゃーええじゃないか」っていう話、で、これ、済まない。

なんかロイ・キーンは乗り気みたいですがナイアル・クインは「いきなりそんな話されても困る」というスタンスでして、まぁつまるところ「海外行ってガチ試合やろうなんて負担かけたらクラブもファンもついていけないわー」というのが小さめクラブの本音であり、ぶっちゃけ現地サポーター達の本音でありましょう。

「ひろくサポーターの意見を募りたい」っていうお題目で送られてきたこのリンク、どうよ

NO TO GAME £39



今回の「コレ」は、ローカルがなくても自律的に成り立つビジネス、としての、モデルへ色気を見せたものでありましょう。

しかしローカル性が保たれているからこそイングランドのフットボール・クラブは魅力があるのだし、そのようなローカル性を保ってきたのは現地のサポーターあってこそです。

しかしフットボールという強大な表象そのものはグローバルに、ときにはうすっぺらいわかりやすい意味で、グローバルの人々を惹きつけてやまないのです。

最近千葉の近辺でグローバルとローカルの融合概念である「グローカル」とかいうヌルい言葉を聞きますが、そんな言葉遊びではオチねぇよなぁ、と、NO TO GAME 39を見て頭を抱えました。

ローカリティを愛するアウトサイダーの傍観者、それが、まぁぶっちゃけ管理人の状態なわけです。わかりやすく言うと安全な所に立って「えーその昔っぽいのチョーうけるぅーチョーいいカンジー」とかゆってるわけですよこの自分は。

なんかあたまのよさそな人たちのおはなしのなか、所謂アカデミックとよばれる分野では常に文化相対主義と普遍主義との相克が論じられてきましたですが、「普遍性からその意義を論ずるのは傲慢もはなはだしい」「傍観者が低開発であっても今のローカルを保ちたいってほざくのはエゴじゃん」とハナクソほじりながらふーんふーんふーんと流してたわけですが、なんか一気に卑近なあたまわるい人でもわかるよなレベルに問題が直面すると頭むしっちゃいますね。

ぶぉーりぶぉーり

頭かきすぎて、ちょっと血が出そうです。(ローカルの彼らに対し、「日本人の傍観者のわたし」から、なんらかの落としどころを見せねばなりませんしねぇ)

Sunderland Till I Die | 08:41:01 | Trackback(2) | Comments(0)
りばぽー VS らっず
Liverpool 3-0 Lads

前半しか見てないんだけど。

・マーフィーなんとかしろ。ウォレスの怪我が痛すぎます痛すぎます。ウォレスは試合のたびに成長してるのが目に見えてよかったがマーフィーってもしかしてサンダーランド由緒正しき伝統のビギナーズラック物件なんじゃねえかと思い出してきたのは私ひとりでしょうかどうでしょうか。
・やっぱまんゆ組は足下のテクニックがきっちりしてるのがアリアリしてる。非まんゆ組見ると、誰一人としてあのガキどものクオリティ持ってる人いませんあ”ぁー涙
・というわけでバーズリーのタイトさ。いろんな意味で。バーズリーはいい補強でしたありがとうまんゆーす。この5年間であんなにライトバックに安心を預けられた経験は初めてだ
スイスのあいつとかよーハズレの時のスティーヴン・ライトとかよーハズレのときのナイロンノズワージーとかよーもうRB@メイキンの呪いまたの名をケヴィンフィリップスの呪い(事情略)
・プリカのオフザボールの動きはここ数年でサンダーランドで初めてお見かけするようなストライカーらしい動き。ただしオフザボール時限定。 オンザボールの時・・・みなまで管理人に言わせる気ですか・・・だから、だから、だから、とりあえず3点獲ったら話を聞こう。
・ホワイトヘッドはいつまで空気で居る気だろう



まぁとりあえずバーズリー。 とりあえずバーズリー。

ありがとうバーズリー。あの足下の正確さとカバリングの速さは多分さすがまんゆーすの基礎できてるだけある。
(エバンスもやっぱそのケがあると思う)

ライトバックが安心して見られるなんて経験久々だから疲れちゃったよ!

あの布陣だととりあえずマーフィーの所をアンディ・リードに替えて・・・・・

チョプラの所を         えー?

プリカの所を          えー?

ついでにダニー・コリンズ(やっぱ信頼おけねえ)の所を    えー?

なんか絶望的に人がいませんが!1月末に 何やってたんですかロイ・キーン!?

あと前半のマスチェラーノがケンウィン・ジョーンズ殴り倒したのは あれ完全にPA内で殴ってるからPKじゃなかんべかーと思ったが、 まぁここで怒っても大勢に影響はなかったろう。

しかしロイ・キーンは正直だ。

「リヴァプールにとっちゃオイシイいただきもんの試合だと思っただろうな。 こんな連中相手になんねーってよ」

・・・言うなじぶんで・・・

でもなんでかロイが言うとツッコむ気さえ失せますな。

で。

キーラン・リチャードソンがまた6週間アウトかもだってですよ!?

マンチェスター・ユナイテッドにそんなひ弱な子はいなーい!!!!おまえホントにまんゆーす出身かー!?

・・・・・・・・・・だからまんゆから放り出されたんですね・・・・・・・・・・・・・・

バーズリーは丈夫に見えそうなんだが・・・どうなんだろう・・・・

PS 爪先骨折中のグラントたんがあと1週間でフィジオ・ルームから出てきます。左リードで中央グラントたんにしてみたら結構面白いかもしれない。ちょっと気が晴れました。

Non-genre | 05:51:40 | Trackback(0) | Comments(0)
さきほど
ししょーと久々にサッカーバカ談義をしてまいりました。

そいで、

「ハートリプールとサンダーランドの間にあるあの小さな町どこだっけ!? あのハートリプールをちょっとダメにした感じの町さぁ」と 真剣に30分も携帯で検索しながら悩み狂う人たちってどぅよ

とかなりひととして不味いと思いました。

(こたえはPeterleeです・・・)

んでししょーが、移籍のまとめをくださったんですが、

まぁ間接的にごみくそスパーズの青田ペンペン草狩りのお古をいただくことになった サンダーランド側の人間がいうのもあれですが、

スパーズの人買い、マジで死ね死ね死ね死ね

カラム・ダヴェンポートくん残酷物語もそうですが、 ポール・アイフィルとか、青田買って腐らせた若手どんだけぇー!?

ジミーに淫行組のベン・アニックをキチガイ・ホロウェイが借りてったのにはわらいましたが。 ついでにダービーからオークリーとハワードも獲ったんですがあのキチガイ。

モモ・シソッコをあの値段(6.2M。あれナニゲにチョプラより安くて爆) で買うラニエリの頭のお花畑とか、出す方にかなりのツッコミの嵐で、 入ってくるほうは「あがー」と頭抱えるよなミョーなもんしかなかったんですが、 その中で・・・・・・・

いやだフラムにヤリ・リトマネン様 いらっしゃってよ!!!!

誰かコテージまでヤリ様見にいってきてくれー。 もしヤリ様と握手したら握手してくれー。 きっとヤリ様は1.5試合しかフラムで出ないに違いない。そんな希少なチャンス、 ロンドンに行くアナタ(名指しかよ)、どうかがんばってきてくださいー!

Footy (English General) | 08:11:05 | Trackback(0) | Comments(2)
アンディ・リード来たー!!!!
わーいアンディ・リード来たあああああああああああああああ!!!!!!!!

どうせ落ちるくせにレディングがハント出さないとゆってきたんで かなり落ち込んでたんですが、 チャールトンでおもっくそ劣化してたアンディ・リード獲りましたよ!!

いいのいいの劣化してても!!

いいのいいの劣化リードに4Mしても。

チョプラに6Mよりは絶対(略)

劣化してもなお唯一セットプレーに期待できる人材 だからな、アンディ・リード。

あぁ最近のえーと33番つけてるこ、えーと、えーと、ロス・ウォレスも けっこーセットプレー良くなってきたんですけどね、怪我しちゃったからなーあ”ー。

結構下馬評の高かったグレッグ・ハルフォードがかわりにチャールトンに 行ってしまったのでパートディールだったんかとは思うのですが。

ついでにアンディ・コールがバーンリーに貸し出されましたよと。 気づいたらスタン・ヴァーガも1月8日付けでバーンリーに行ってたりして。 そしてバーンリーに行くと活躍する法則が発動するんでしょうか・・・また・・・ (言うまでもなく某アンディ・グレイ)

あとなんかジョン・ステッドがFAカップで、しかもMan City相手にゴール決めてやがったんですが・・・(殺)

アンディ・リードといいジョン・ステッドといい・・・

2部中堅レベルのストライカーを見つけるのだけは天才的にうまいよなミック・マッカーシー(鬱。

ついでにこないだ獲ったばかりのスウェーデン人の デンマークリーグかなんかの 得点王のプリカさんが 得点してぶらむに勝ってざまーみろそうなんですが、 まだ管理人は喜びませんよ!!

サンダーランドのファンというもの、 プレミアの世界では 何度となくビギナーズラックという名の空薬莢をつかまされていますからね ジョナサン・ステッドといい アンディ・グレイといいマイケル・チョプ(激略自粛)

とりあえずあと2点入れたら評価します、プリカさん。

というわけでとてもレベルの低い11位以下の成績表を備忘録に。

11 Tottenham 24 4 28 ←腐らすぐらいならベイル貸せバカヤロー

12 Newcastle 24 -15 27←ツッコミ多発

13 Middlesbrough 24 -16 25←今年こそ落ちてアルカ返せバカー

14 Sunderland 24 -18 23←一試合勝っただけで順位大幅アップだー

15 Bolton 24 -10 22←最後の最後まで粘って落ちる、それがメグソンの運命だと信じてる

16 Reading 24 -20 22←あんだけ騒いでショーリーでなかったの?なんで?

17 Birmingham 24 -13 20 ←とりあえずオーナーはブルースに謝るように。

18 Wigan 24 -17 20 ←どこをどう見ても一番いい選手がケヴィン・キルバーンに見えるチームに見えるのは目の錯覚ではないですよね。あとあの中のメンツだと某タイタス・ブランブルが名ディフェンダーに見えるやはり目の錯覚が不思議なチームだと思った

19 Fulham 24 -19 16 ←やっぱりクリス・ベアードはプレミアレベルじゃなかったかなぁとたまに思うこと多々ありますがいかがでしょうか。

20 Derby 24 -39 8←とりあえず2シーズン前の某サンダーランドの記録(自粛



まぁあんま見てる暇がないんですが、プレミアも。

最近ベアードくん見たときの違和感とか、 以前大ものになるとか思ってたベン・メイがスカンソープに行くとゆー ビミョーな出世をまのあたりにしたりしますと、

オノレの選手の見る目がミック・マッカーシー化 しておったなと思うのです。

Sunderland Till I Die | 00:02:04 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
01月 « 2008/02 » 03月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。