スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
だから次に来るのはベン・メイなんだってば
友達から「今日来ないの?今ダーラム!!」という携帯メールが入る。

・・・・そうそう火曜日にロンドンからサンダーランドまで・・・・ 行くんですよね、あなたたちは・・・。チケ大人5ポンド子供1ポンドで 完売でお祭りだとか。

しかし自宅待機でくそパレスとリヴァプールの試合を観る。 くそパレスながら、なかなかいい試合をやっとって、 今ノリにノッてるダニー・フリードマンの美麗根性ゴールなんか みてしまうとこのままパレスイケイケとかガラにもなく思ってしもて、 そしてマーコ・ライクorマルコ・ライヒのヘッドが炸裂。 あー、あれ昨季ダービーにいた選手だよなぁノリすぎだよなぁと 思ったらはせがわ氏が案の定泣いていた。

ダービーといえば、スパーズに行ったはずのトム・ホドルストンが 何故かウルヴズへのレンタルになっており、 また何か画策してのスパーズの下部搾取からのトンネルレンタルに 怒りがおさまらない。スパーズは死ね!!

んで、カーリング速報をみていて、 ミルウォールのファースト・スコアラーの名前にガッツポーズ。

そう、それは、ベン・メイ!!


管理人全力で萌えてるメイですよー

カール・アサバのクロスにあわせたらしい。 それを聞いただけでみたくてみたくて夜中までSkysports Newsにはりついていたが、

マンスフィールド対ミルウォール戦だけ映像がありませんでした。

ドンカスターみてたらショーン・ソーントンもいたというのに(号泣)

古くからこのサイトを贔屓にしてくださってる方はご存知でしょうが、 クルー時代のディーン・アシュトン、(ハートリプールのアダム・ボイド)、PNEのデイヴィッド・ニュージェントと「これは来るー!!」と叫んだ 管理人の萌えストライカー達、そして最新の萌え物件がベン・メイなのだ。

あぁメイみてえ(涙)

無駄にメイ待ちしてる間に、何度も何度も繰り返される クソのつくよなサンダーランド対アーセナル戦の虐殺ショーに 「アルニックちゃんのバカー!!」と何度泣いたことだろか。

マンスフィールド・タウン 2-3 ミルウォール

サンダーランド 0-3 アーセナル

スポンサーサイト
Fittest Manager and Millwall | 10:38:25 | Trackback(0) | Comments(0)
告知ー
私はレスター予想で商売できるんじゃないかと最近思っています。

ほれレスター予想また当たりだ。

ただし、レスターしか当たらないのです。何故か。

あと、別館を久々に大量更新しましたのでどーぞ。

本当は、復活したタイン・ウィア・ダービーについて書きたいので、 今、ちょっと頭が痛くて、ただ、掲示板に書いた内容をもって、 今日の所は、おしまいにしておこうかと思います。
    復活したタイン・ウィア・ダービー@SJPは、素晴らしい試合でした。

    審判は完全にニューカッスルよりで、アメオビの2点目は腕で入れています。

    そしてリアム・ローレンスがPA内で倒されたのは間違いなくPKでした。

    それを差し引いても、素晴らしい試合でした。

    というか、今シーズンの、プレミアのベスト試合です。

    間違いなく彼らは、今季、プレミアをつまらないとは言わせない、最高のパフォーマンスとエンターテイメント満載の素晴らしい試合を見せました。

    私はサンダーランドと出会えたことを、とても誇らしく思っています。

    そして、これほどの素晴らしい試合を放送しなかった、日本のスカパー死ね。
明日マッチレポ書きますよ。

Coca Cola Football League (Real League) | 05:20:24 | Trackback(0) | Comments(2)
リーズ・ユナイテッド 1-1 シェフィールド・ユナイテッド
顔にぶわーっと吹き出物が出た上にメシ食う相手が風邪でダウンしてさんざんで おうちでSky観戦。最近ホンキで体調おかしい。トシか。そうか、トシなのか。 デカい試合、つーかこれ、ヨークシャーダービーでっか?なので録画する?と友達に聞いたら

「ウォーノックの顔を観たくないのでいりません」

なんか最近私の周囲全部監督の顔で動いてる気がしますよこんばんわ。

てなワケで別館更新。そっち観といて。

あああああああああああああああああああクルーがカーディフごときに6-1で虐殺されました。 具合悪くなったので寝込みます。

ついでに、えーと、 ワトフォードのアシュリー・ヤング、本物です。 凄まじいファンタスティックなロングレンジのシュートを連発する子なんですが、 この手の子にありがちなフカシ癖があまり見えなくて、 なんてんだろ、蹴ったボールの弾道の曲線がなめらかなんですよ(あぁまたわかんないこと書いてるって言われそう)

ミックにステッドに2m足してワトフォードからアシュリー・ヤングを譲って貰えと伝えておくつもりです。

Coca Cola Football League (Real League) | 04:24:38 | Trackback(0) | Comments(0)
火曜日の試合にちょろっとツッコミ
風邪ひいたよー。のどいたいよー。治らないよー。

ミルウォール 0-4 シェフィールド・ユナイテッド

あぁコリン・リーってば超美形(ヤケ)!!ブレイズについてはコメントないのかよ!!ねえよ!!

人間あそこまでサンドバックになると悟るのか、試合後の ミルウォール監督コリン・リー、静かに微笑まれておりました。

ハル・シティ 1-1 レディング

うちの子クリス・ブラウンが、中央ぐちゃぐちゃのトコから決めてくれましたよー!!

リーズ・ユナイテッド 2-1 サウサンプトン

ハルス大当たり。そしてセオ・ウォルコットくん初ゴールおめでとう! ウォルコットくんは本当にウォルコットくん「らしい」中央の 力づくゴリゴリドリブルからそのまんま持ってって中央からゴール!! あれホントに17ですかアレ。

セインツ、次、ミルウォールとデンでなんだ・・・デンでなんだ・・・観に行こうかな(ぼそ)

明日治ってたらレディング対イプスウィッチのマッチレポでも書くかしらん。いてええー。

しかし余談ですが、私のレスターの勝ち負け予想は恐ろしいほど当たります。「バーンリーに勝つのはムズいな」とどこぞで発言してたハズなんですが、やっぱりでした。しかしまぁアキンバイイにやられる辺りがもう泣いても泣ききれないとゆーオチで深く哀悼申し上げます>レスターのファンの皆様。

それではレスター予想の第一人者(自分で言うな)が 予想する次の勝敗。えーなに、次コベントリ@ミッキー・アダムズとの対決?多分2-1っぽいスコアでレスターが勝つと思います。

そして本日の白眉は、ソーゼツ片思いライバルの クリスタル・パレスにアウェーで 勝利を挙げたブライトンでありましょう。ブライトンごときに 負け腐ってざまみろパレスー!!
(お約束ですがサンダーランドサポはプレーオフの恨みで パレスが死ぬほど大嫌いですつーか自分もあの ミスジャッジプレーオフのあそこに居たんだよバカ審判ー!)

Crystal PalARSE 0-1 ブライトン

うはははははははは。ダウイー大激怒してるらしい。

しかし喜んだはいいが、これでボトム3が、クルー、ミルウォール、水曜日に なっちまったよ。喜ぶ所か(涙)

ぶろぐ版のみリッチー・カーペンターの試合中のサービス・ショット
richiecarpenter.jpg


Coca Cola Football League (Real League) | 07:46:30 | Trackback(0) | Comments(0)
代打ネタ
ネタがないのと、超無理なまんゆー戦遠征のために、 管理人体調崩しましたので、大量意味なし更新つーことで、「おやじの花園審美委員」との対談を垂れ流しです(安易) でも、フットボールをネタに、くだらないことをネタにだらだらと くだらない話を延々とすることが、とても楽しいのですよな、管理人は。



管理「どうでもいいですが「おやじの花園」が: 英語系掲示板に晒されてました・・・そして、絶賛大不評でした・・・」

審美「いいいじゃん! バカページなんだもん」

管理「しかしジョゼだけはわかる」と書かれてましたが」

審美「わかるんかい!」

管理「しつこいようですが、 でもあのメガネかけたミルウォールプログラムに載ったリーは、 各方面から素敵なおじさまじゃない!って反響ありましたがついに!(ぐっ)」

審美「あのリーは反則でしょう」

管理「ミルウォールのプログラム開けると見開きであの写真でし」

審美「わかってらっしゃる(笑)」

管理「あ、ロイ・キーン、代表引退しましたか」

審美「えーじゃあホランドさん辞めたら 愛蘭二度とダメなんじゃないでしょうか」

管理「なんかオレアリ愛蘭にきそうですよ。 今インタビュー流れてるけどべりーべりーまっちいんたれすてどいんとかゆってます」

審美「オレアリの師匠ってじょーじぐれあむさんなんですよねえ」

管理「そういや今ヴィラおかしいんだ」

審美「わすれてましたが、ケヴいましたね」

管理「ヴィラのディフェンス、タコばっかで観てられませんよ。 それにケヴ&バロシュ&アンヘルはプレミアのホームラン王ですみたいな」

審美「誰が点いれるんですか」

管理「バロシュのまぐれ

審美「わーリバプール以下。わーはじめてヴィエラのユーヴェを観ました(ただいま セリエが流れております)」

管理「ヴィエラがゆーべ・・・」

審美「フィーゴいんてる

管理「慣れないが・・・」

審美「ネドヴェド絶好調」

管理「なんか絶対チェルよりユベのほうがおもしろそーですよ」

審美「はいこの試合はおもしろいです(笑)観れないですか?」

管理「うち観れるのはスカイ1-3とSSNとEurosportくらいで。イタリア全滅です。 あ、すいません、なんかまんゆーフルチームできそうなんですけど」

審美「多分ルーニーがでるのではないかと・・・あとパクさんが・・・パクさんすごいですよ」

管理「観た観ためちゃくちゃすごかった」

審美「なんでサンガなんぞにおったんかと(笑)」

管理「パクさん、あんなテクあると思わなかった」

審美「正直すまんと思いました・・・ 人間は顔じゃねえなと反省しました」

管理「あれイングランドで観て楽しい選手ですわパクさん」

審美「もうあんだけすごいとどうでもいいです顔 。はやくパクさんに点とらせてあげたい!!」

管理「ルーニーとパクさん、あぁビジュアル的に素敵なチームですね。 ルーニー&パクさんに対抗して、イングランドいちイケ面ファンタジー左サイドコンビリンゴ&アルカ を見せたかったのに」

審美「次回OTでよろしくです。で、今回はどうですかねサンダーランドさんは」


ジョージ・リンゴ・マッカートニー


審美「ぎゃっ美人」



管理「ある人に『ベニスで死ねます』と言われました」

審美「ヴィスコンティもいいですが、これはアナザー・カントリー出られますね。 主人公の寮がガスコイン寮、寮長がファウラーの映画(マジ)」

管理「うはははは」

管理「あ、テレビにカービシュリー出てますよ」

審美「あの人ウェストハムいませんでしたっけ。あ、いたー!!わははははははははははは。」

アラン・カービシュリーのウェストハム選手時代

管理「これ笑えますね。今のほうがいいですねカービシュリー」

審美「いまのほうがいいです(きっぱり)へぇ。ウェストハム→バーミンガム→ヴィラ→ブライトン、だそうです」
管理「ブライトンに流れつく頃には、いまの顔になってますね」

アラン・カービシュリーのブライトン時代

管理「ウェストハムといえば、イーストロンドンだと SENRAB FCというのと、ダガーズが 若手の産地として有名で、ウェストハム前に通る道はこの2クラブみたいです」

審美「あ、そこでみいだされて アカデミーはいるんか」

管理「テリーがSENRAB出身で デフォーがどっちか。 キングもSENRAB」

審美「しかしイーストロンドンの思い出は「ここロンドンじゃねえ」でしたが」

管理「うん、うちのあたりベンガル語だよ。あれバングラデシュね。 ベンガルと黒人とベトナム人しかおりまへん」

審美「ホワイトハートレーンのあたりも 「ここどこなんだろう」でしたが」

管理「あの辺りはギリシャ人街ですな」

審美「ああそうそう!ギリシャ文字いっぱいみた」

管理「あーやっぱダフ要手術5週間。 何もないトコで膝抱えるって一番やばいんだけど案の定」

審美「ロナウドもそんなんでしたよねえ。: 2年かかったアレ」

管理「降格した時のクラウディオ・レイナもそうでしたよ・・・ レイナとともに終わりました・・・」

審美「ワールドカップのせいで・・ 疲労したのかなあ」

管理「フレブ2ヶ月、ダフ5週間、ソル・キャンベルよくわからんが故障。ワールドカップ予選で、ひどいもんですね」

飛び入り「ダフ重傷手術ですら痛くも痒くもないクラブがいますよね」

管理「ダフほどの選手が故障して痛くも痒くもないチェルシーというのは・・・2とジョーカーばっかで大富豪してる感じですかね」

飛び入り「残機無限でシューティングゲームも近いですね」

管理「うぎゃああああああああああああアルカ、まんゆー戦出場でけません!!

全員「うわああああああああああああああああああああああ」

管理「つま先ヒビ入ったアレですね。アルカちゃん壊したら一生取り返しつかないくらいなので欠場やむなしです。重症じゃないようですが・・・」

飛び入り「アルカって、ボール持ったときに観客席の視線をひとり占めできる選手ですからねぇ」

管理「でも、そういう選手がいるって幸せですよう。昔のチェルにはゾラ様がいた。 今のチェルシーファンは、はたして幸せなのかなぁ」

飛び入り「一番年寄りになっても一番ゾラが凄かったし一番走ってた。 チェルシー、あれだと 本見ながらの詰め将棋と一緒になっちまいますね。拳握ってエキサイトする瞬間を愛してきた人間としてはちょっと居場所ないですわ」

管理「すいません、明日行きたくなくなってきました・・・」

審美「しっかり!!酒が待ってます!!」

管理「あーイプスウィッチ対レディング日曜日に放送あるんですね。録画してビデオ送りますから、今のイプスウィッチ観て泣いてください。」

審美「泣きます・・・ホランド、イプスウィッチにもどりたいってゆってたけど・・・」

管理「あぁそうだミルウォール対イプスウィッチのダイジェスト、久々に自分の中で大ブームになったミルウォールのベン・メイお見せいたしますので、ご覧ください。 ただ両方守備ひどすぎですのでそこはご容赦。」

(しばし、ミルウォール対イプスウィッチ戦ダイジェスト鑑賞中)

審美「すいません崩壊以前にどっちもDFいませんが」

管理「イプスウィッチ、もともと終わってた守備が更にひどくなるわ、 やけくそミドルも打てなくなるわ、レディングに勝てるとは正直思えませんが・・・」

審美「メイ、すげえファンタジーですね」

飛び入り「フルタイムで観たいですね」

管理「メイ入るとスタンディング・オベーション起こりますからね。この子クラウチのいい時みたいなんですよ」

審美「クラウチ、最近全然印象うすいですが」

管理「あれセインツでまぐれ当たりしただけだったんだろねぇ」

審美「うわあ禁句!」

管理「それにしても明日行くのやだー」

審美「ギグス観てきてくださいよ。アゼルバイジャン戦のゴール凄かったですよ」

管理「リアルキャプテン翼でしたね・・・あのタックルをすり抜け飛び越え」

審美「あ、まんゆーオフィシャルで、サンダーランドのお子が 『まんゆなんてこわくないぜ』って。このこ誰ですかね」

管理「アルカとバシラ欠いてそういうおめでたいこと抜かす選手いるんですかねうちに、どれどれ・・・・」

まんゆなんか泣かせてやるというサンダーランド選手の発言@まんゆオフィシャル

審美「だれですかこれ」

管理「ガナの子です。さすがガナの子、対まんゆにかけては、 頼もしいです。ジャスティン・ホイト。借りてます」

審美「ガナの子・・・(笑)よくわかった。でも、がんばってくれるかもしれませんよ!

管理「まぁ2-1でまんゆっつーことで」

審美「でも、なんかまんゆもうっかり負けそうで(笑)」

管理「うっかりですか、うちは」

審美「ああすいません・・・」

管理「バックパス癖のあるノズワージーに、 プレミアいち足の遅いCBブリーンに、チャンピオンシップでも得点王になれないのが確定の エリオット&グレイの2トップにうわああああアルカ抜きでまんゆ戦なんざいきたくねえ」

審美「がんばれ、酒が待ってる!!」



追記:ニューカッスルに行くのに7時間かかりました。

風邪引いて死にました。

Non-genre | 01:20:50 | Trackback(11) | Comments(5)
アイルランド、ワールドカップ2006ドイツ大会出場絶望に
スイス戦、サンダーランド・ユニ着て応援しようとソファの上に座ったら 高熱のためそのまま死んでしまい、 気づいたら「Ireland Out!!」というSkySportsで目が覚めましたよ。

アイルランド、スイスと引き分けたのねん。

そんでフランスはジネディン・ジダン様(エヴァートンの 偽物ジネディン・スキルバーンではなく本物のレアル・マドリッドのひと)が なんか本物だけにえらいこっちゃだったらしく、アイルランドが青息吐息で よーやく勝ったキプロスは4-0で虐殺でフランスのワールドカップ出場決定、 そしてスイスがプレーオフ進出と、まぁ仕方あるめーなと 意外とさばさばした顔のリチャード・ダンのインタビューを観ながら思っていた。

Disappointing。それだけだろう。

そして、一夜明けた今日はひたすらFAIが騒がしいらしい。

ワールドカップ出場を逃した代表Brian Kerrは、 引き続き指揮をとる所存だが、FAIは後任を連れてくるハラらしい。

んで、どーでもいいんだけど、

このアイルランド代表監督Kerrの名前の発音ですが、

ナイアル・クイン様は「けーる」

と発音していたことは以前書いたかと思いますが、

Sky Sports Newsのスタジオのアナウンサーは 「かー」

と発音し、

Sky Sports NewsでFAIの前からの実況アナウンサーは 「けあー」

と発音。

SSN1チャンネルで僅か10時間で実に3通りの発音聞きましたよこの人の名字。

英語圏の名前の人なのにこんだけ発音が違ってら。 いったい、何をもって現地発音としたらええんやろ。

Skyに抗議する人おるんかね。おらんやろね。

んじゃ、よっぽど酷くない限り、やっぱ発音にこだわるのは あんま意味のないことじゃねーかと思うですよ。

偽ジダンくんこと、「きるべいん」は、有り得ないから、酷いけど(笑)

さーて。

そんでSSNで流れたFAI最新レポートをかいつまんで紹介いたしますと、 下に行くほどショッキングな話題になりますので、 約2名のアイルランド贔屓の方は、深呼吸してからご覧になってくださいまし。

  • ケアーだかカーだかケールだかの 代表監督の後任にアストン・ヴィラのデイヴィッド・オレアリの 名前が挙がっている。

  • マット・ ホランド様が代表引退を真剣に考えている

  • 代表監督の後任に WBAのブライアン・ロブソンの名前が挙がっている。



    おいこらFAI、ロボだけはやめとけー(絶叫)

    ロボは絶対ミックより頭悪いわー!!!

    それにロボには監督としての情熱を感じない。 ケールだかカーだかケアーに足りなかったのは、 暑苦しい情熱だったと思うのだ。

    いや前任が暑苦しくて石頭でどーしょもなかったっつーのを差し引いてもさ。

    わたしは今季、ミックの発言で一つ拍手したくなったことがある。 ミックのロボ批判だ。

    「前回WBAがチェルシーと当たった時、チェルシー相手だからって、 (主力を全員休養させてリザーブチームを出したので)、 WBAは最初から試合を捨ててたが、俺はそういうことだけは絶対しないぜ。 チェルシーだろうがどこが相手だろうが俺の所は全力でいい試合をみせるだけだ」

    結果は2-0でチェルシーにやられたのだけれども、 WBAのように無様な試合は見せなかった。 そうだ捨て試合なぞ作って無様な試合を見せたらサポに失礼だ。 ミックのサンダーランドは、 実際、チェルシー相手に前半だけでも互角の試合を見せて、そしてあの前半は ある程度選手達の自信にもなったと信じている。

    最初から試合を投げるような監督にだけは、アイルランドにゃあ来て欲しくない。

    しかし 買い物大好きオレアリくんが、買い物できない代表でどれだけ出来るか ってのも、なかなかビミョーな所かもしれない。

    ミック・マッカーシーは、ある程度の成功を見せた監督だと思う。

    ミックはアイルランドの代表監督になる前に、どーゆー成果を残したかって?

    ミルウォール降格させてミルウォールサポに死ぬほど恨まれてただけですよミック。

    デンに行くたびに飛んでいた「you fuckin Yorkshire twat」「Wanker」の 罵声がミックのミルウォール監督時代の トホホぶりを示している。

    つか、ミックとサンダーランド・サポーターの集いがあった時に、 一人ミルウォール・サポがやってきて、 最前列でミルウォールのユニ着てガン垂れてミックをビビらせて ましたからね。ミックも「わかったわかった恨んでるんだろ」と ひきつり笑いながら答えてましたが。

    ホント、よく考えたら、 よくもあんなキワモノ抜擢しやがったな ジャッキー・チャールトンの暗黒爺ったら、って思う。 それも「ミックは根性があったから」という理由だけらしい。

    と、ここまで来ると結論が出なくなってしまうのだが、 アイルランド代表チームは、現在、パラダイム転換の時期に来ているのか、 それとも暗黒爺石頭の系譜を復活させるのか、 なかなか興味深い所ではある。

    そして、約2名のこの日記をお読みになっている、 アイルランドファンのお方がた、おつかれさまでした。

    Republic of Ireland 0-0 Switzerland

  • Footy (English General) | 20:53:51 | Trackback(0) | Comments(4)
    モウリーニョのチェルシーが否定するもの
    「プレミアがつまらない」

    どこでも聞く言葉だ。そして、誰もがその理由を金銭的に肥大化しきった チェルシーに求めている。

    チェルシーに金があるのが悪いって?ラニエリはいくら金があっても ダメだったじゃないか。

    その通り。

    金だけがあるのが問題ではない。問題は、金と、モウリーニョと、 揃ってしまったことなのだ。

    モウリーニョの言動は、常に挑発的に聞こえるが、よくよく聞くと極めて正論。 外に向かって行う挑発は、ツッコミどころがないくらいに正論なのだ。 そして、「プロなんだからポイントを稼げば良い」その通り。 そしてやることはとても真っ当。

    「全てのポジションに同じレベルの選手を2人ずつ配置」

    このために、誰が故障しようが関係ない。誰がいなくなろうが、 常に勝てる形が作れている。

    アーセナルなんてキャンベル死亡でさよーなら、 まんゆーもリオ死亡であわあわわ、 強豪クラブであっても、もう「スーパースター」が、一人死んだら終わってまう。 チェルシーはそういうことが一切ない。

    ここで強豪2大クラブの将、ヴェンゲルとファーガソンのことを思い出してみるが、 彼らの作るクラブには、チームに誰にでもわかる 「あからさまにわかりやすい穴」があるかわり (二人揃ってDFとGKの趣味悪い)に、 「あからさまにわかりやすく楽しい強さ」 (アンリとかルーニーとかガナのパスまわしとかまんゆのアーリークロスとか)というものがチームにあるわだ。

    そしてファーガソンやヴェンゲルのコメントは、オトナゲなかったり不条理だったり。 あいつらが正論吐いた所を観たことがない。挑発は挑発で不条理だ。 不条理な挑発に大人気なく怒り出す。

    とにかくヴェンゲルの発言って好きなのだけれども、 「何もかもファーガソンが悪い」「私は観てませんでした」とか、 あんな知将に見えて、実際知将なんだけど、 彼の発言って、めちゃくちゃで何の根拠もない不条理だ。 ほんできーっと感情が前に出るファーガソンのやりあいは、 お約束というかもう不条理の様式美でそれはそれで楽しい。

    むちゃくちゃな不条理とか、感情とか、すっこーんと空いた穴のかわりに、 飛び抜けてるものとかが、あわさっているから、 「フットボールにゃ何があるかわからない」感を与えてくれる。 アーセナルの無敗記録の時に、「アーセナルつよくてつまんねー」と言った 人たちはいなかったはずだ。「パスまわしすげーアンリすげーベルカンプ様さいこー 仕方ねーこうなったらどこまでも記録伸ばしてしまえー」と、 あのスペクタクルなパスサッカーに素直に感動した人は多かったはずだ。

    そして同時にレーマンやシガンさんなどの頭痛物件もある。

    ヴェンゲルなんとかしろよ。なんとかしない。穴は穴のまんま空きっぱなし。

    飛び抜けたものがあればぽっかーんと空いた穴も同時に存在する。 それがフットボールなんじゃないかって。 それがイングランドのいい加減イケイケアタッキングフットボールの おもしろさなんじゃないかって。

    そもそも、常に強いチームが勝つとは限らない、 どんなチームとやろうが、「絶対」ということはありえない、 それがフットボールのおもしろさの本質でありましょう。

    しかし、「モウリーニョのチェルシー」というクラブは、違う。 全てが予測可能で全てが正論で固められてしまい 全ての穴という穴がふさがれている。 そういう一分の隙もないチームが危なげなく3ポイントを積み重ねていくということは、「フットボールそのものが否定されていく」 という過程にすぎないのではないか、という思いが、 どうしてもぬぐえないのです。

    Footy (English General) | 08:00:58 | Trackback(0) | Comments(0)
    バリー・ファーガソンの涙とスティーヴン・エリオットのけろけろと
    なんとなくネット環境が変わると更新がやりにくい。

    週末はインターナショナル・ウィークで、 殆ど観てなかったんだけども、ミラーふかしっぱで、スコットランドの ワールドカップ出場の夢が潰え、もうボロボロに泣いて 顔崩れまくってたバリー・ファーガソンにもらい泣いた後、 とりあえずうちの袖くんこと エリオットが決めてくれて、うれしゅうございました。

    エリオットのインタビューの後、ギヴン(1本神PKストップ、 神セーブもう一本)を出すのはSkyさんやめてんか。

    使用前:エリオット
    使用後:ギヴン

    に見えてたまらんわ。

    ホントにあいつら、よう似てるよな・・・。

    しかしインターナショナル・ウィークだと、主食のDiv1こと 2部ことチャンピオンシップの放送がないので悲しいのだ。

    チャンピオンシップ分をビジュアル的に補給いたしましょうということで、

    いつも通りのオチで落とすことにいたします。

    某チャンピオンシップのボトム3にいるロンドンの 某クラブの監督近影なりです。

    leemillwallprogram.jpg


    Fittest Manager and Millwall | 06:39:19 | Trackback(0) | Comments(0)
    酒バトンとかゆーのを拾ってみた
    【1】今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
    禁酒はじめました。

    【2】好きな銘柄は?
    Stella Altois (ベルギー・ビール)
    アルコール度5.2%、強炭酸。

    Hooegarten (ふがーてん、ヒューガルテン、ベルギー・ビール)
    白にレモン浮かべてアペリティフ感覚で。イギリスのパブだと「ふがーてん」って言っときゃ通じます。

    Peroni (イタリアビール)
    ちょっとフガーテンに似てるんで好き。

    Murphy's (アイルランド、スタウト・ビール)
    アイリッシュ・スタウト。つまり黒。コーク周辺でしか飲まれない酒だそうだが甘めで旨い。つかマーフィーズのほうがギネスよりハズレが少ないといつも思う。

    Guiness (アイルランド、スタウト・ビール)
    ギネスの美味しいお店ってなかなかない。

    【3】最近最後に飲んだ店は?
    多分火曜日のコベントガーデンのパブだと思うが、あれは飲んだうちには入らんな。ハーフだし残したしその後大人しく水飲んでたし。

    すると、あ、ミルウォール戦、ミルウォールホーム側に座る前に景気づけに入ったロンドン・ブリッジのパブだ。フガーテンにレモン入れてもらって「わたしはライオン」とひたすら唱えて一人で酒を煽っていたら度胸がついた。

    んでも最近一番思い出に残ってるのはハートリプールのパブで飲んだこと。ハートリプールのパブでクソがつくほど泥酔してサンダーランドユニで踊って顰蹙だかなんだかよくわからないウケを買う。

    【4】よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
    1.Stella Altois (ステラ・アルトワ、ベルギー・ビール)
    昼間から食らってると、「強い酒飲むねー!!」って怒られる。昼から飲むもんじゃないらしい5.2%強炭酸。
    「5%以下の酒はゲイだ」とか言うヤツに責められた。
    ビールだけで泥酔してナショナル・ギャラリーの前で寝てたというお前に言われたかない。

    2.Leffe (レッフェ、ベルギー・ビール)
    ウィガンに「何故ウィガンに!?」と思わせるそれはそれは素晴らしいパブがあり、そこで自分はレッフェ飲み(確か8%かなんか)、知人はストロベリーのベルギービールを飲みウィガンでそこだけ切り取ったかのよーに優雅にクリケットのAshes鑑賞。アレがあったから本題のフットボールがクソ負け試合でも平気でいられたもんだ。

    3.Caffery's (カフェリーズ、アイルランド・ビール)
    世界最大級のヘタレビール。
    4.8%あった時はうまかったのに味のイメチェンとかゆって4.2%にしたら味ボケてまずくなったことまずくなったこと。クリーミーで泡がきわめて細かくて優しい味が完全に裏目に出る。もう飲まねぇえ。これも確かアイルランド・コークのビールだったはず。

       昔好きでよく飲んでたら、「カフェリー飲んでダブリンに行こう」キャンペーンでパブに貰ったスクラッチカードこすったら大当たり。
       わーいーわーいタダでダブリンに行けるって喜んでたら、凄まじい強行日程ツアーだったことに気づく。
       ↓
       「昼1時ウェールズのホーリーヘッドに現地集合」
       は?ホーリーヘッドまで行かなきゃダメなの?つかあのゲロ安いフェリーかよ!!
       ↓
       ちょっと待てホーリーヘッドまでは4時間以上かかるぞヘタすると!!
       コワイので始発に乗ってクソ寂しい港町、ホーリーヘッドへ。
       ↓
       ヘロヘロになってついた所で、今度はフェリーで3時間半かけてダブリンへ。同乗の連中船酔いで死んでる。
       ↓
       ヘロヘロになって確か4時過ぎだか5時過ぎにダブリンについた所でなんか山奥の学生寮に連れていかれる。つまり、随分とお安いお宿に突っ込まれたってことだ。
       ↓
       んで腹減ったーとぶーぶーゆってたら、「学生寮なので飯は出ません。腹減ったらこの箱の中のTWIX(ゲロ甘いクッキーの上にキャラメルかけてチョココーティングしたもの)かウォーカーズ(お馴染みポテトチップ)を好きなだけおとりくださいませ」と言われる。・・・なんか景品としてはあまりに安い旅じゃねえか。
       ↓
       チョコ食ってへろへろしてたら、今度はマイクロバスに乗せられてどこぞのクラブに連れていかれてとりあえず飲み放題踊り放題とゆーダンス・ナイトが繰り広げられていた。えーとね、わたし踊るのキライなんですがあのおおお。
       ↓
       ヘロヘロだったので2パイント飲んで撃沈ではやめのマイクロバス乗って帰る。
       ↓
       次の朝ヘロヘロで起きたらその日はダブリンで自由行動だが、帰りのフェリーは4時ですってのよ(涙)ダブリンの中央で放り出されて与えられた観光時間はたった6時間。
       ↓
       ダブリンの街を半泣きになりつつしらみつぶしで歩き回って死にかける。
       ↓
       ダブリンにいたのはわずか23時間。

       あのダブリンはなんだったのだろうと、その時は思ったが、今になると、そのクレイジーさがいい思い出になっている気がする。しかしダブリンで何を観たか、おぼえちゃいねえ。


    ●以下トラウマ物件

    4.サングリア
    最大級のトラウマ。
    スペイン人の作ったほんもののサングリアはうまかった。そして最大級の悪酔いをした。
    サングリアの恐ろしい所は甘くてフルーティーだからどれだけの量のウォッカが混入されてるかわからんということなのだ。
    家についてきちんと着替えてベッドの中で寝てたのに脱いだ服が部屋の外に散乱してた時はどーしようかと思った。

    5.テキーラ
    多分テキーラとパイナップルとココナッツ系をぼーんとやったやつで、自宅で携帯を無くすという離れ業をやらかす。どうやっても見つからない。そして本当に記憶がない。

    【5】ジョッキを渡す5人
    飲んでて記憶がありませんってことで。

    Non-genre | 19:46:50 | Trackback(7) | Comments(3)
    スティヴィネージ 2-1 ダゲナム・アンド・レッド・ブリッジズ
    身内の同僚の息子がダガーズ・ユースの期待の星中の星だとゆー。

    んでダガーズ史上初のテレビ放送があるとやたらその同僚がエキサイトしていたそうで、お付き合いで観ることにしましたよ。スティヴィネージ(スティヴィナージともいう)対ダガーズ。

    あれまダガーズのコーチってウォーレン・バートンなんだー。 とりあえず私からはブーをお愛想で送っとく。

    しかしカンファレンスの試合をじっくり観るのは初めてだ。

    前ウィーカム対オックスフォードの試合を観て本気で 「下手の見本」みたいなボールしか見えてないサッカーに 頭痛くなったので、それより下のカンファレンスは観てなかったのだが、

    カンファレンスを、舐めていた。

    スティヴィネージに、ひとり、とんでもないファンタジスタがいた。

    本気でびっくりした。

    この夜、チャンピオンシップのスカウトや監督のもとでは 電話が鳴りやまなかったに相違ない。

    ヒールで試合を作るってなんだよヲイ!!!

    後ろに流すヒールで中央のビルドアップを完成させ、 そして左ウィングからおそろしく弾道の鋭い いかにもイングランド人のような弾丸クロスを ピンポイントであげ続ける。 かと思えば、中央に切れ込んでとんでもないボールタッチから サイドキックにヒールに自在に中盤の選手を動かして行く。

    ウェストハム時代のジョー・コールを観て感じたものと 同じものを、この試合を観ていた人は、 この選手にきっと感じたはずだと思う。

    その選手の名前は、ジョージ・ボイド。 スティヴィネージの左ウィング。

    あまりに足下がファンタジーだし、同じような 超ダークヘアなので、ハートリプールのファンタジスタ、 アダム・ボイドの血縁かとちょい疑ったが、 どうもしゃべり方は南西系のアクセントを聞いてとれるから 違うんだろうなぁ。アダムくんは生粋のプールっ子だしなぁ。

    スティヴィネージのジョージ・ボイド、あんなファンタジーを 見せた選手は、プレミアでもなかなかいないレベルだ。

    もうなんか凄いのだ。

    凄いって言葉しか見つからないのだ。

    試合は終始ボイドのファンタジーをみせたスティヴィネージが 34分先制、しかし、後半になるとダガーズのチームスピリットと プレッシャーの重さからダガーズにチャンスができ、 70分同点、しかし、しかしだ。

    ロスタイム、92分、ジョージ・ボイドの右からの鋭い グラウンダーは、ダガーズGKをすり抜ける。

    よしよくやった!!

    心からおめでとうと言いたい、そして、心底楽しんだ 素晴らしい試合だった。ジョージ・ボイド、あまりに 非凡すぎる才能に酔った。

    イングランドのフットボールの裾野は、ひろい。

    スティヴィネージ 2-1 ダガーズ

    Coca Cola Football League (Real League) | 09:43:56 | Trackback(0) | Comments(0)
    うぱー
    うぅぅ忙しすぎて更新でけんだわ。

    まぁ今日中にウェストハム戦だけはなんとかしまっす。

    忘れないうちにこれだけ書いておくかな。

    月曜のロンドン・ダービー、QPR対Crystal PalARSEのフォメだけなり。
    (クリスタル・パレスの昇格だけはいまだに許さん)
    しかし相変わらずQPRのサポは品がよい。 フツーにあのパレスサポがロフタス・ロードのまわり コトモナゲにウロウロしてるもんなぁ。

    QPRは、ロンドンにあるまじきのほほんながら、 自分のチームを一生懸命応援するひとたちに支えられている。 QPRって、全然殺伐としないんだよなぁ。 それはミルウォール戦でも思ったことですが。 のほほんいいサポいいスタジアムというと、 チャールトンのバレーを思い出すかもだけど、 バレーともすこし違う。

    「QPRのロフタス・ロード」は、とても、暖かくて、 近くて、いいスタジアムだと思います。

    ロフタス・ロードはQPRのものだ。

    フラムのものじゃあない。

    日本ではフラムでお馴染みかもなのだけど。

    QPRのロフタス・ロードは、 フラムの試合に行った時とは全く違った顔を見せた。

    QPR

    ロイス
    ビグノット シットゥ サントス ダイヤー
    エインズワース トミー・ドハティ(愛)バーチャム クック
    ファーロング ムーア

    Crystal Palarse

    キライ

    バターフィールド ウォード(元ミルウォールのベッカム顔)ホール(元セインツ) ボイス
    マッカナフ ソアーズ ワトソン ライク(**ライヒ)
    フリードマン モリソン

    *発音表記は基本的に英国Skyの発音に準拠しておりまし。
    **ダービーでは「ライヒ」と発音していたそうです。
    つか、多分、厳密に現地発音だと多分ライヒだろうな。 英国におかれましては、オランダ語だけでなく、 ドイツ語も英語読みになりますし。 お馴染みの「ツィーゲ」は、どこの放送局も「じーが」と 読んでおりました。

    あーやだやだ絶好調のモリソンがいるなんていやーな感じ。 アンディ・ジョンソン不在感じさせねえっすよモリソン居ると。

    やーだーなーと思ってたら、うわあ虐殺ショーかよと思うよな なんかパレスの攻撃あげまくり。

    マルコ・ライヒakaマーコ・ライク(Skysport実況発音)が鬼神でした。

    14分モリソンのクロスにあわせてノーチャンスのボレーで得点、 17分もフリーキックにあわせて得点。 なんかライヒが当たった時って、自分でクロスをほいっとあげて そんで自分でクロスを獲りに行って打っていくような、 そんな感じ。

    すぐにQPRも1点返したですが、寝て起きたら3点目が入ってた。

    愛しのドハティーはなんか効いてませんでうがうがでした。

    試合後モリソンがエキサイトして喋りまくり、 「MOTMはおまいやないわ!とっととMOTMのライクにメダルをかけれ」 とツッコまれて慌ててMOTMのメダルをかけてたげたのが笑えました。

    QPR 1-3 クリスタル・パレス

    hollowaysuit2.jpg

    QPR監督イアン・ホロウェイ

    dowiehi.jpg

    パレス監督イアン・ダウイー(あれ二人ともイアンだな)

    Skyがあるということは、あまりよいことではないと思う。 今まで必死で見逃すまいと目を血走らせて観ていたものが あたりまえになってしまって、そして、興奮もそこそこになってしまう。 いやだなぁ今日パブ行くのとか思って重い腰をあげて 隅っこで根暗にメモ持って「ドハティええなぁ」とか 書いていた必死さはどこへ行ったんだろう。

    今までなら観ない時は、 「クソ試合じゃ!!観るのやめたる!!」だったんだけど、 文字情報おいながら「ばかやろー!!」って叫んでいたんだけど、 Skyで観ている時なんかは、 「はー今何対何になっとる?」「あ、あとでダイジェスト観よう」 になっている。

    常にフットボールをお手軽に自宅でテレビで観られるということは、 それだけフットボールも自分にとって手軽になるということであって、 自分にとっては、今までのフットボールを観て 怒り泣き喜ぶ気持ちも、また薄まってしまうということになった。

    自分よりも、必死で日本で大好きなフットボールについて、 ダイジェストや文字情報を追っている ひとたちのほうが、よほど、フットボールを「みている」 気がして、ならんのだ。

    Coca Cola Football League (Real League) | 17:16:02 | Trackback(0) | Comments(0)
    PROFILE

    Trig

    • author: Trig
    • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
      Red'n'White Army

      の方に貼って頂けると嬉しいです。

      ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
      「サンダーランド用語集」
      をご覧ください。

      また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
      「はじめに」
      をご覧ください。

      選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
      2002-03名鑑

      2003-04名鑑激怒版

      2003-04名鑑平静版


      2004-05名鑑


      2005-06名鑑




      サンダーランドのファンです。


      2ndチームはハートリプールということになりました。


      実は結構ミルウォール好きです。


      クルー大好きです。


      結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
    • RSS
    Calender
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    09月 « 2005/10 » 11月
    Search
    Search this site.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。