スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
フット忘年会
フット師匠様と「クリスマスはフットネタで!」という 超オフレコトークが炸裂しまして到底ここで 書けないネタばっかなのがなんですが・・・

とりあえず本日のネタハイライト。

師匠「スティーヴ・ギヴソン(注)って何やってるやつなの?」
    管理人注:某ミドルスブラで 「ヨーロッパに出たってUEFAの試合なのに1万台しか客はいらねえ、 ボロが強くなってよろこんでるのは世界に一人ギブソンだけだ」 とイギリスメディアに書かれるボロ偏執愛会長
管理「今しらべますー。えーとですねー、『スティーヴ・ギブソンは、超危険科学物質の運送やって財をなした そうですー。」

合唱「なんだボロのPolluted Land(注2)ってシャレじゃなかったのか!?」
    管理人注2:ミドルスブラは俗称「Polluted Land」「Smog Land」。 その俗称の由来は、ミドルスブラには化学工場が多く立ち並び、 ツボみたいな形した化学工場が得体の知れない煙を 吐きまくっていることより(現在進行形)。 ニューカッスルとサンダーランドのサポーターにとっては、 ガスマスクをしてボロの試合に行くのが 礼儀って所である(さらに注:ガスマスクの サンダーランドサポとニューカッスルサポにキレた ボロ側よりガスマスク着用は禁止されました)。
    ついでにその煙のせいかどうだか知らないが 乳児死亡率イングランド・ ナンバーワン街が実はミドルスブラだという 本気で笑えない統計もある。
いや本気でこれ倒れた。

しかし「あのー顔もスタイルも ジョン・グレゴリを狙って総失敗こいたよーな ルートンの監督!」 とゆって「マイク・ニューウェル」とソッコーで返ってくる 師匠とは、知り合えてほんとうにうれしかったですよえええ(号泣) 全部内容をおつたえできないのが残念です。


ちなみにその後 盛り上がらせていた内容は

『トリチェッリがかっこいいという娘がこの世に存在するという 驚愕の事実』

でもありました。

ある意味、イアン・ダウイー(怪獣)萌えよりも キョーレツな萌えだと思いますよわたしら!!


よせばいいのにその後お茶の水へ。

ディスク・ユニオンに迷い込むのは、 ウサギの群れの中にライオンをほーりこむより危険だ。

ただGamma Rayの「Heading For Tomorrow」を 紛失してしまったので、テキトーに中古を安くかって 郷愁にひたっておわり、で、 済ませる、だけの、予定・・・だったのに・・・(悶涙)

本日の散財

Gamma Ray "Heading for Tomorrow" 中古 死ぬ前に一度は聴いとけ名盤だこら!!

Sentenced "The Funeral Album" 日本版新品 まだ聴いてないんですが出来次第ではこれから吊るかもしれません。「鬱だ冬だそうだ死のう」は純正の北欧鬱の証。

Royal Hunt "2006" アンドレ・アンダーセンの故郷 ロシアのサンクト・ペテルブルクにおけるライブの日本版新品DVD。もう二度とRoyal Huntは買うまいと思っていたが、Time, Last Goodbye, Cold City Lights, Message To God, Epilogueという名曲群のリストを見て血圧があがる。 名盤"1996"の10年後に出したのがあざとくてサイテー!!!(逆ギレ)

追記:名曲持ってるバンドはつおい!! ・・・・ジョン・ウェスト、うたうまいなぁ(号泣) ヤコブ・キエールが消えようが、いつもアンドレ・アンダーセンに つきそってきたスティーン・モーゲンセンが消えようが、 信じられないくらい曲は美しく演奏はタイトに過ぎる。 これだけの演奏が出来る美曲系バンドは希有である。 ほんとうに買って良かった・・・不滅の美曲とライブのタイトさは ほんと追随ゆるさんわ。やはり、ロイヤル・ハントは、唯一、無二。

Dark Lunacy "Diarist" すげーーーーーーーーーー!!!!!! In FlamesとArch Enemyが失ったもんを持ってる上に Dark Tranqullityがいっとき持ってた冷徹な叙情性つーか Paradise Lostの"One Second"的な雰囲気までアリアリアリアリアリアリ!!!解説が「奥村祐司」だったのもデカかったが、 おっくんありがとう!!!パルマのバンドなんだね!!!

スポンサーサイト
Footy (English General) | 02:35:02 | Trackback(0) | Comments(2)
ちょっとだけ私信
すぐ消したのに吐血に反応してくれた人いらしてすまんです。

喉が切れただけなので全然心配ないそーなのでご安心くださいませ、 てか、気遣ってくださってありがとうございます(深々)

Non-genre | 03:08:49 | Trackback(0) | Comments(0)
クリスマス前なんでネタないよー
1月のトランスファー・ウィンドウが開きしだいロイ・キーンは 4、5人の補強を狙っているようで、やっぱり オレ・ガナ・ソーシャーは狙ってるよな感じはありますね。 まぁ無理っぽい話ですけど。

今年のASHESは文句なしにオーストラリアが勝ったです。 1日目は277点差(クリケットは朝から日没までやりまくりです)、 2日目はシェーン・ウォーン様大活躍でイングランドに圧勝。

ついでに敬愛するど不良オヤジ、 シェーン・ウォーンのワンバウンドしてスライドする 超投法はこっちのリンクで見られますよ!

クリケット史上最高のスピナー、シェーン・ウォーン動画

2試合であっさりカタのついた今回のAshes, わたしゃイングランド人ではないので素直にオーストラリア最強に 喜ばせてもらいますよ(鬼)! インド人だってオーストラリアチームいいってゆってるもん! てか前回のイングランドがまぐれだったんだよおー。 三振かホームラン競争のケヴィン・ピーターセンがあほ当たりして 救われたっつーやつじゃなかったですか。 広沢がグランドスラム連発するみたいなもんですよアレ(かえってわかりにくいたとえだ)

あ、いつもより調子悪いですね。ツカミもオチも。体調悪いです。

「いつも来る黒猫を今日こそ斬ろうとして斬れず死んだ」沖田総司の 労咳と幻覚と戦う最後は シモザワでしたか司馬でしたか、どっちだか定かでないので ご存じのかた教えてくださいませ。

追記:沖田総司は「青黒く浮腫んだ顔の陰気な顔」とゆーのは定説 とゆーか史実のよーだが 夢をみる設定(薄幸の美男子)でいきたいもんです。

Sunderland Till I Die | 03:58:50 | Trackback(0) | Comments(1)
ポートマン・ロードの知られざる世界
売春婦5人(正確には6人:被害者のうち一人が 妊娠していたため) 連続殺人事件で大騒ぎになっている 静かで美しいはずのイプスウィッチですが、

この売春婦全員、ポートマン・ロード、 つまり、 イプスウィッチのホームグラウンドのそばで 客を取っていた とゆーことで、軽く頭痛を起こしたのですが、 管理人知りませんでした。

てか、おもっくそChavtownsにはおもっくそ red light district of Portman Road
(ポートマン・ロードの赤線地帯


と書いてありまして、

そのスジじゃ有名な場所だったらしいです、ポートマン・ロード・・・。

Footy (English General) | 20:44:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ポール・マーソン様お達者便り
どうやら、ポール・マーソン様、 現在Skyのコメンテイターとして天然ボケを かましてらっしゃるようです。

誰ですか、マーソン様に解説なんか頼んだのは!

参考までに マーソン様独占インタビュー@4-4-2管理人訳

Footy (English General) | 11:42:31 | Trackback(0) | Comments(0)
ロイ・キーン監督の新機軸
ロイ・キーン監督(慣れずにかゆい)は、 「ホームゲームの前日に選手全員ホテルに泊まることを義務化」 したそうである。

「オレは試合前に選手を休ませたいんだ。 小さい子供とかいる家庭とかだと、 BABYが夜中に寝かしてくんなかったりするからな」

さて皆様一緒に総ツッコミを。

選手を夜中に寝かしてくれないBABYとは どんなBABYだヲイ

・・・察するに、 ぱつきんバカどもの事件、ホームゲーム前日だったんでしょうねー(涙)バカどもが(涙)

今になったらすげえ象徴的だなーと思うリアム・ローレンスの写真なり。

liamicon.jpg



自虐ネタばっかでは気分が悪いので他を貶めて寝ることにする(ヲイ)

イングランド・チャンピオンシップ(イングランド2部)、 中下位決戦サンダーランド@UEFAって食べられるの? 対ルートン・タウン、観客数30445名

イングランド・プレミアリーグ(なんか世界最高のリーグらしいよ よく知らないけどさ)、 UEFAカップ準決勝進出 ミドルスブラ対ウィガン・アスレティック@リバーサイド、 当然なんかプレミアリーグでヨーロッパでも強豪らしい ミドルスブラってとこのホームだよ 観客数23638名

・・・サンダーランドのスーパーアイドルだった、 アルカちゃんが不憫でならん。

Sunderland Till I Die | 02:18:36 | Trackback(0) | Comments(0)
ストークきもちわるいよきもちわるいよ!!
久々に「おやじの花園」選考委員長と歓談。

このひととフットボールについて話しだすと 管理人のロクでもない回路が活性化されるのでありがたいのやら 困るのやら。

委員長「いまお花のチームはどこですか」

管理人「スパーズ・リザーブじゃね?」(投げやり)

委員長「(涙)リザーブじゃなくて、トップで花です!」

管理人「シロートはコヴェントリで萌えてりゃいいんでないですか」

委員長「コヴェントリ見れません!」

管理人「監督ミッキー・アダムズの童顔美人だし、 あそこデイヴィッド・ベッカムと系統同じ顔の エリオット・ウォードとトリニダード・トバゴ唯一の ぱつきん子供のクリス・バーチルに、 ミルウォールから来た黒髪のミルウォール時代の 迷惑GKっぷりを忘れたようでクソむかつく アンディ・マーシャルってGKおりますで。

んだが後ののこりは全地獄顔ですけどね」

委員長「しかしベッカムと同じ顔というのはすごいですね」

管理人「ウォード兄弟って呪われてんですよ。 リオん家(ファーディナント兄弟)よろしく兄弟揃ってCBでしてね。 兄弟そろってベッカムと同じ顔してるんですが、 しかし、兄はミルウォールのCB、弟はウェストハムのCBと」

委員長「ウェストハムとミルウォールとは、 なんという悲しい業を・・・(号泣)」

管理人「さらに悲しいことに兄は、兄のほうが、 美形で、ベッカムとかわらん顔だったんですが、 ミルウォールの財政危機でPalARSE (ふぁっきんクリスタル・パレス)行ってから 美貌が原型をとどめないほどに悪化しましたです。 弟のほうはまだコヴェントリできれいです」

・・・(中略)

管理人「すませんイプスウィッチ戦以来 ふぁっきん・ケヴィン・フィリップスが ノーゴールなんで喜んでる私はゆがんでしまったのでしょうか・・・」

委員長「とっくにあなた歪んでますがな」

管理人「手遅れですか」

委員長「あーた歪み腐っててつけるクスリありませんがな」

(管理人は委員長が大好きです:涙)

kevniall.jpg


委員長「うわこれあらひとがみ様の慈悲ですね」

管理人「後足で砂をかけた外道(フィリップス)をばクイン様ってば こんなに慈悲をかけて」

委員長「やっぱ仏様ってすごいんですねー」

管理人「さてストークがキモチワルイんですよ、あの ヴィラっこがストークでプレーしてます」

委員長「へんどりですか」

管理人「そう、リー・ヘンドリー。なんでストークこんなキショいんですかね、ぶらむ(バーミンガム)のミカエル・フォルセルとか マシュー・アップソンとかデイヴィッド・ダンとかいい具合に 腐ってる気持ち悪さとは別の」

委員長「ちょっと待てアプソンてぶらむですかー!?」

管理人「はいアーセナルの万年期待の星は今ぶらむですよ」

てなわけでようやく本題。

ストーク・シティの気持ち悪さ全回の布陣を見よ!!

スティーヴ・シモンセン(元エヴァートン)
    まぁ驚くことじゃあないが。 あまりにダメすぎてまっけむシモの愛するサンダーランドから 断れてたしなー
マイケル・デュベリー(元リーズ)
    なぜリーズは出しました?てな。
リカルド・フラー(ご存じもとポンピー&サウサンプトン)
    そのスジでは有名な絶対なおらない故障もちファンタジスタ。
ダニー・ヒギンボトム(まんゆユース、 ダービー、サウサンプトン)
    ちょっとおまえどーしてストークに行った!?
アンディ・グリフィン(元ニューカッ×ル)
    ニューカッスル亡命所ことポンピーからのローンだが ずるい!!
リー・ヘンドリー(ヴィラのソウル)
    アストン・ヴィラというチームから リー・ヘンドリーという偉大な迷惑男を抜かしたら何が残るのか、 と、いつも問いたくなる。嫌いな選手だが、ソウルのある選手だと は認めざるをえない。
サリフ・ディアオ(元リヴァプール)
    これ反則だろー!!!???

    いくらストークがリヴァプールから電車で1時間つったって、 ずるいずるいずるい!!
リアム・ローレンス(元サンダーランド)
    イタいぱつきんです・・・(もう何も言うまい)
パトリック・ベルガー
    委員長「まじですかまじですかまじですか!!!???」

    管理人「£#*@§☆★○●◎!!」

    (ベルガー様のキャリアには説明する必要ないですよね・・・・)
ストークきしょすぎです!カネの出所がわからないぶん、 バーミンガムよりきしょいです!!

・・・・・ストークの金回りのキショさを知ってる方などいらしたらたれ込んでください・・・・

Coca Cola Football League (Real League) | 16:58:33 | Trackback(0) | Comments(0)
ぱつきん4バカ(号泣)
PC立ち上げたら友人から

「The roast?」

とメッセが来てたので、

「クリスマスの焼き鳥か?」

って聞いたら大爆笑される。よくよく聞けば意味は「大炎上」 。・・・あぁあ自分の英語力のなさが憎い。

この顛末の先は「先を読む」のみで。

精神年齢18歳以下は次からを 決して読まないように






“ぱつきん4バカ(号泣)”の続きを読む>>
Sunderland Till I Die | 12:46:37 | Trackback(0) | Comments(-)
ロイ・キーンの下でもっとも変わったのは誰か
「ロイ・キーンになってから誰が一番よくなりましたか」 っつー論争があった。

ほとんどが、ダニー・コリンズ(LB)を挙げていた。

確かにダニーは「おめー所詮チェスターじゃー!」と 何度叫び泣かされたことか知らない。 なんでミックがこんなん買ってきたんか、 あまつさえ使ってたんかもわからん選手であった。 確か移籍金も100万くらいの「わしでも買える」ゆー選手であって、 チェスター側も予期してなかったよな選手だ。

んで、ミック時代、あからさまに、 「コリンズはコリンズでもニール・コリンズ(現在ミックが 借り出し中)のほうが上」は定説であった。

いやああコリンズの身体的な「ひつこさ」は認めようが、 それ以上の決してない選手だと思っておった。

しーかーし。

今やウェールズ最年少代表デビュー記録(Thx toはせがわさん)を 持つルーウィン・ナイタンガがおるにもかかわらず、 超経験豊富なまぐ男ロビー・エリオットがおるにもかかわらず、 ダニーがファースト・チョイスなのである。

しかし、ダニーのファースト・チョイスに異を唱えるものはおらん。

それだけ、ダニー・コリンズがよくなったということだ。

次点がナイロン・ノズワージー(RB)。

ナイロンといえば5試合に1回のまぐれ当たりの時に 怒濤の当たりを見せるが後は4試合は超地雷という もっとも心臓に悪いRBである。

心臓の悪さはRBだから免責されてる所もあるのだが (RBの技巧派なんて選手がいたら教えてほしい)、ナイロンは 良くなった。

プレストンが勝ってる現状みればわかるとーり、 2部は「チーム別の差は思うほどない」のが現状なのだ。 (念のため言うが管理人なプレストン好きだった・・・デイヴィス時代だがね・・・)

チーム別の差異がないなら、チーム内の差異もそれほどない、 だが、その「かすかな差異をおおきな差異に表せるひと」が 「2部の名監督」なんだろうと思う。

カーライルじゃない、シンプソンのプレストンなんてその典型なんだけど、とにかく、ロイ・キーン監督には、 そういう資質があることは、確かだろうとは思う。

ちなみに3位はグラント・リードビター。んだが リードビターの素質はもうみんなとっくに知っていたので 驚くことじゃあない。

ついでに「ロイ・キーンが監督になってもっとも成長した選手隠れ1位」は、

ぶっちぎりで

ジョン・ステッド

であったことも付け加えておきたい(悶死)




なんぼ人にPCからメールしても、 なぜか返信は携帯メールにくる。なんでやろ、と思ったら、

「んだってあんたろくに返信しないじゃん!」

と言われましたあたたたた。返信おくれてすいません 涙

Sunderland Till I Die | 02:40:09 | Trackback(0) | Comments(0)
報道ステーション見てたら
ヴィッセル神戸対アビスパ福岡、 出場停止中の三浦アツの横に、 エモ・トーメが映っておった。

相変わらず故障しとるのかのう。

しかし相変わらず男前でありました。エモ。

thomechelsea.jpg


ちぇるし時代の写真なり。

Sunderland Till I Die | 00:07:33 | Trackback(0) | Comments(0)
どうも
最近筆じゃない、キーボードのノリが悪い。

更新とメール返信サボりがちで申し訳ない。

んて、たりーなぁと思ってニュース見たら

FA CUPの相手が プレストンアウェーになっていたというこれ以下のない 組み合わせ

を見て今頃絶叫しております。

プレストンは、プレストンは、プレストンはぁあ、 管理人は自慢でけるほどそんな沢山の試合に行ったわけではないが、

アウェーで中座(しかも50分)した 唯一の試合であるという事実から、 あの日のディープデイルの悪夢を汲み取ってほしいもんである。

わざわざソールドアウトになってるチケを手を尽くして ゲットをし、悪夢と呼ばれるブラックバーンを経由して
    管理人注:ロンドンからアウェーで鉄道で行ったら キックオフに間に合うかはビミョーだわ、 まず帰りの電車はないと思っていいという最大の悪夢と言われる 場所がブラックバーンどす)
古豪中の古豪プレストンに憧れを抱きまくって、

    deepdale2.jpg
    いつ亡霊が出てもおかしくないよな名前の通りのトイ面にあるのが ディープデイル・ロードである。
「ビル・シャンクリー・スタンド」のチケを握りしめて 感動で震えながら行ったとゆーに

    deepdale3.jpg

    ビル・シャンクリー・スタンドからの眺め。あっち側は 客席拡張のため改装中。


1てんめはたぶんディーキオだったとおもいます。

管理人注:ダニー・ディーキオ(ディチオともいう、発音は サポ間においても統一されておりません)は ケヴィン・フィリップスや、マイケル・ブリッジスと組んで サンダーランドでゴールを量産した電柱系ストライカーでやがります。

2てんめは誰がどうみてもああすいませんうちのナイロンが すいません!!と土下座したくなるよなツッコミよのない ノズワージーのPKで、しかもたしかプレースキックを 蹴らせたら並ぶものありませんよという グレアム・アレクサンダーに決められるという念の入れようで

3てんめは最初

「ゴール・スコアラー いず、 ダニー・ディキオー!!!」

とアナウンスされて本気で死ぬかと思ったら

「すいませんさっきのゴールはディーキオじゃありません サンダーランドのオウン・ゴールです!!」

とまで訂正される念の入った底意地の悪さ。

5m眼前の4点目・・・・

・・・耐えきれずに中座。

プレストンのシャツもプレストンのマフラーも買ったのに(関係ない)

前半3-0で50分で4-0だとお恩を仇で返しやがって!!!

deepdale1.jpg

最後のは試合前の写真ですけど絶賛中座。

prestonbus.jpg

プレストンはバスのマークもチームと同じマーク。 つか多分街のマークがこれなんでしょう。ポーツマスと 同じようなもんでしょうか(ポーツマスは街のシンボルと チームロゴが同一です)

前半3-0で終わってヤケ酒じゃコノヤローと思ったら みんな考えること同じだったらしくて酒売り場の前に長蛇の列、 んだがプレストン警察は非情にも酒売り場をハーフタイムきっかりで 閉めくさって飲みっぱぐれ、

ヤケ酒も煽れんまま憤懣の塊がスタンドへの階段の足をかけた時、

ちょうど5メーター先の目の前のネットが揺れてる姿とくりゃあ。

・・・・・・・・・帰るな。

そのままキビスを返してしまった連中は推定300人は居た模様。 憮然とディープデイルを去る連中から 「1点返したってって携帯に入った」「誰」 「・・・ヴァーガ」「ふぁっく!!!」

管理人注:スタン・ヴァーガは言うまでもなくCBでやがります。 おらうちのFWはどうしたコラアア!!!

というわけで某身内誌から 「マッチレポ書いてね♪」と言われてたが 「どーやって書けばいいねん!?」と 荒れに荒れまくった挙げ句にオフピッチスーパー自分語りばかり 書き晒したさんざんのプレストンレポが望外に好評だったのは 少々の救いだったが(スペクタクル4弾自分語り オチを英語で書いたがいいが 当サイト版はまだでごめんね←誰も期待してねえと思うよ自分ツッコミ)

おまえらこらロイキーン、 クソみたいにつまんねええプレストンに無様に負けくさりやがって

と、言いたい試合だったのだが、

またあの悪夢のディープデイルでプレストンとやらにゃあかんと言われると、ビビってしまう小市民の自分なのである。




あまりにプレストンとアウェーでFAカップをやるとゆー衝撃で書くの忘れてた。

最近めっきり成長してびっくりのダリル・マーフィーくん(左利き アイリッシュ)いわく「ロイ・キーンになって4-5-1か4-3-3になってそれが効果的だよ!」とかゆうておる。

getedimage.jpg


マーフィーによるとエリオットとウォレスがウィングにまわるらしく、 おいマーフィーおまい本来はおまいが左ウィング兼任だからホントは4-6-0じゃないかって思うのだが、本人がハッピーそうなので それでいいことにしておこう。

Sunderland Till I Die | 02:25:57 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
11月 « 2006/12 » 01月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。