スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
きわめてジミにThe Guardianに紹介されてたりして
すげーどーでもいいんですがガーディアン紙にリンクはされてませんが それとなく紹介されてました。(→たぶんこれはうちのことだろう )

ほんの少しだけうれしーことはうれしーのですが、 メンテしてない(写真リンク全部多分切れてるはず)フィリップスのバイオ紹介してくれたから ビミョーです・・・。

まぁあの紹介の仕方で地雷踏むバカおらんですけどね。

スポンサーサイト
Sunderland Till I Die | 15:03:53 | Trackback(1) | Comments(1)
レイトン・オリエントが今凄いことになっている
西中島の羊さんから、 「レイトン・オリエントに ハートリプールの天才、アダム・ボイドが行きましたー!」 というたれ込みを頂いてからしばらく、

イースト・ロンドンの雄 レイトン・オリエントが凄いことになってることに 今更気づきました。

レイトン・オリエント、リーグ・ワン、 平たい言い方をすると3部で今2位なんですが。

1 Carlisle 15 12 28
2 Leyton Orient 16 -1 28
3 Nottm Forest 15 16 27
4 Leeds 16 19 26
5 Southend 16 3 26
6 Swansea 15 9 25

それにしてもリーズ強いとか それにしてもフォレスト相変わらず情けねえ とかそーゆーツッコミの上に成り立ってる レイトン・オリエントとさすがは 「ブリッジス帰ってこなくてもいいからしっしっ」と 言い切っただけはあるカーライルのワンツーなんですが、

いやー、レイトン・オリエントのですねー

レイトン・オリエントのねー、

レイトン・オリエントの 10番が懐かしのショーン・ソーントン だったですよ・・・

とすると、相変わらずショーンは太ってんのかってゆー 疑問が沸きますが・・・
seanleyton.jpg

隣にロビー・キーンがいるのでなんでアイリッシュは オフになると丸くなるんだと思っくそツッコミを入れたくなりますが まぁドンカスター時代よりは若干締まった感じでしょうか。
boydyleyton.jpg

その昔「ギャリー・ブリーンの息子」呼ばわりされた ルックスのアダム・ボイドですが、まぁあんま変わってないまんま おっさんになりましたかね。

んで、レイトン・オリエントのメンツ観てたら、 もーいっこ有名な人がおりまして。

イースト・ロンドンにお帰りなさいませポール・テリーが居たんですよ。 ボーイズクラブはセンラブだったかは 定かではありませんが、とりあえず「イースト・ロンドンの デキる子」の一つの行き先としてのダゲナム・アンド・レッド・ブリッジス(ダガーズ)でキャリアを始めたもんの、 むしろヨーヴィル時代に「兄弟同時優勝」(兄は4部で弟は1部で) で有名になった感のある、そう、 ジョン・テリーの実兄(しかもCB)です。

兄弟ネタというとショーン・ソーントンの実弟は コヴェントリーでMFしてるわけでして。 こっちは兄貴はハジケる天才型だったのに弟は きらめく優等生型でしょうか。兄弟もいろいろです。

Coca Cola Football League (Real League) | 07:40:48 | Trackback(0) | Comments(6)
ピーター・リード、イラン監督のオファーを断る
おさる界隈の名前が出るわーと思ってましたが、 なんと マジでイランからオファー来てました、猿に

まぁ断った理由は 「イランじゃおおっぴらに酒が飲めないからに違いない」 とゆーのがおおかたの予想でありますな。




イングランド死ね死ね団としてそおっと イングランド死亡を願っておりましたが、 このまんま死亡しそうです。てかこれ ニューウェンブリーでやってるなら本気で死ねですねまくられん。

忙しいんで観てられないんでチラ観したんですが クラウチの顔が見えたのは冗談だよねと思ったら マジでしたうはああ(大爆笑)

とりあえずこのチーム絶対U-21より弱いから。

ランパードとブリッジがダブルダブルでウケケケケらしく もーすと・むかつく・おーばれーてどなチームが よーやく終わってくれると思うと やれやれですね。

うはクラウチワントップてつかえねえ 笑

あとさぁ、言っちゃっていい?

スコット・カーゾンてクレイグ・ゴードンよりも 高いキーパーですかそうですか?なんか ゴードンよりも高くてロビンソンやジェイムズとは モノの違うインターナショナルGKってゆー 噂あったんですがどうですかね(いっちゃった)

てかむしろ新たなお笑いGKの誕生を観てしまいました・・・(-人-)これは・・・これは・・・ひどい・・・酷すぎる・・・>カーゾン

ベッカム入れるなら先発でしょうが・・・ なにもかもアホすぎてしらけてきますなイングランド。




て、ここまで書いててベッカム入れたとたんなに何この後半。

カーゾンも人違ってきたし。

しかしデフォーのペナルティ有り得ねぇだろおいニューウェンブリー ご祝儀にしてもヲイ。

ぎゃークラウチに決められた(失神)

やっぱり前の日記に書いた通り、管理人が調子こいて イングランドシニアの不幸を祈るとこーゆー結果になるんですねうはぁ(涙)




England 2-3 Croatia(FT)

よっしゃああああああああああ!

ベッカムには気の毒だったけど、 そもそもベッカムを個人的に気にくわないとう 理由だけで使わなかったマクラーレンを あの体たらくにもかかわらず続けさせたFA、 そして「ユーロ逃すまでマクラーレンを首にできない」FAに 全ての病巣があるので、 もうここはイングランドに死んでもらうしかなかった。

とゆーわけで今回のイングランドのユーロ予選敗退は 先を見れば良かったことでは・・・と、思ったが、

お花電波→いわゆる一つのケヴィンキーガン →退屈色情狂眼鏡→恩讐の彼方へ

と5代続けてる所をみると、

・・・あんま反省しないかもねイングランドFA・・・

素直にピアース行っときゃー間違いはないんですが。

ピアースなら身の丈の伝統的イングリッシュアタッキング フットボールを見せてくれることでしょうが。 アンダーはアンダーやらせてこそ華というタイプもいるもので、 (その典型的な例に某降格請負人グレン・ローダー@ 降格ハットトリックを目指してますとかゆーのも いるわけで)

いきなし頭飛び越えてジョゼ・モウリーニョとかもありかもしれませんが、

まぁ、ここまで来ると、エリクソン-マクラーレンの 超過大評価おセレブラインよりはまだマシな イングランドがワールドカップで観られるとは思いたいですな。




あ、んで、監督人事の話になったんですが、 久々に「花園委員長」が出てきましたんで、 会話内容でオチつけずに逃げます。

管「アイルランドの次の監督、、そろそろレジェンドで年貢を納めたらどうですか」

花「レジェンドって誰っすか」

管「アーセナル・レジェンド・・・アイリッシュ・レジェンド・・・」

花「そおおおおれだけはあああ勘弁ー!!」

管「いい加減オレアリを娑婆に呼んであげてもいいじゃないですか!」

花「いや、やっぱり、オレアリは・・・」

管「だからってジュウェルはねえだろジュウェルは」

花「いやですねー」

管「今更気づいたんですがキニア無職なんですが」

花「いいですねーキニアー。国内でも結構待望論あるみたいですよー」

管「なんかキニア、フォレストを04に辞めてからずっと監督してないんですが」

花「えーなんでダメなんでしょうねぇ」

ほんと、アイルランドの次の監督、ジョー・キニアでいいと 思いませんかね。

なんか代表連中が「代表歴のない監督なんてしっしっ」 と既にジュウェルにダメ出してるらしいってゆーし、 なんでキニアじゃダメなんでしょうかね、次>アイリッシュFA

Sunderland Till I Die | 05:51:44 | Trackback(6) | Comments(3)
ダービーの感想も書いてないのになんですが
個人的にツボりすぎの人事がいろいろあったので列挙。

これは数週間前内輪でウケまくったんですが

マイケル・リケッツ、オールダムから ウォルソールへローン移籍

・・・スタバ噴いた。

マイケル・リケッツって、マイケル・リケッツって、 「あの」マイケル・リケッツですからね。

ケヴィン・フィリップスを押しのけて 元イングランド代表の座に着いた あのイングランド代表 ストライカー、マイケル・リケッツですからね! (おいうち)

あれそーいやミッドランズあたりに リケッツのダメな方の実弟転がってなかったかと 思ったのですが兄弟揃ってダメなリケッツの箱に 入れることになってしまったのはなんていうか ヘンな意味で感無量というか。

11月19日付けのニュース。

狼のミック・マッカーシーが コヴェントリのケヴィン・カイルに興味

何人もとサンダーランドを揃えたら気が済むんでしょうか このおっさんは。

えーと狼ってマジで組んだらこーゆーフォメ できるんですよ!!

Hennessey
N.Collins Breen Craddock Gray
(中盤省略)
Elliot Little Keogh

なにこのサンダアイルランド@ブラックカントリー

(注:若干無理を通すために3トップにしました。 ちなみに最近はブリーンのかわりに 「ペッカムのベッカム」こと、 ダレン・ウォード(美貌は超劣化) がCBに入ってます)

しかもサンダーランドのなかでも グレイとカイルという屈指の痛い子を揃えてどーする気でしょうか。

こうなると 超極道ジョン・オスター獲得で満貫を狙って欲しい 感じです。(ミックならやりかねん)

最近出てませんがジャッキー・マクナマラは相変わらずハゲてます。 セルティック唯一の美貌だったマクナマラは セルティックとともに忘れたほうが賢明です。

て。

ミック、コヴェントリと地下ルートがあるらしいなヲイ。

てかむしろ、 コヴェントリの何度目だよの船の沈む前の 大脱出が始まったてみていいですかー。
PICT0472.jpg

公開してなかったコヴェントリ超巨大スタジアム、 リコー・アリーナの写真。公開してなかった理由は カメラのレンズがおもっくそ曇ってたからです(汗) それにしてもまじでかい。レディングの マドジェスキも無駄にでかくて酷いスタジアムだと思ってましたが マドジェスキの悪い所ばかりを強調したよなスタで イヤさ加減はマドジェスキをかるく越えます。
試合前はリコーアリーナの中でしかアウェーは飲めません。 一件パブあるんだけどコベサポで溢れてて酒買えませんて。

さてもう一件おきのどくとしか思えない話がありまして

11月20日付けで ピーター・リードが スティーヴ・コッタリルの後任でバーンリーの監督になるかも? というランカシャー全体で喪に服したくなるよな 気の毒なニュースがあったのですが、

ガセだったようです(ちっ)。

そのかわり、当サイト「おやじの花園」でも 有名(どこだがよ)な 「老化ミラニスラフ・クローゼ」こと アラン・アーヴァインがプレストンの新監督になりまして (→リンク_44249287_irvine203.jpg

ランカシャーといえばマーク・ヒューズが監督でございまして、 それに加わったアーヴァインときて、
ランカシャーに銀の薔薇が咲く時代の到来 hughes_mark_brfc_profile_2006.jpg

を感じさせてくれた中、バーンリーの出方が注目されました。 (おまえだけだ)

そこで銀色の方向でも猿はねえだろぉ猿は!!

と、思っていたら、 セント・ジョンストンのオーウェン・コイルが 何度か断られた後に就任の方向へというニュース。
_44252357_owencoyle_snsi203.jpg
_44252359_owencoyle_snsb203.jpg


おおお、ツカミは好感触です(だからなんだよ)

しかしですね、
reduced07coyle.jpg

ちょっとフィル・ブラウン@脱いだハルの監督 はいってますねー(苦)

しかしこれからの銀髪化で化ける可能性があるかもしれません。

そして ランカシャーに銀の薔薇が咲くのです。




久々のテンションでお届けしましたm(_ _)m

花園の更新再開依頼は目を通してるんですがすいません。

さてさて、花園とは真逆ですが、 オリーこと、キチガイ、イアン・ホロウェイが アーガイル辞めてしまいました。

レスターでお家騒動があると必ず名前が挙がってた人なんですが レスターはどうも マーティン・オニールの遺していった悪癖かもしれませんが、 あたまの悪いデカい電柱一発立ててポーン系の 無駄にハートだけ熱い 監督の名前が挙がると無駄な悪あがきをしてくる よな気がします。戦術系(クレイグ・ルヴィーンとか) とか、魍魎系(とっととボルトンに逃げたギャリー・メグちゃん) とか。

スカンソープのアドキンスの名前が挙がってたんですが、 adkins_bar_470x353.jpg

adkins2.jpg


久々の有望なメガネっ子なのでミラン・マンダリッチに くれてやるのは勿体ない(意味不明)

そこでオリー・キチガイ・ホロウェイ「デカい奴大好きだぜ!! バスケの選手で全部固めたいんだぜわーい」(← QPR時代から観てればわかるがオリー一流の 冗談じゃなくこれはホロウェイの本気です)が レスター就任っていうのは、まわりにまわって おさまるべき所におさまった感じするんですけどね、個人的には。

んでアドキンスのネタ振ったんでスカンソープに話振りますけど トミ・アメオビ@リーズでショラ・アメオビの実弟かなんかのはず がスカンソープにローンで行きましたですねー。

話飛びついでに現在のCCCの得点王ランキング@さぁつっこめ、そして泣け!!!

Top Scorers Team CCC CC FA UEFA CL Other Total
  Michael Mifsud Coventry City 7 4 0 0 0 0 11
James Beattie Sheffield United 10 0 0 0 0 0 10
Andy Gray Burnley 8 2 0 0 0 0 10
Kevin Phillips West Bromwich Albion 10 0 0 0 0 0 10
Darius Henderson Watford 9 0 0 0 0 0 9
Marlon King Watford 9 0 0 0 0 0 9
Ishmael Miller West Bromwich Albion 7 2 0 0 0 0 9
Alan Lee Ipswich Town 7 1 0 0 0 0 8
Sylvan Ebanks-Blake Plymouth Argyle 6 1 0 0 0 0 7
Brian Howard Barnsley 7 0 0 0 0 0 7
Chris Iwelumo Charlton Athletic 7 0 0 0 0 0 7
Martin Paterson Scunthorpe United 6 1 0 0 0 0 7
Jonathan Walters Ipswich Town 7 0 0 0 0 0 7
Mark Yeates Colchester United 7 0 0 0 0 0 7
Pablo Gonzalez Counago Ipswich Town 6 0 0 0 0 0 6
Robbie Fowler Cardiff City 4 2 0 0 0 0 6
Ricardo Fuller Stoke City 6 0 0 0 0 0 6
Kevin Lisbie Colchester United 6 0 0 0 0 0 6
Grzegorz Rasiak Southampton 5 1 0 0 0 0 6
Jamie Cureton Norwich City 3 2 0 0 0 0 5
Adam Johnson Watford 5 0 0 0 0 0 5
Robert Koren West Bromwich Albion 5 0 0 0 0 0 5
Clive Platt Colchester United 5 0 0 0 0 0 5
Andrew Reid Charlton Athletic 4 1 0 0 0 0 5
Ryan Shawcross Stoke City 4 1 0 0 0 0 5
Felipe Teixeira West Bromwich Albion 5 0 0 0 0 0 5
Dean Windass Hull City 5 0 0 0 0 0 5

シェフィールド・ユナイテッドのジェイムズ・ビーティーが全力で泣けるとか(ウィガン行くんかしらー) ファウラーしっかりしろとか コウニャゴ(スキだったー)がまだイプスウィッチで 生きてたとか色々つっこみどころありますが、


ディーン・ウィンダス38歳怖すぎです!!!


ハルのディーン・ウィンダスとレイ・パーラーと ニック・バーンビーを ハルの地獄三人衆と勝手に呼んでたんですが、 レイ・パーラーは今季で辞めて しまいまして激しく残念です。 しかし一方ジェイ・ジェイ・オコチャも獲得したり ヘンリック・ペデルセン獲得したりして 監督フィル・ブラウンのヌードで稼いだだけはあると評価できるでしょう。

んなわけで、イングランドの不幸を祈りつつ久々の ツッコミでした。(って書くと イングランドに不幸が起きないからイヤなんだよなぁー)

余録:おやじの花園審査委員長どうやら復活しまして ナイジェル・アドキンスにファイナル裁可出ましたんで そのうちやります。気力が出たら>レスがわり

Fittest Manager and Millwall | 01:34:55 | Trackback(7) | Comments(2)
サンダーランド・レジェンド・ギャラリー
レジェンド写真館が出来てました(^^)

アルカもスターでしたもんね

ダービーの感想は明日かな。

Sunderland Till I Die | 15:28:02 | Trackback(0) | Comments(0)
祝グラントたんイングランドU-21選出!!!
グラントたんがついにイングランドU-21代表選出です!!

めでたい!!

さすが、スチュアート・ピアースは観る目ありまくりです。

今のマンチェスター・シティの若手がエリクソンのせいだとか 寝言ヌカしてる阿呆が存在すると聞いて腰ヌカしましたけど、 今のヤング・マンチェスター・シティの 土台作って次々とトップチームにあげたのは 他の誰でもない、スチュアート・ピアースですから!!(師匠の受け売り)

そんなマンチェスター・シティを「恐るべき子供」集団に してしまったスチュアート・ピアースの目に止まったということは、 グラントたんの能力にお墨つきが出たとゆってもいいでしょう!!

しかし、グラントたん、いや、グラント・リードビターくん、 「サンダーランド・ユースでたった一人格の違った若手」 と言われ続けてもう10年近く経ち、ようやくですよ・・・

u19grant2.jpg

U-19時代のグラントたん。

グラントたん、フル代表よりもスペクタクルなエリート集団 イングランドU-21代表ですから!!うははははー!!!

と、思ってたら、

England Under-21 squad:

Alnwick (Tottenham), Hart (Man City), Heaton (Man Utd); A Taylor (Middlesbrough), Onouha (Man City), S Taylor (Newcastle), Wheater (Middlesbrough), Gardner (Aston Villa), Mancienne (Chelsea), Jones (Preston); Huddlestone (Tottenham), Johnson (Middlesbrough), Kightly (Wolves), Milner (Newcastle), Muamba (Birmingham), Surman (Southampton), Walcott (Arsenal), Cattermole (Middlesbrough), Leadbitter (Sunderland); Agbonlahor (Aston Villa), Derbyshire (Blackburn), Moore (Aston Villa), Jerome (Birmingham), Vaughan (Everton).

アニックなんかU-21にいりませんから!!ピアース、おいこら!!




*メッセくださった方へ

さすがメグ、バイエルンで引き分けるという大荒技をかまし、 これでボルトンもイプスウィッチの轍を踏んでくれるとありがたいのですが、 ブラックカントリーやミッドランズ中 顰蹙を売ってどの面下げて渡り歩く芸当は、 ギャリー・メグソンにしか出来ませんで、そのあたりが表情に表れているかと。

あとご心配ありがとうございます。
更新しない原因は多忙と気力の欠如にありましたすいません。 なんというか、このですね、いわゆるフットボールネタがですね、 仮に必要に迫られて、 ものすごく捻って絞っても出なくってですね。 そう書くと今までがキレてるのかと言われそうですが ちょっとなーつがすぎー(♪井上陽水)なんか溶けたまんま 固まらないです。
なんせスタム引退してたの今頃 知った程度に浦島ですからね!

いろんなものが落ち着き次第、 以前のよーうにウザい程度に更新でけると思います。どうもありがとうございました。かしこ。

Footy (English General) | 18:44:22 | Trackback(5) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10月 « 2007/11 » 12月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。