スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
「8月10~26日くらいまでの間にサンダーランドに何が起きたか」まとめ版
どうもこの数シーズン、 史上最強のネタチーム一直線化の激しいサンダーランドですが、 その数シーズンが吹っ飛んでしまうかのよーな 激しいネタ人事に悶絶七転八倒する向きもあるかもしれまへん。

いやぁマジでPC触らないうちに何起きてんねんじゃ、ひええええ

と、管理人も浦島だったので、「何あったんかまとめて知らせて くだせえ」と数名捕まえて話聞いてくるとのブログでの予告通り すげえめずらしく約束通りのまとめを書き留めておこーかと 思います。(って読者あんまいないんだけどね:爆死)

●選手人事とゆーか選手大エクソダスまとめ版
  • FWケヴィン・カイル→コヴェントリへ 
      (おそらくカイルのクインへの逆恨みが原因)
  • GKケルヴィン・デイヴィス→サウサンプトンへ 
      (言うまでもなく 昨期の史上最凶のネタGKっぷりにサポ一同 およびボードとか何もかもキレた&サウサンプトン監督 ジョージ・バーリーがイプスウィッチ時代の幻影を 忘れられないらしく御執心で利害が一致。ちなみに デイヴィスはセインツでも移籍早々デイヴィス・ファンタジーをやらかしたらしいという情報あり。


  • FWアンディ・グレイ→バーンリーへ 
      (バーンリーのスティーヴ・コッタリルがお試し期間後に正式契約)


  • レフティ、フリオ・アルカ→ボロへ 
      (おそらく ノースイーストに馴染みすぎて引っ越したくなかったのが原因だろうと思われる。しかし アルカはボロでのデビュー戦でいきなり足首骨折。 「サンダーランドで愛された人は出てくとロクな目に遭わない」 ジンクスをいきなし体現して泣ける。はよ帰って来てね。


  • LBジョージ・マッカートニー→ウェストハムへ
      コヴェントリ戦前3日前ほどに 骨折中安静中のジョージがロンドン・スタンステッド空港で 目撃され、「アルカに断られたからには ジョージはウェストハムに違いない」という噂が 立っていてコヴェントリ戦の試合前はリンゴは ウェストハム行くんか行くんかっつーのが最大の話題だった、実は。

      「マイケル・オーウェン並の故障履歴を持つレフトバックに 寛大だったクラブを去るわけがない」

      「マイケル・オーウェン並の故障履歴を持つレフトバックに ウェストハムが金を出すワケがない」

      アルカを売り払うとプレミアレベルの選手が リンゴとリードビターだけになってしまうので、 上のよな極めて消極的な理由による残留希望論が飛んだが、 コベントリ戦翌日には売られていた。1M。

      「マイケル・オーウェン並の故障履歴を持つレフトバック@ 全治3ヶ月に1Mも出すぱーじゅーって(略)」

      どうもリンゴにゃ消極的な話題が多い。 リンゴは全治3ヶ月だし、試合まだ出てませんよね?
  • LBダン・スミス、ドンズへ
      リンゴ&アルカがいなくなったと思ったら青天の霹靂で 左サイドを全売却してたことが発覚。 しかもこのガキはサンダーランド現地婦女子が「ちょーハンサム!!」 と黄色い声を出してまわる現地的価値観に基づく ちょーハンサムボーイだったしホントにこれで左サイド全滅になるので びっくらした。
●選手大放出予想
    これは、個人的に知っている、「あるひと」の私見そのまんま転載で この人の意見に「ちげーだろ」 とツッコミを入れる向きも多いので、 そのひとの個人的予想そのまんま、ということを断っておきます。 ただ「そのひと」は、ジョン・ステッドの正式契約を 事前にリークしてくれた実績はございます。
      「スティーヴン・ライト、トミー・ミラー、ダニー・コリンズも 放出するのではないかと思う」
    ミラーはファンタジースカ物件なので構いませんし、 ダニー・コリンズも基本は左水漏れ迷惑物件なので構いませんが、 意外だったんは、ライト放出予想。んで別口に話振ったら

    「えーライト放出する理由ないしー!!でも、あのひとが言うなら もしかしてあり得る話かも」
●「なぜフィリップスはサンダーランドのオファーを断ったか」
    アストン・ヴィラの日焼けサロン男として名を馳せた (違う)元サンダーランドの伝説FW、ケヴィン・フィリップスへの 交渉権をウェストブロムとサンダーランドが獲得、 しかも更に悪いことに サンダーランド現会長元ストライキング・パートナーの ナイアル・クイン様は「フィリップスは間違いなく復帰する」 宣言を出してたという話を聞いて倒れる。

    今季何回目かのクイン様の大ブチあげ宣言スカ祭りである。 (オニールとアラダイス就任、名前こそ出さなかったけど ほぼクインは宣言してたしなー)ブチ上げて盛大に空振るあたり ダイエー時代の吉永のスイングのようで 現役時代のスタイルとは異なる ナイアル・クイン会長の今のスタイルはとてつもなく愛しい。

    その後の話は皆様ご存知の通り、 自身満々のナイアル・クイン様をよそに、 元の相棒フィリップスにおもっくそ振られてWBAに行かれた挙げ句に

    「どうかうち(僕)を振ったフィリップスにどうかブーだけはしないでやって。昔のいい思い出を思い出してやって。彼には何があっても サンダーランドの伝説なんだから」

    とあまつさえ外道フィリップスを素で大擁護。

    さすが仏の化身ナイアル・クイン様。 そして仏は民草を教化するもなのです。帰依を要求するものなのです。 んで仏の思う通りに行かないものは きっと大宇宙の意思なるもなんですきっと。

    あぁなんか書いてることが意味わからんくなってきたけど クイン様の空振りっぷりはダイエー時代の吉永ですから 微笑ましい、と、思うことのほうが多くなりました。 おててのしわとしわをあわせてしあわせーなーむー。
●なぜケヴィン・フィリップスはナイアル・クイン様を振って WBAごときに行き腐ったか
    「金。」

    統一公式見解です。

    「ウェストブロムがより多くの金積んだからに決まってんじゃん」 と、ここまで同じこと揃って言われる人もめずらしい。

    まぁそれで間違いないでしょう。おかねです。

    どうでもいいけど、フィリップス関連は、 アストン・ヴィラ在籍時代に なんぞチーム内に問題を起こしましたか?>ヴィラお様 もしそうでしたら管理人まで、メールでこっそり教えてください。

    それにしてもクリス・メイキンがフィリップスの在籍したサウサンプトンに行くとはなんたる皮肉(後は激しく自粛します)> セインツさんこと 渡辺様、メイキン情報ありがとうございました。
●なぜ次期監督がロイ・キーンか
    「だってアイリッシュだし」

    ・・・・・・・・・・・・・それだけかい!!!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それだけのようです・・・・

    しかし ミック・マッカーシーの後任がロイ・キーンという 最凶のネタっぷりをかましてどうすると思うのですが、 人間的にどーであれ、「クラブに結果をのこしてくれる監督は いい監督」なので、結果さえ残してくれれば 管理人は全然構いません、てか、贔屓チームを持っている人間なら、 誰でもがそう思うと思うのです。てか、クラフィーって (ブライアン・クラフ) 名将なのは言うまでもないのですが 人格的には問題あった方やって聞きましたですし。

    ミック・マッカーシーは、人間的には、本当に、正直で、 好感の持てる、なんとも、「いい奴」でしたよお。

    ミックは人間的に好きだったけど、 あの史上最悪の贔屓人事と 脳味噌の緑カビっぷりがもたらした結果には、 耐えられなかったもんね。

    「バカ管理人の意見は聞きたくないんじゃ現地はどうじゃ!」という ことが聞きたい人はいると思うのですが、やっぱ聞いた連中、 全く同じこと言っておりましたので、最後は、 知人サポ様への電話をまとめて転載して 手抜きオチにしたいと思います。
      「ロイ・キーンという選択肢は、『アイリッシュだからっていう 理由だけ』だけれども、悪くはないかもしれない。 何故なら、彼は『勝者』だからだ。

      負け犬根性のしみついてしまったこのクラブに必要な人材は、 『勝つことを知っている人間』だと思っている。 キーンはいくつものタイトルを手にしている。そして、 ロイ・キーンというネーム・バリューは、ビッグ・ネームを獲得するに あたってプラスとなれどマイナスになることはないだろう。

      懸案の人格面は、多分ブライアン・キッドがフォローしてくれるはずだから、大丈夫なんじゃないかな」


スポンサーサイト
Sunderland Till I Die | 04:13:33 | Trackback(7) | Comments(8)
残暑お見舞い申しあげます
ホントにこの2週間「緊急!すぐ出てこい!」と書いてあった メール以外には返信でけんほどネットに触る暇がないまんま、 なんか気がついたら激動で、 ロイキーンがホントに監督になるのやら、 フィリップスがサンダーランド復帰を 断ったホントの理由やらチェックしよーと思ったら 気が遠くなったので、 明日あたり誰か捕まえていったい サンダーランドの連中に何があったんか聞いてきますので しばしお待ちを。

というわけでネタの合間(よーするにテメェがラクしたいだけです すまへん)と最近更新してない不義理の暑中見舞い。

意外に存じてる方少なかったので。

2006年ワールドカップ前、中、と、 イングランドでは毎日のように流れていた、 どこの棺桶からはい出てきて 動いてらっしゃる死にかけ往年の イングランド代表選手達が総出演する、 カールスバーグのCM「Old Lion」シリーズをYoutubeで 見つけましたのでご堪能くださいまし。

oldlions.jpg


↑画像をクリックすると始まるよん♪

Footy (English General) | 16:18:11 | Trackback(7) | Comments(2)
サンダーランド新監督にあのアイルランドの闘将ロイ・キーンが就任!!!!!
サンダーランドの 新監督はロイ・キーンに決定しました。

しかも助監督はブライアン・キッドです!!


クラブはまだ公式には発表していませんが今回こそ本決まりです。
また、ボビー・サクストンはスタッフとして残る予定です。
えらいこっちゃです。どうしましょう。キッドは素で 滅茶苦茶嬉しい人選ですが(ガキの多いチームだし)、

なんせ監督がロイ・キーンです。えらいこっちゃです。

どうしましょう。

大騒ぎです。

Sunderland Till I Die | 10:23:04 | Trackback(0) | Comments(2)
ニアミス運命
うぃドイツ方面に向けた私信ですぞい。

2005年7月7日、ものっそ暑い日でした。

その日おそとでの予定のなかった管理人さんは テレビもつけんと家で本を読んでおりました。 インターネットがつながらないなと思いましたが ようあることなのでほっときました。

そして午後、家からほんとに30mほど、 外に出たときに観たのは人、人、人、 そして世界各国からの報道陣の波が渦なしてる絵だったのでした。

「??????????????」

携帯を出して知人いろいろに電話しようとしても携帯の システム自体がダウンしているようで使えません。

そして、ほんの数100m先で、たくさんのふつうの人が 死んだり身体が文字通りばらばらになったりしたということを 知ったのでした。ほんの数100m先でのほほほほんとしていた、 自分の日常とその近さとのギャップに、 戦慄というよりは、むしろ、脱力感を覚えたものでした。

そしてあれから約1年。

のほほんとした人はロンドンのヒースロー空港でチェックインを 済ませると、売店(WH Smith)でThe Sunやら KERRANG!とFour Four TwoとWhen Saturday Comeやらの 雑誌を大量買いし、んでもってパソコン周辺機器やら いろんなもんを、バッグ2つに詰めて、ヒコーキに乗り込みました。

2006年8月10日、 「日本は7月のロンドンより涼しいなぁ」 (日本の方々7月のヨーロッパ猛暑ってそんなもんだったんす) と思いながら荷物を引きずってアムス経由(ビンボなのが バレるな:KLMはやっすい)でもちろん日本にある ウサギのおうちに帰宅して、 テレビをつけると、

「ロンドン、ヒースロー空港において10台同時飛行機爆破テロ計画、 機内持ち込み全禁止、ヨーロッパ線前線欠航」

ほえええええええええええええええええええええ

昨日の今日だぞ?

雑誌も中に何入れるかわからんから持ち込み禁止だというし、 PCなんか冗談じゃないだろう。

「昨日の今日」だぞ?PC持って雑誌持ってヒコーキの中から 最後までうじうじと電話かけまくってたのは。

バカ丸出しの機内荷物やらを眺めながら、 ふたたびのニアミスっぷりに、 なんとも言いようのない思いを抱いたのでありました。

Non-genre | 04:45:46 | Trackback(25) | Comments(4)
あとで消しますね
えーとね、ミルウォールのプレシーズン2発& ハートリプール行き損ねたので ミルウォールの開幕戦と 当然コベントリとの開幕戦@リコー・アリーナも 行ってきたんですけどねええと。

地下(?)で観戦レポあがってるくせに 更新ないのはどゆことかと訝られる向きもあると思いますが 地下なら晒す人間は一桁で気心の知れた人だけで すむけどこっちだと目にする人の数がほんのすこし若干数おおい、 つまり、よそゆきのものを書く余裕が今ないということです。

というわけで短観。

コベントリ戦、カイル、ステッドと2本役立たない電柱立って んでもってエリオットと揃ってヤケクソ3トップになった時には なんかどっか違う世界に頭がトリップしました。

あきませんねこれでは。

あぁそう前前からりんごのスタンステッド空港での目撃談が あがってて、コベントリでの話題はもっぱらリンゴの移籍噂だったんですよ。リンゴ行っちゃうんかねーウェストハムらしいよーって そゆ話してたらやっぱり今日付でリンゴ行っちゃいまして。 あ、リンゴっていうのは、ジョージ・リンゴ・マッカートニーのことです。

アルカも行った。

ならばリンゴが行ってもしょうがあるまい。

これはお別れじゃなく、 新しいサンダランドの幕開けなのです。

ポジティブに捉えています、管理人と親しい人は。

リンゴの膝足首靱帯そこら中ズタボロです。 マイケル・オーウェン並とゆってもよい。 それに1M払ってくれて、 クライヴ・クラークを0.5Mで売り渡してもらったのだから 「いいビジネスをしてくれた」とウェストハムを評価することにしたいです。 そんなんで。

余力あったら表更新しまふ。

Non-genre | 07:02:57 | Trackback(1) | Comments(0)
めそめそ
ハートリプールのファンタジスタ、アダム・ボイドが7月31日付で 0.5Mでルートンに行ってしまいました・・・(涙

うんにゃ4部の才能じゃありまへん。

しかし、ルートンとは・・・どうしようもなく 微妙な所に・・・(涙

プレミアクラブが狙っていたとも言われるほどの才能、 ある変態スタジアムマニアさんをして「ロベルト・バッジオ系」とまで 言われたイングランドにあるまじき超ファンタジスタでテクニシャン、 アダム・ボイドほどの才能が結局は ルートンで3年契約ってなんか別の意味で泣けてきますでよ。

もっとも、あのヨーヴィル戦の時に折った脚が 悪かったんでしょうが(その試合行ってたよー)

すまへんあり得ないほど体調わるいので 今返信等滞らせて頂いております。

Hartlepool United | 15:24:43 | Trackback(0) | Comments(2)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
07月 « 2006/08 » 09月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。