スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ワタクシゴトというかなんつーかあのですね
諸事情も諸事情も諸事情ももうとにかく折り重なって、ノースロンドンラヴァーだったはずの管理人、実は南東ロンドンなんかに流れて来てしまったりするんですよ。

ロンドンの土地柄のおさらいですが、

東に行けば行くほどがらっぱちになり(西に行けば行くほどおハイソになります)

南に行けば行くほどヤバくなる

とゆーことで、

今んトコ、ヤバガラって感じなんですよ(意味不明)

んーで、ある時、あることに気付きました。

それは、

フットボール・シャツを着ている人間が 他地域に比べて極度に少ない、てか、殆ど観ない

つー事実でありました。

かろうじてアーセナルをたまに見かけますが、本当にここはイギリスなのか?と思うほど、フットボール・グッズを身につけた人を目にしないのです。イングランドならどこへ行っても普段着にどこぞのチームのシャツを着た人間を目にするもんですが、土曜日も、殆ど観ない。

なんでやろなーと同居人(非日本人:英国歴10数年)も不思議がっておりましたが、まっけむ友に話した所、

「あなた自分のエリアわかってる?」

「は、南東ですが」

「あーたのエリア、ペッカム(Peckham)だと思うんだけど・・・」

「・・・・んげっ・・・そうかっ!!!!」

カンのいい方はここで気付かれたかと思います。

そーです。

ペッカム。

某ミル○ォール・フットボール・クラブの膝元中のお膝元なので、 ミ○ウォールに少しでも恨みを買った覚えのあるクラブのサポならば、 ミル○ォールサポがおとろしゅーて、とてもじゃないがテメェのクラブのシャツなぞ着て歩けないということなのです。

ここらじゃミルウ○ールサポの目を気にせずに 大手振って歩けるロンドンの他サポは、 アーセナルくらいのもんだそーですわ。

南といっても、東のエリア、多くいるに違いない、隠れキリシタンのごとく、息を潜めて生きているウェストハム・サポーター達の気持ちはいかばかりでしょうかと思うと、胸が痛む思いがしますわね(心こもらず)

ついでに管理人、諸事情により、ある日朝っぱらからバス停で ミルウォールサポに取り囲まれましてですね、No one likes usを本気で歌われた中で、 「ベン・メイってさ、あのでっかいストライカー、いい選手で気に入ってんだ。あとDFのマット・ローレンスも割と好きなんす」と返した所、 「気に入った飲め飲め」と何で朝からウィスキーボトル抱えてんだって親爺にご相伴させられそになり、とても楽しい雰囲気の中 お別れすることができました。

最初囲まれた時はマジで心臓縮みましたが、とっさに ミルウォール・サポを喜ばせて場を切り抜けることができたのは、

やはりひとえに コリン・リーの美貌の賜なのではないかと、 美中年に感謝の念にたえません。気付いたら リーはフットボール・ディレクターという テレビに映らない位置に退いており、 ちょっと悲しい今日このごろではありますが。

追伸ですが、北ロンドン、東ロンドン、南ロンドン、と、 転々としつつ話を聞くと、アーセナルは黒人系の 絶大な支持を集めているとやはり常に感じますし、 ロンドンという都市にお世話になる、 「ひとりのマイノリティ」としての管理人は、 「サポ人種の懐を拡大し続ける」 アーセナルというクラブに好意を覚えざるを得ないのです。

スポンサーサイト
Footy (English General) | 10:36:02 | Trackback(0) | Comments(0)
告知だけー
なぜか人気コンテンツらしいマッチ・レポート、久々にフル・バージョンでアップです@The Hawthorns。

書き漏らしたことがまだあるよな気もすんだけど。

あ、書き漏らしたのはトップ・ページだ(ようやく思い出した)

しかし帰りの電車の中は、「9ポイント!9ポイント!!」って、もう、誰一人酒入ってないのに、 ありえない程の盛り上がりでしたよ(涙)

Sunderland Till I Die | 14:52:54 | Trackback(9) | Comments(0)
ぎゃー私のアシュトンがー!!!!
わたしの(いつからだって言われたらロブ・ハルス、ディーン・アシュトン、スティーヴ・ジョーンズのクルー・アレクサンドラ黄金の3トップ時代の2002年からだ文句あっか)ディーン・アシュトンがーハマーズになってしもうたです(号泣

わたしの(だからいつからお前のなんだ)アシュトンが15億でハマーズにいっちゃうよーやだよー(涙)

だからうちの子にしろとあれほどバカみっく(涙

んでも本当はグラディの親父がうちにアシュトンを売ってくれなかったんだがな(死

実は管理人てばアシュトン萌え萌え萌えなのは昔から読んでらっさる皆様周知でしょうが、ウェストハム嫌いなのもかなり周知と思われるのであんま説明する必要もなく大ショックに襲われまして、さっきこのニュース知ったショックで頭ぶつけてぱっちことした7針がじんじん来てますですよ。

「頭ぱっちこ割ったらテリー・ブッチャーみたいだと思って鏡に向かって笑ってみたのー!!」とまっけむ様に言ったらバカ受けされましたです。

butcher.jpg


コレはかなりイギリス人には使えるギャグなので頭を割った場合に備えて覚えておくといいと思いますよ♪





いろいろと私信ありますが私信は追記に入れときま。

“ぎゃー私のアシュトンがー!!!!”の続きを読む>>
Non-genre | 06:13:37 | Trackback(1) | Comments(0)
ホーソーンズに行ってきましたよ
サンダーランドのファンで良かったと、試合前から、試合中も、そして、試合後もずっと、心から誇りに思える試合でした。 この試合にいけた管理人は、世界で一番の幸せもののうちの一人だと確信しました。 すばらしかった。 マッチレポ、というか、雰囲気レポみたくなりますが、なんとか書きますね。

とりあえず試合前のジェフ・アスル門をば。 常に手向けられる花がなんとも印象的でした。
jeffastle1.jpg


試合前ビールを飲みながらモニターのSkyを必死で観る人々
hawthorns.jpg


ついでにマスコットはとりわすれず(私信)。
baggies.jpg


Sunderland Till I Die | 10:23:51 | Trackback(0) | Comments(0)
Crystal PalARSE 1 - 1 Reading
いやー、おもろい試合でしたわー!!

前半はパレスのフィッツ・ホール(元セインツですかな)とうわあの子ドリブルキレてるよちょっと顔みせー!!!と思ってみたら、ジョビ・マカナフがキレキレですよー(号泣)

昔の日記あたりにドンズのマカナフマカナフと騒いでおりましたが、間違いなく自分の観たあのドンズを一人で背負って立ってたマカナフのキレでした。

ドンズ主将、死に体のドンズから某ハマーズに二束三文で売られて不幸になってそんでカーディフ行ってそれなりかと思いきやカーディフもおもっくそ死にかけて、流れ着いた先がクリスタル・パレスだったのか。うーん。PalARSEは嫌いだがジョビが元気な姿は嬉しい。

ほんでPalARSE、嫌いなのにいいチームで来てやがる(涙
主将のマイケル・ヒューズのスピリットに満ちたタックルに運動量、とても71年生まれとは思えない。あ、コレもジョビ同様、元ドンズの魂だ(涙)

しかしなかなかアンディ・ジョンソンまでつながらず、つながった所で、巌のごとく水も通さないようなレディングのGKハーネマンが立ちはだかる。前半完全なオフサイドだったんだけど、オフサイドにも構わずすさまじい横っ飛びを見せた。

と思えば、パレスのGKキライも好セーブを連発。

素晴らしいGK同士で試合はガチガチに締まってた。

一方レディングはジョビに破られヒューズに中央突破されホールにサイド突破され、やや防戦一方だったが、最終ラインで踏ん張ったのは、もう、みんな。と、ハーネマン。個人的には7番のリトルの無駄動きが気に入りました(どーも無駄に運動量の多い選手って好きなのは業としか思えない)。

後半になると、パレス優位はかわんないもんの息をのむよなカウンター合戦だ。イングランド2部はこれだからやめられない!

突如やはり格の違いを見せ始めたのはパレスのアンディ・ジョンソンであった。しかし、レディングもボビー・コンヴェイを中心とするゲームメイクにとにかくキットソンが全身で飛び込もーともうみんなで雪崩れてくるワケですよ。

レディングの中央突破には容赦ないパレスの肉弾攻撃の雨あられ。

なんか長髪金髪の綺麗きちゃない人がパレスにいま・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アレは、もしや、ダレン・ウォードかあああああああああああああああ!!!!!??????

ぎゃあああああああああああああああああああああああああああ。きたねー!!!!!

「ペッカムのベッカム」と呼ばれたほどの元ミルウォールの美青年、ダレン・ウォードの美貌がああああああああああああんなに落ちてー。

あんなブスになったのはきっとボスのイアン・ダウイーの呪いだ。そうとしか考えられん。

64分、「赤毛差別反対」とかワケわからんアピールしたことで有名なデイヴ・キットソンが膝をいわせてルロイ・リタが入る。リタ、ちょいと精細ない感じするね、確かに。

んでもって79分、多分シドウェルだと思うんだけど真っ赤なレディング側のPA内でのハンドをお見逃し、セルハーストパークはブーイングの嵐。けっ、ざまーみろと思っていたら、今度はGKのハーネマンがもう申し開きのできないアンディ・ジョンソンへの足首タックルかましてしまいましてPKですわ。

ジョンソンは、PKをはずさん。

くそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

*サンダーランドのファンがクリスタル・パレスを許さない理由は言わずもがな2年前のプレーオフで審判とあっちのサポにひどい目に遭ったからっす。

しかし、わずかその2分後、リタから出たボールを、中央からハーパーが力任せに打つと、これが多分ゴール左に入ってもたと思う。ホントに強引な根性の勝ったシュートだった。これで同点!!!

ざまーみろパレスー!!!

しかしパレスはまだ強い。攻め続けられ防戦一方になるレディング、そして最後にアンディ・ジョンソンがGKのハーネマン至近距離からシュートを放つがこれをハーネマンははじく。

そのリバウンドをトム・ソアーズがまた至近距離から打つが、これはハーネマンがセーフ・キャッチ。

緊張感と意地に満ちたすげえ楽しい試合だった。

MOTM マーカス・ハーネマン (レディング)

Crystal PalARSE 1 - 1 Reading
Johnson 79 (pen)      Harper 81


Coca Cola Football League (Real League) | 09:40:12 | Trackback(12) | Comments(0)
チェルシー戦のレポがー
遅れてて申し訳ないっす。

そして何故だか今度の日曜日は、「未来のハマーズ」とか「未来のスパーズ」とか噂されてる子供を見にいきます。

「アシュトンとかフライアットとか、昔からプッシュしてる子は割とモノになってんで、あと残りはミルウォールのベン・メイだけだぜ、うちの子だって腐るほどマッカートニーマッカートニー言ってたけどやっぱモノになったしね、ちーと観る目あるとは言われてるんですよははは」

と、じょーだんで言ったらお前本気で観に来いということになりました。

わははは。

月曜日から一粒のマイナーも入ってネェ、よーやく立ち直りましたよ。

Sunderland Till I Die | 14:26:03 | Trackback(0) | Comments(0)
Wolves 2 - 1 Luton
こんな久々だったのかと驚くほどの久々更新ですが、
Wolves対ルートン、いい試合でした。マッチレポをいつものページに掲載しました。もしよろしければ、どぞ。

http://superblackcats.hp.infoseek.co.jp

一言でいえば、ポール・インス・デー。

しかし、がんばりにがんばりぬいた、ルートンの、GKベレスフォード、右ウィング、エドワーズ、中央のへたくそなキャプテン、ニコルズ、そして突破がすばらしかったShowunmi、体当たりなHeikkinen、ルックスがマーカス・スチュワートそっくりで、足の遅い所までマーカスだったアンダーウッド、ルートンの選手たちのがんばりに心打たれましたs。

Coca Cola Football League (Real League) | 23:09:21 | Trackback(1) | Comments(0)
マッティ・フライアット
いつか別館の「Players to watch」に書こうと思っていた子です。

管理人が横恋慕するブラックカントリーのサドラーズこと、ウォルソールの育てたストライカー。

一言でいえば、「嗅覚のある選手」と申しましょうか。

あんなしょもない選手ばっかの(失礼)サドラーズですから(といっても左ウィングはすごいぜ)、マッティ・フライアット、マット・フライアットは、全知全能神に見えるのです。

そして、U-19でも、その良さを余すところなくみせています。

自分がマッティをみたのは、自分の愛するチームが降格したシーズンに、スタジアム・オブ・ライトで、ウォルソールと対戦した時でした。

ウォルソール「ごとき」に手間取りました。

結構いけてた試合のはずだったんですがね。

そして二人の選手が非常に印象づけられました。

一人は、ライトバックのクリス・ベアード。これはセインツさんのサイトをごらんになればどんな選手か一目瞭然であると思います。

管理人は、「右足たるもの、喧嘩が強くなくてはならない」というワケのわからん信念を持っているのですが、ベアードという選手にはすばらしい負けん気と、そしてポール・マーソンの試合の読みについていけるだけの才能を見せました。あの試合、赤紙を食らったはずですが、ベアードは汚い選手じゃありませんでした。あれはホーム・ジャッジです。みてきた自分が断言します。

そして、もう一人、なんだか気になる選手がいました。リザーブからしょーもなくあげられたよーなひよっこなストライカー。

それが、マッティ・フライアットでした。

歯が立たないはずの相手に、フライアットの動きはすべて無駄に見えていたのですが、このこはブレイクするなと思っていました。なぜか、コリン・リーという監督は、先の見えない将来を見抜くのがうまい監督じゃないのかなぁと思ったりします。リーの選んだ選手、目先の結果は出ないのです。

しかし、リーがいなくなると、そのポテンシャルが開花する、おもしろい監督なので、彼のとりたてる選手はいつも注目しています。

マッティ・フライアット、ベン・メイ。

管理人(とコリン・リー)の愛した「未来」の選手たちでした。

そして、マッティに、レスター移籍が決まったようです。レスターという、とてつもないビッグ・クラブにおいて(一度ベスコットとウォーk-カーズを比べてごらんなさい)、フライアットがどこまでやれるか知りませんが、どうか、フライアットに幸あらんことを。

わたしはなんだか、フライアットとメイの対決が楽しみなんですよ。

ちなみに、フライアットですけどねー。
プレースタイルは、今のマイケル・オーウェンの集中力の続かない感じを想像すればわかりやすいんじゃないかなぁって思います(ほめてます)

レスターファンの皆様、マッティ・フライアットを、どうかよろしくお願いします。

Coca Cola Football League (Real League) | 03:44:19 | Trackback(0) | Comments(2)
介護保険の現実
要介護度5。 最大級の介護を必要とされるものです。 わたしの家族が自宅で老人を介護するために選んだ介護サービスは、「おむつ替えのサービス」と「週1の入浴」だけです。 当然最大級の介護保険が使えるわけです。 頼んだことはたったこれだけ。 そして国の保証は最大級のはず。 自己負担額、いくらになると思いますか? いいですか、国に保険を肩代わりしてもらった後の賞味の自己負担額ですからね。 正味ですよ。 自己負担だけんね。 それは、 20万円弱ですよ。 介護保険で自宅介護なぞタダだと思ってるバカが多いので怒りのあまりに書かずにおられんのよ。

Non-genre | 21:26:58 | Trackback(78) | Comments(0)
すんません無理なもんは無理でした
ワタシ自信不幸自慢やら鬱自慢というのは嫌いなのでいいたくないのですがまぁ近況を心配してくださる有難い方が多いので書くことにいたします。

結論からいえばセルシンデパス断ちは今の段階では無理でした。

ここしか逃げ場がないのに、退路を断つ家族はおくすりに逃げるということを許さないわけなのですね。

ワタシはメジャーコレクターではありませんしSSRIで激太りした経験があるので、マイナー命なので、おくすりよくご存知のことは、マイナー命のワタクシがそうそう南条あやになれるワケもありませんでして。

んでも親という生き物は、そういうおくすりを嫌うようで、おくすりに逃げるのは逃げだと、しかし、退路を断たれた人間は、どうすればいいのですか、逃げるのですか、戦うのですか、自害するのですか、

それしかないんですよ。

介護家族を支えるにあたり、戦うと自害という選択肢は消さねばなりません。ですから、逃げることにしました。トイレで、試着室で、道ばたで、見えない所でくらいマイナーかまさせてくださいよ。

それに、わたしには、ワタシを待っているまっけむの人たちがいます。ある日、電車の車輪の轍を眺めていたとき、轍の下の肉塊になりたいと心底思いました。しかし、その時、私を待ってくれている、まっけむの、そして、「家族」とまで言い切る、友人の顔が浮かんだのです。

彼らに会うまでは死にません。銀ハルのおまじないをかけて。

そして、アルカに会えるまでも死にません。

大丈夫です。

大丈夫じゃないようですが、大丈夫です。

明日は「うしおととら」を全巻読みに行く予定ですが、何か、ほかに、よいマンガがあれば、お教えくださいませ。

がんばりませんが、マダ死ぬわけにいかない(by プリプリ)です。

明日、頭ぱっちこの抜糸してきます。

Non-genre | 00:57:25 | Trackback(0) | Comments(2)
頭ぱっちこ詳報
どうやって頭を割ったのかわからんという疑問が来ましたので、これについてだけお答えいたします(レスは相変わらずすいませんまだボケてますすいません)

えーとですね、わたしさすがにストレス溜まっておりまして、おくすり使って寝てるワケですね。んでチキンな私は神経科には行かずに内科くんだりでハル出せハル出せ(ハルシオンのことです)とせっついてるのに、「いやーん健忘ー」という内科医のせいでとりあえず出されたクスリがこんな感じで

・デパス0.5mg 評価:なんですかコレはサプリですか
・テトラミド 何ミリか忘れた 評価:腐ってもメジャー(4環)。起きれないクスリは困るんじゃボケ二度と出すな!!
・レンドルミン セルシンがわりにポリポリかじるクスリじゃないんでしょうか
・リスミー2mg レンドルミンに同じ
・エヴァミール 2mg レンドルミンに同じ

・・・うがー。

朝飯食わせて昼飯食わせて夜飯くわせて自分の時間殆どないんだから休息の時間くらいくれよーと思いながら見つけた眠り薬がデパス2mg+フォアロゼ2ショット(普通の皆様は絶対やってはいけません)だと寝られることに気づき、それで熟睡してたワケですが、

ある夜尿意を感じてデパスとフォアロゼでふらんふらんの頭で立ってトイレにいって帰ってきて、そして熟睡。

しかし起きてテメェの面を観た所わーいブッチャーだー!!わはははははー。

と笑いまくってたのは、まだデパスが利いていたのか酔っていたからなのか。んでデパスは喉が渇くんで、そこにあったウーロン茶の残りを飲んだ・・・はずが、実はフォアロゼの水割りでした・・・・(大汗

はっきりゆってなんで頭が痛いのかもわからんのですよ。ということで実況見分は後まわしにして、生血をたらたらと頭蓋骨晒しながらジジイにメシやって無理矢理タクシーに母親に連れ込まれている間、残されたうちの父親が血の痕を辿りながら実況見分を行ってたよーでございまして、出た結論は、

「ベッドの木枠のカドに額上を強打、猛烈な出血をしたものの枕に倒れ込んだために止血」

だそうでございます。

どうも気にかけてくださった皆様、

こーゆーマヌケな事故で申し訳ない。

てなわけで命の危険を感じ、セルシンとデパスは絶ちました・・・

可愛く銀ハルにでもしておきます(どこが可愛いねん)

おそまつ!

Non-genre | 02:35:10 | Trackback(1) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
12月 « 2006/01 » 02月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。