スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
うへー1月の移籍関係も押さえてないわ
1月に獲得したカルロス・エドワーズくんが 6150枚アウェーソールドアウトのキチガイ沙汰 水曜日戦@ヒルズバラにて追いすがる水曜日を突き放す 4点目を入れてくれましたよわーい。

元超名門 2-4 超古豪

いやこの試合3-0で勝ってたんで鼻歌混じりに コメンタリ聞いてたら終了3分前あたりに 3-1にされましてね、まぁおっけーかなと思ったら その1分後くらいに3-2にされましてんげげげげー!??? と全身の血が逆流した直後にカルロス・エドワーズくんが 4点目を叩き出してくれて水曜日@昔ディカニオ様もいたし エマーソン・トーメもいたんだよーの息の根を止めたわけですが。

しかし2失点はバカだよな。不用意だよな。

てなわけでロイ・キーン(念のためサンダーランドの現監督ですこの人)は怒りまくってるそうですよ。 

クリーンシートで勝ちたかったらしいので。

てか、1点とられなきゃ、カーディフと得失点差で6位、 つまりプレーオフ圏内だったはずだったんですよ!! たったの1失点の差で6位(カーディフ)と7位(サンダーランド)。

ロイじゃなくてもこれは痛い、痛い、痛い!

とゆーよーな話を知人まっけむとしてまして、

管「今どこ?」

知「ブエノス・アイレス~♪お互いいい試合見れなかったねぇー」

  管「(疲労気味)最近どぅよ」

知「今なんせ居るのがブエノス・アイレスでしょー。 アルカ33のサンダーランド・シャツ着てまーす (注:言うまでもないが今ボロでどーしてんですか サンダーランドのスーパー・アイドル、 フリオ・アルカはアルゼンチンのブエノス・アイレス出身です)」

管「・・・・・楽しそうだな・・・・」

知「いやーそれがさぁ、クソ野郎ってのは世界各地にいるもんだぜ、油断できねえ。

  ブエノス・アイレスくんだりまで来て、ニューカッスルのユニ着てたバカが居たんだぜ??

  まぁゲームしたらあのバカはペナルティをミスってやがって自業自得だけどなけっ」

・・・・・・・・・・・・・ブエノス・アイレスくんだりで 誰も知らんよなサンダーランド・アルカのシャツを着てるおまいは どうなんだというツッコミを入れる気力はなかったのでした。

スポンサーサイト
Non-genre | 01:34:11 | Trackback(5) | Comments(2)
あけましておめでとうございます
新年あけました。

年末からの身辺決算等いろいろありまして、 多忙のため不義理レス放置等しておりましたが 3日より通常運営に戻します。

腐れリーズはものの数ではなかったのに、 パレスとプレストンに連敗してました。

さて今年のヴィエンナのニューイヤー・コンサート、 よかったですね!

前日のジルベスターの尾高さん(尾高さん人柄そのままみたいな 音つくるので好きです)が良かったんと 「おめーモーツアルト弾く気ねえだろ」総ツッコミの入る モーツアルト弾き内田光子のトランス状態が見て笑う ベルリン・フィルのジルベスター (ラトルは、そうだね、どこ振ってもあんまかわりばえ多分しな略) 、途中で撃沈して満を持しての今日のウィーン也です。

いつも思うのはバレエの挿入や風景写真の挿入はやめれと 思うんだけども。オケと指揮者だけ写せばいいにぶつぶつと 文句タレながらすげえ久々のニューイヤー鑑賞になったわけですが、 文句タレながらでも全参戦してしまうのは そら今年はメータ指揮だったからです。

まぁ管理人は、大のクラシック嫌いを公言しとるのですが、 ズビン・メータはマイ・フェイヴァリットなのでおます。

メータさん@これはボンベイ/ムンバイのゾロアスターの典型的な名前ですよ!はボンベイ出身ウィーン音楽院でクラウディオ・アバドや ダニエル・バレンボイムと同窓だったとゆーことでも 名高いひとですが、 私生活もキレキレなクソ迷惑オヤジですが(端的に言えばただの オンナ狂い)棒振らせてもどっか違う次元で 「無茶をやらかす」人なので、大好きな指揮者なのです。 カネがなかったり暇がなかったりタイミングがあわなかったりで、 メータさんの生はイスラエルとやったマーラー6番と ヴィエンナとやったシューベルト未完成、シェーンベルクの室内 なんちゃら(神演)、おチャイコさん1番くらいしかないんですが、 シェーンベルクでピンク・フロイド先生達を余裕で越える 超プログレ演奏を見せたかと思えば チャイコフスキーで大式典序曲をかましてしまう どっか頭のネジのない無茶としかいいようのない 超天然色で度肝を抜かれましたはい。

んで超天然原色、でもツクリも大好きなメータさんですが、 ウィーンで不良時代を過ごしただけあって、 ウィーン・フィルの使い方はひじょーにこなれている、というか、 相性ええなぁと思わせてくださいます。

んなわけで1年越しで楽しみにしてたニューイヤー。

メータさんのいいところはダメなもんはきっぱりダメ曲ですが、 終盤に神演をブチかましてくださる所です、 てか、それが最大の魅力なんですが。

こーゆー本番一発ストレート勝負するひとってたまらんですよねー。

んなわけで、本気で寝るかと思った中だるみを経て だんだんよくなると、 終盤の「エルンストの思い出」は神でした。

まぁ何やったかといえばオケなのに オケなのに「おいソロだ超絶テクやってみそ」 ってゆーのをオケの中でメタル式に 無数のイングヴェー(注1)のお○にーでないソロを いろんな楽器でやらせてしもたとゆーとんでもね趣向で たまげました。インギーを越えてマイケル・ロメオ(注2)にまで なってたフルートにはメータ本人が指揮台降りて「すげーぜ」と 祝福してましたからね、すごいですね、あれを ヴィエンナでやってまう、と、ゆーのは。

笑いとテンション保ったまんまの「美しく青きドナウ」は、 パーペキにツッコミよーもない世界中の誰もが納得して 「踊れるドナウ」だったとおもいます。

最後登場しながら指揮棒振りながら指揮台にのっかって、 オケほっぽって観客の手拍子を指揮するに余念のないメータさんには、 心底長生きしてほしい迷惑ジジイだと、 あと、「祭り」ってもんをよくわかってるひとだと(注3)、 「ウィーン」の特性ってもんを、 ほんとうによくわかっているひとだと。 本当に本当に、楽しませてもらいました。

あぁ次イスラエル来たら絶対行きますメータさん!

注1:イングヴェイ=スウェーデン人ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンのこと。パガニーニやショパンを全てエレキギターで 耳コピできてた人らしく、クラシック的スケールを多用した 美的ハードロックな伝説のテクニカルギタリスト。 昔はきれいだったが今はただのデブ。

注2:マイケル・ロメオ=アメリカ人ギタリスト。スタイルは イングヴェイをプログレに進化させてワケわかんね 長大なプログレクラシック絵巻をシンフォニー・エックスという バンドで展開しています。体重は推定イングヴェイの1.5倍以上ですがギターテクはイングヴェイの2倍かもしれません (ライヴ聴いたがホントに倒れます!)

注3:「祭り」をよくわかってる=大晦日のK1とTBSと秋山全てにムカついたため。誰がなんといおうと桜庭を支持する。

Non-genre | 01:25:07 | Trackback(15) | Comments(2)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
12月 « 2007/01 » 02月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。