スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
チャールトン 3-1 ハートリプール・ユナイテッド@ザ・ヴァレー
チャールトン・アスレティック 3-1 ハートリプール・ユナイテッド

試合前にちょっと賭け。

「ハートリプールの勝ち」「プロクター先取点」

こうなったら15ポンド貰えるねーって笑いながら、 ヴァレーのゴール裏へ向かう。

ディミ
だれん ネルソン(愛)  ニール・コリンズ ハンフリーズ
バトラー ティンクラー スウィーニー アイステッド
デイリー プロクター 


アダム・ボイドを怪我で5週間欠くハートリプールのおそらくベスト・メンバー。 エフィオン・ウィリアムズも怪我かなぁ?対するチャールトン、けっこー オトナゲのないメンバーが揃ってる。マット・ホランド、ダレン・ベント、 ヨナタン・ヨハンソンとか、なんかやたらとオトナゲな・・・ うわああチャールトンのGK、トミー・マイレだー!!

ハートリプールは、素晴らしく統率のとれたいいチームだった。 オトナゲないチャールトンのメンツと攻撃に、 コリンズの高さ、そしてハンフリーズのロングフィード、 そして何よりも何よりもミッキー・ネルソンの泥臭くも闘魂溢れる守備と 強力無比なヘッドのクリア、ロングフィードから一気に皆前へ走って ゴールをどん欲に狙うプールズは、 間違いなく感動を呼ぶチームだ。あのプレーオフの奇跡のチームスピリットを 見せた、ハートリプール・ユナイテッドが帰ってきた。

圧倒的なチャールトンのポゼッション。しかしネルソンの頭、そして、 「下部最高のキーパーの一人」ディミは巌のように立ちはだかる。

CBとGKがしっかりしているチームは観ていて気持ちがいい。 つか、ギャリー・ブリーンとミッキー・ネルソン、 ケルヴィン・デイヴィスとディミ交換してもらえませんか マーティン・スコット様。

そして、一発カウンターから中央スカスカを塗って、 そしてプールズの、デイリーが右隅にグラウンダーを叩き込み、先制点!!

うをーーーーーーーーーーーーーー!!!!

アウェーのビッグマッチで、プールズ先制だ!!はうぇーざらっず!!!

だが、審判は完全にチャールトンによっていた。

先制点の直後、間違いないあからさまなダイブにペナルティが与えられる。

「審判がコレだからプレミアの連中とやるとムカつく」

皆審判の寄りっぷりには諦めているのだが、 チャールトンはカーリングでプール相手ごときに、ダイブの雨あられ。 それにあっさりとFKやPKを与える審判、ほとんどノーコンタクトでも FKになるし、なんでプールズごときにそんな審判が必死なんだ。ごときだから なのだろうが。しかしあのダイブはカービシュリーの指示だな。 あまりにダイブが目につきすぎる。酷い。 チャールトンの29番、ダイブを連発していたので、凄まじいブーを食らっていた。

「fuckin Premiership」「you're supposed to be at home」

あまりの審判のひどさとチャールトンの汚さに皆「あれがプレミアのチームか」と いうチャントが飛ぶ。

しかしお互いロクに引かないもの同士、 シュートの乱打戦になる。そしてお互いのゴールマウスに控えるのは、下部最高のキーパーのひとり、ディミ・コンスタントロポロスと、元サンダーランド、トーマス・マイレ。

シュートの雨と名キーパー二人が魅せるナイスセーブの雨あられ。 ・・・どっちかうちにください・・・。ディミでいいです・・・。

とりあえず審判、ダイブにFK与えなければホント面白かったんだけどなぁ・・・。

後半はちったぁ審判マシになったけど、そろそろプールズの力不足が 露呈されてきた。プールズも必殺セットプレー、ハンフリーズの左足から 頭であわせようとしたチャンスは何度かあったが、これが不運にもはずれたり マイレの好セーブにやられる。

チャールトン側の降らせるシュートの雨あられ。 そのうち、ついに2点目が入る。しかたない。

3点目のFKも、ちょっと疑問の残るFKの与え方だったが、 ボスロイドの鋭いFK直接たたき込みは凄かったね。

全力を尽くして決して引かなかったプールズ。

3-1で負けたというスコアは大切じゃない。 素晴らしいチームスピリットと引かない姿勢、それは確実に そこにいた1万328人の心を捉えたはずだ。 サポのもとに高々と両手をあげて拍手をして近づいてくる リッチー・ハンフリーズはとても誇らしげだった。そうだろう誇っていいよ。

本当に、いい試合でした。

*ダレン・ウィリアムズは、ヨーヴィル戦よりはマシな程度でした。 あとサンダーランド時代みたく拍手いっぱいしなくなっちゃってそれが寂しい。

**帰りの電車の中でサンダーランド観戦組@ご苦労様です から、「ダン・スミス退場、ルタレック97分によーやく得点、 チェルトナム相手だからリザーブ出したら大苦戦。まぁなんとか勝ったよ」 という電話が入る。まぁよいか。

スポンサーサイト
Hartlepool United | 17:21:03 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
08月 « 2005/09 » 10月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。