スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:-- | Trackback(-) | Comments(-)
ダレン・ウィリアムズ自由契約
昇格ハートリプール、10人大リストラ

「リーグ・ワンで戦えるための戦力にする、軽率に考えたものではない、熟考した末の決断だ」というダニー・ウィルソンの言葉ですが、なんすかこの血も涙もない 自由契約リストは!?(救いようないよさらに)

別にダレン・ウィリアムズについてはあんま怒ってません。

つーかミッキー・バロンがいりゃいいよねー(本音) ってずーっと思ってたから(自爆)

んでもね、んでもね、エフィオン・ウィリアムズはねえだろう!?

一体何点プールズのために、一体何年いたと・・・

エフィオンがはいると何か変わる気がしたよ。 エフィオン、今季何点?・・・・あ”、6点か・・・・ ジェイムズ・ブラウンと同じか・・・・・あ”、アンディ・モンクハウス、ウィンガーのくせに7点か・・・いやロザラムにもったいなかったもんな・・・プレストンのセジウィックと両輪だったもんな・・・ロザラムで・・・

ハートリプールの自由契約リスト
    ・エフィオン・ウィリアムズ:言わずとしれたおおきなストライカー。

    ・ダレン・ウィリアムズ:言わずとしれたミドルスブラ出身、 サンダーランドのセクシー・ダイナマイツ、ストライカーとGK以外は すべてやってたあのひと

    ・マイケル・プロクター:言わずとしれたサンダーランドの19ポイント降格シーズン、リヴァプール戦で得点した地元っこの彼だ。

    マーク・ティンクラー:使い勝手はよかったと思う。

    ・ダレル・クラーク:プール長かったと思う。

    ・クレイグ・ヒグネット:クルー・アレクサンドラ・ユース出身、 ブラックバーンとかでみてましたね。個人的に最後にみたのは3年前。キャリアをはじめたクルーへのローンでした・・・だめでした・・・ダーリントンを経てプールへ。

    ジョン・ブラックストーン&カール・ジョーンズ&フィリップ・ターンブル、トニー・デイヴィッドソン:ごめんみてない
冷静にみれば、指揮官としては、妥当なセンなのかもしんない。 今日は、今日は、ダニー・ウィルソンに、いいかえせないのが、心底悔しい。

くやしいから、GKディミ・コンスタンポロス、どっか抜かれちゃえ! なんて一瞬毒吐いてしまった。(マジでCCC、2部からオファーがあるそうだ。てかディミ@プレミア外屈指のショットストッパー ほどのGKが3部と4部のヨーヨーしてた ハートリプールにいてくれてたのは、ただただ、 奇跡というほかなかった。めちゃくちゃこまるからいかないで)

スポンサーサイト
Hartlepool United | 01:22:12 | Trackback(0) | Comments(0)
ハートリプール昇格(今更)
土曜日にウィーカムに1-0で勝って (ここも今年負けてない)昇格して、 「このまま1位で終わるぞー」状態になってます。

今更すいませんー!!!

昇格祭りは、ハートリプールの生んだ名写真家、 Frank Reid氏の所へ飛んでくださいー!!特にダニー・ウィルソン 好きな人は一度ごらんになってください(名指し)

もうホントに写真凄いですからFrank Reid氏は。

一部直リン。

ダレン・ウィリアムズ

あ、ちょっと昔のDazっぽい!!

なんかいっぱいDaz映ってて嬉しいよ!

えーと変な顔のミッキー・ネルソン(c)だと思ったら おもっくそ坊主にしたベン・クラークでした(汗)

まぁとにかくFrank Reidの写真は最高です・・・。 なんもコメントつけようもありません。

Hartlepool United | 03:48:26 | Trackback(10) | Comments(0)
だるろ 0-3 ぷーる
ダーリントン 0-3 ハートリプール@22戦無敗記録更新中

ふはははははははははははははは。

ノースイースト・ダービーはハートリプールの アウェーでの圧勝でしたわはははは!!!

もっと正確には、ダルロことダーリントンと プールズことハートリプールのダービーは、 ティーズサイド・ダービーというやつですが、 まぁ、ノースイーストで唯二の 対等ライバル関係(まぁ 言うまでもなくサンダーランドVSニューカッスルと ダーリントンVSハートリプールの二つ)のダービーですから アツイですよこれは。 ストックポートに引き分けたもんで困ってたんですが (リンカーンは前観た分には 十分強いチームだったんでドローは納得)まさかの ダルロをアウェーで惨殺で友プーリーの顔が観てえですわははは!

エフィオン・ウィリアムズ2発かぁー(ダレンじゃないです エフィオンは顔のおっきなストライカーです。背もでかいですが)

Hartlepool: Konstantopoulos, Barron (Bullock 83), Nelson, Clark, Humphreys, Brown (Gibb 81), Sweeney, Liddle, Monkhouse, Barker, Eifion Williams (Foley 77).
Subs Not Used: Provett, Hignett.

Goals: Eifion Williams 39, 51, Monkhouse 80.

ん?

ひぐねっと???????????

ブラックバーンとかレスターにいたクレイグ・ヒグネットが あらびっくりプールズに!!

・・・・・・・・・・・・・てか。

いや、ヒグネット、古巣のクルー・アレクサンドラに帰ったまでは 記憶にある。そして、 クルーレベルでも使い物になんなかった (同情涙)、そこまでは覚えてる。その後

クルー

リーズ

ダルロ

ハートリプール

・・・・・・・・なんか人生がネタ臭いんですがだいじょうぶでしょうかヒグネット 涙

ちょっと待てプールズで3点目入れてる モンクハウスその位置ってまさかえーと モンクハウスってまさかロザラムの美形ウィンガーの アンディ・モンクハウスじゃねえだろうなぁ・・・・

ひーアンディだった(失血死)

注:なぜ管理人がここで失血して死んでるかは、 以前書き逃げして放り投げた 超恥ずかしいこのページへゴー!

しかしまぁ。

こんだけ盛大に(盛大なのか?)プールに新戦力がおるということは、 出てった人もいるってことだなぁ・・・・

Michael Proctor → Wrexham

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱりな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

てかレクサム!!

レクサムに史上最強クラスのサンダーランドのネタGK、 マイケル・インガムがおるっつー理由だろなこれ・・・・ (インガムがどれくらいネタGKかというと きっとインガムには小学生のドッジボールもキャッチできない レベルですが北アイルランド代表で 確かロイ・キャロルのサブだった過去あったりもしますビバ北アイルランド) いや今考えたら、プロクターの、 あの「降格シーズンのリヴァプール戦プレミアゴール」も、 きっと、逆の意味で壮絶なネタなんだろうな・・・・

ついでにダルロには ジュリアン・ジョアチムがいるよ!! (ピンポイントでツボに来る懐かしい人)

Darlington 0-3 Hatrlepool

微妙に鬱が去来したプールズの面子総ざらえな 試合でございました。言うまでもなく相変わらず首位ですうへ。 サドラーズも好きなのでここはワンツーで上がってきてください。

あ、そいえばこないだ某所で99-00だったかな、の、 プレミアハイライト観たんですよ。

ワトフォードがぶっちぎりで 逆走したシーズンの。

なんかクイン&フィリップスがまぶしかった時の。

なんかミッキー・ ブリッジスが故障せずにリーズが チャンピオンズ・リーグ参戦権勝ち取ったシーズン の。

・・・・・・・・・・・・・とんでもねえネタシーズンなんですが (今シーズンのリーズとワトフォードもネタっぷりが 清々しいと思うよ!!)、

最初水曜日が負けこんでてまだ折り返しも済んでないのに

「まだ20試合も残ってるんだ」

というクリスマス前に言っちゃおしめえよと 総ツッコミの入った台詞を吐いてた監督さんがいらして、 脱力ながらツッコミ入れよと身を乗り出して監督の名前を確認したところ、

「シェフィールド・ウェンズデイ監督 ダニー・ウィルソン」

・・・・・・・・・・・・・・あのかおどっかで観た・・・・・・ あのかおミルトンキーンズでみおぼえ・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・あれ現ハートリプール監督の ダニー・ウィルソンじゃないですか!!

わけええええ!!!

かなり観ていてオトクでした。




みなさまへ連絡:今本気で身辺がのっぴきならない状況にありまして、 レス更新放置気味になりますすいません相変わらずですね ごめんなさい、もっと追いつめられたら逃避で更新しまくるかも しれませんのでよろしくです。




あ、リーズがネタネタゆってて(いつもだ)思い出した。

ミッキー・グレイがリーズに ローンされちゃいましたよくすんくすんくすん。 シーズン終了までとのこと。

どっか下に貸しだされるなら、 実家に近いトコに帰りたいんでしょうねきっとミッキーってば。

サンダーランドが昇格を決めた04-05シーズン、 リーズの一人という皮を被ってイプスウィッチの攻撃を 封じたミッキーのサンダーランド魂、 昇格を嬉しそうに語った試合後の「リーズのミッキー」、 昨日のように思い出します。

Hartlepool United | 04:54:57 | Trackback(0) | Comments(2)
ルートン成仏しろ成仏しろとか書いたが
前の日記でルートン死んでくださいとか書いたんだが。

ルートン・・・

はっ。

何か大事な人を忘れていた!!

Subs Not Used: Brill, Davis, Boyd

きえーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハートリプールのファンタジスタ、アダム・ボイド、 ベンチの花だったんか、ルートンの・・・涙

ルートンと成仏したら、 来季、どうか、ヴィクトリアパークに対戦しに帰ってください・・・ ハートリプール上がってくるから・・・絶対・・・ 多分ボイディを、暖かく迎えると思うよみんな!!

しかし土曜日にルートンを葬ったのはミックの所だったのだが。

Wolverhampton: Murray, Edwards, Breen, Neill Collins, McNamara, Kightly, Henry, Olofinjana, McIndoe, Ward (Bothroyd 76), Keogh.

Subs Not Used: Budtz, Craddock, Clapham, Gleeson.

Goals: Breen 10, Keogh 53, Henry 66

・・・・・・・・・・・なつかしいひとたちが・・・・・元気そうで・・・ (もとサンダーランド組は太字、個人的になつかしい人はただの赤字)

Wolves 3-2 Luton Town

Hartlepool United | 02:02:43 | Trackback(7) | Comments(0)
破竹の14連勝
気付いたらプールズことハートリプール・ユナイテッドが14連勝してました。

今季Impsのアウェーの時はもうダメだと思ってうぁあ美しい街リンカーンを観光させてありがとうプールズ!っていう逃避モードに入ってたんですが(一番ダメだったのはダレン・ウィリアムズだったりして鬱)、降格当時よりほとんど面子の変わらないまま、なんと破竹の14連勝です。

降格からほとんど面子がかわらん?そう、アダム・ボイドは ルートンに売ったもんの、 たたかうプレースキックの名手、主将リッチー・ハンフリーズ、 下部屈指の名GKディミ・コンスタンポロス、 エースの一人、エフィオン・ウィリアムズ、 元サンダーランド組ダレン・ウィリアムズも 残ってるってことですよ!

しかも土曜日に2位のスウィンドンをアウェーで、アンディ・モンクハウス(ウィンガーだったと記憶)のゴールで直接破り首位サドラーズことウォルソール(あらら首位だよ:今の監督はRichard Money、花ではない)に6ポイント差、2位スウィンドンに2ポイント差の3位!

スウィンドンといえば、某CCC最下位某リーズ監督デニス・ワイズが 以前監督してたクラブでリーズに抜かれてから 快進撃でありますから、やっぱり某デニス・ワイズって厄介物件(略)

というわけで4部の成績表を見てみましょう。

1 Walsall 31 28 64
2 Swindon 31 17 60
3 Hartlepool 31 15 58
4 Milton Keynes Dons 31 13 58
5 Lincoln City 31 16 56
6 Stockport 31 10 50
7 Wycombe 31 8 50
8 Notts County 31 5 45
9 Bristol Rovers 29 1 43
10 Chester 30 1 41
11 Hereford 31 -6 41
12 Darlington 30 -2 39
13 Barnet 30 -7 39
14 Peterborough 31 -7 39
15 Shrewsbury 28 11 38
16 Mansfield 30 1 38
17 Bury 31 -4 37
18 Rochdale 30 3 32
19 Grimsby 31 -21 32
20 Boston Utd 31 -20 31
21 Accrington Stanley 30 -9 30
22 Macclesfield 31 -12 30
23 Wrexham 30 -20 30
24 Torquay 31 -21 25

・・・・・・・・・・トーキーって毎年フットボール・リーグから 落ちかかっているような気がするのは気のせいでしょうか。 トーキーで使える豆知識:アガサ・クリスティはここに 住んでて愛してた街でした。ついでに トーキーの生んだもっとも偉大なフットボーラーは 「おやじの花園」で局地的に有名なコリン・リーでし。 (つまり街が美しすぎてフットボールのつけいる隙がない街である)

んで30ポイントに「こんな街知らないだろ」という 牛乳のCMのみで知られたランカシャーのアクリントン・スタンレー、 昨期破産して降格したウェールズのレクサム、 たしかどこですかっていうトコにあるマッカレスフィールド、

んで31ポイント近辺にどう血を争ってんのか知りませんが グリムズビーとボストン・ユナイテッド@リンカーンシャー・ダービーがおったりして、痛々しい。

個人的にはサポのこわいレクサムと リンカーンシャーのボストン&グリムズビーには残ってもらいたいので 降格希望はげほげほげほと。

さて上のほうに話戻しますと、 3位はプールズですが、 4位にはMK Dons。

アーセナルさん西日本の報告によりますと、 元チェルシー・ユース、そしてブライトンの得点王、 んでスウォンジーの点取り屋の一人、リオン・ナイト がMK Donsに移籍したそうでして、 さすがカネのあるMK Dons、4位であります。

MK Dons,現在の将は、「狂犬」マーティン・アレン。

そうご存知の某FA Cup 3rd Roundで3部のブレントフォードの分際で ありながら某プレミアのクラブ某サンダーランドを破った時の 監督であります(鬱死)

いいトコから声かかってたマーティン・アレン呼べたり この1月にリオン・ナイト獲れるあたり エース・ストライカー、イゼール・マクルオードを 手放さないで良い辺り金回りの良さが伺えますね。 (多分ナイトはマクルオードの穴埋めでしょう)

ついでにサポのフットボールに対するなんつーか理解のアレさ加減から、「4部の身の程知らずのチェルシー」と個人的に呼んどりますしっしっ!

んで長くなったんですが、なんでMKの話をこんだけするかとゆーと、 MK Donsはくだらんクラブの割に(こう表現しても怒る人はいないと思うよ)、連れてくる選手や監督はかなーりーいいんですよ。

んで、狂犬の来るMKの前の監督は、ダニー・ウィルソンです。

ダニー・ウィルソンってだあれ? そう、現在のハートリプールの監督であります(ようやくつながった)

そんで言いたかったことは、Poolsに、 節操や思想のない、金満MK Donsに負けて欲しくねえ!! ダニー・ウィルソンに鼻を明かして貰いたい、ってことです。 がいるのがちと皮肉でありますが@プールズ監督ダニー・ウィルソンの前クラブ)

Swindon 0-1 Pools

最後に、某中村俊輔とかゆー選手が 所属するチームの監督、 ゴードン・ストラカンのご子息、 プレース・キックの名手、 ギャヴィン・ストラカンは、つい一週間前ほどに、 ポッシュ(Posh)こと、ピーターバラに移籍しました。

Hartlepool United | 17:11:38 | Trackback(0) | Comments(0)
めそめそ
ハートリプールのファンタジスタ、アダム・ボイドが7月31日付で 0.5Mでルートンに行ってしまいました・・・(涙

うんにゃ4部の才能じゃありまへん。

しかし、ルートンとは・・・どうしようもなく 微妙な所に・・・(涙

プレミアクラブが狙っていたとも言われるほどの才能、 ある変態スタジアムマニアさんをして「ロベルト・バッジオ系」とまで 言われたイングランドにあるまじき超ファンタジスタでテクニシャン、 アダム・ボイドほどの才能が結局は ルートンで3年契約ってなんか別の意味で泣けてきますでよ。

もっとも、あのヨーヴィル戦の時に折った脚が 悪かったんでしょうが(その試合行ってたよー)

すまへんあり得ないほど体調わるいので 今返信等滞らせて頂いております。

Hartlepool United | 15:24:43 | Trackback(0) | Comments(2)
もにょもにょ:旧エントリに管理人による事実誤認がありましたので改訂しました
わざわざスキャンして 「 この本こんなこと書いてますよどうでっか」と、 よりによってハートリプール選んで一部を送ってくださった 方がいらしゃいました。ありがとうございます。

とりあえず「商業ベースに乗った本」として見ると、 なんぞ、どことなく、どうも、もにょったのです、何故か。 それは似非プーリーとしての感覚なのでしょうか。なんなんだろ。 (管理人、ハートリプール市内歩いてると 誰かに必ず声かけられるとゆー逃げ場ナッシングな プーリー呼ばわれっぷりなので最近)。

さて本より引用。
    「伝説によると、ナポレオン戦争時(中略) 沈没したフランスの軍艦から、 その船のマスコットだった猿が岸に 漂着したんだって。その猿は船のマスコットとして フランスの軍服を着せられていたらしいんだ。
     ハートリプールの漁師はそれまで猿を見たことがなかったので、 「これはナポレオンのスパイか?と疑って絞首刑にしちゃったんだ」
はい、その通りです。 全く正しくて、全く間違いはありません。

Hargus.jpg

H'Argus photo by 管理人のミノルタ200万画素のクソデジカメ(カメラの機種聞かれることあるので)

これに寄せて、火事場泥棒的に、当似非プーリー・ブログ限定で、 絶対知らなくていい無駄な 「もう一つの隠された話」を、 ダラダラと披露しちゃおうかと思います。

まぁ公式発表、というか、歌として広まったので、 Monkey Hangersの名前が有名になったようです。

というわけでこの話は実はホントは猿じゃないんじゃないかって話がありますよ、と、このブログだけでもツッコミ入れておきましょう。 (まぁ公式発表とか伝説とやらにツッコミ入れるのも無粋なんですが やっぱ余所者似非プーリーの無駄知識です)

普通に考えて、北海に 軍服を着た猿なんて連れてくるかー?っていう話で (伝説では軍艦の中の見せ物として 乗せてきたという話、まぁだから伝説なんですが)、 つまり、それを観るなりハートリプールの連中は 『「猿だ!」ということにして』 軍服を着たそいつを吊した、ということ。

つまり、実は、 座礁した船から流れ着いた唯一の生き残りは フランス人、しかも少年の火薬兵を「猿」呼ばわりし、 そのフランス人ガキを絞首刑にした ってのが、 本当のハートリプールのモンキーハンガーズの由来なんじゃないかっていう黒い説が実はございます。

ま、猿(公式発表)にしてもフランス人にしても、 「憎いフランス人を吊した」からこそ、 その「猿吊し(=フランス人吊し)」と呼ばわれることを ハートリプール市民は誇りとして思い、 後には「猿」をマスコットにまでした、という、どっちにしても、 ドロドロに真っ黒いイギリスとフランスの因縁話が このH'Angusの背景であったかとゆー 歴史の一片であることは間違いないのです。 さらに、個人的には、この話は、「伝説という名を借りて微妙に 隠蔽した史実」なのではなかろーかという説の方が ありうる、と、思ってるのですね。 (勿論通説というか伝説の理解で正しいんですよ♪)。

んで、他にも色々考えると、 「この話、あったとしても、 どっちかっつーと本当は人間だったんだろ」説の方が しっくりくる箇所は多い。 代表的なツッコミ論拠としては、「ハートリプールの人間は猿と人との区別もつかんほど無知と言われて恥ずかしくないんか」& 「なんで泳げない猿っつー生き物だけが 唯一の生存者やねん、ヲイ」というツッコミ考えると、 「吊されたのは実は人間だった」 説の方が現実的には強そうや思うんですよな。

結局伝説のお歌の裏は黒歴史なんじゃないかっていう (本当は怖いなんちゃら、って、ありがちな話ではありますが)、 知らなくていい無駄知識が入ってる自分が悪いのですが。はは。



monkeyhangers.jpg

本より引用のイラスト。

んまぁ、きっと、 もにょりは、このハンガスが吊されているイラスト (本より引用)から来ているのかな。

絶対知らなくていい無駄無駄黒知識があって それがおそらく現実的でなかろーかとか考えてる 似非プーリーだからこそ、気分がどうもよろしく なくなったのかもしれませんが、 イラストで、 もっとぶっちゃけて言うと、「てか、この絵実際のH'Angusやん、 H'Angus殺さないでー:涙(内臓かなんか垂れてるよーに見えるかもー)」と、あんま趣味がよろしいとイラストととは 思えなかったって、とこ、だなぁ。

無駄知識のある似非プーリーとしてはなんだかもにょってしまいました、ってだけの話ですが。
    追記&注記:もっともハートリプール本場で猿の首に ヒモのかかってるイラストはありますが、 吊るされてはおらんし死んでないし (マスコット殺したら本末転倒ですけんな) H'Angusとは似ても似つかぬオリジナル イラストで描かれております・・・。
さて、つらつらと無駄話をしてきたので、 無駄話が止まらなくなったので、無駄知識を更に続けましょう。

ハートリプール南の都市、サンダーランドの 「黒猫」の由来もまた 「ナポレオン戦争」時にさかのぼることは本家サイトの 用語集のほうで述べたかと思いまし。

蛇足ですが、 「北海沿岸屈指の造船業」を背景とした「イングランド軍の要所」 であったハートリプールとサンダーランドの 類似性は、マスコットの由来からも伺い知れたりもします。

ついでにサンダーランドもハートリプールも、 第二次大戦でも酷い目に遭った都市同士です。 イングランド最大、世界最大級の造船所を持つとされた サンダーランド(ニューカッスルとどちらが最大かは 議論のある所ですが)、 造船業では屈指と言われたハートリプール、 ヒトラーが攻撃目標とした街でした。

しかし、ニューカッスルは、その歴史的建造物の価値から、 ヒトラーはニューカッスルの爆撃を指示しなかったのです。 美しく豊かなニューカッスルと 焦土と化したサンダーランドとの明暗はいかばかりだったことか。

サンダーランドという都市を更に悲劇が襲います。 1960年代、韓国と日本の造船業に 完全に衰退に追い込まれた造船業、 更にサンダーランドの経済に死をもたらしたのは 1980年代のサッチャーリズムによる炭坑の廃坑 (この模様は映画Billy Elliot(邦題『リトル・ダンサー』) でごらんください)により、 ニューカッスルとサンダーランドの 都市間の力の違いは決定的になりました。 (だから更に憎いのだすなぁ)

おっとこの辺り書き出すと止まらんぜ。 つか、全く同じような悲しい街の歴史をハートリプールは持っています、というか、ハートリプールのほうが酷いかもなぁ。

というわけで元に戻すけど、

ヨソもんプーリー&ヨソもんさんだらんとしては、実は あんましたくない黒歴史だったんで今までしなかったんですが。

んで、タレコミ主いわく、写真があんまない、というか、 イラスト本、というか、「絵本のようなもの」だそうなのと、 あとども、夢のない管理人にはどーも文体が乙女ちっく過ぎると 感じたのももにょる原因かもしれませぬ。

(そもそも小学校に上がる前から山口瞳だったとゆー オヤジ文体しか受け付けない人間ですので、管理人)

ここまでのことは、勿論、言いがかりといえば言いがかり。しかしどうも ワタクシの似非プーリーとしての生理がこれを受けることを なんでか拒絶する、そんな物件でありました。

とりあえず、全写真自前&写真満載っていう点では、 マスコット好きの向きには、英語のこの本のが断然買いかなって 感じだと思います。

アマゾンでどぞ。今なら日本まで送料入れても2000円 切る感でクソ安いでし。
mascots.jpg


Hartlepool United | 15:33:36 | Trackback(1) | Comments(5)
プーリーズの新監督が決まりましたよ
あんま波乱はなかったというべきか、

元MKDons監督、ダニー・ウィルソンがハートリプール・ユナイテッドの 新監督になりました

元ばーんずりー、ブリストル・シティ、水曜日、と、 それなりに経験は豊富らしいのですが。

まぁドンズサポと離してみて、 「ウィルソンはそんな悪くない」とのことだったので、 ま、そんな、悲観もせんと、観てよかと思います。

Hartlepool United | 08:38:35 | Trackback(0) | Comments(0)
連戦
後で書き足します。プール最後の日。
pool1.jpg

ヴィクトリア・パークを裏側から。
pool2.jpg

これがヴィクトリア・パークの「座席」です。
pool3.jpg

試合終了とともにプール選手の死体がゴロゴロ。
マイケル・プロクターが使えず、アダム・ボイド投入が遅すぎ、 RBミッキー・バロンの離脱が痛すぎ(ダレン・ウィリアムズ使えなさすぎ)、完全な戦術ミスで勝てる試合をみすみす1-1。
「エフィオン・ウィリアムズとボイドの2トップだったら あんだけ押してたんだから3点は入ってたよね?」って聞いたらそう思うって。
ハートリプール・ユナイテッド 1-1 ポート・ヴェイル
pool4.jpg

選手達、まだ死んでます。最後まで死んでいたのは たたかうCBミッキー・ネルソンでした。
pool5.jpg

ハートリプールのサポーターズ・バー。
pool6.jpg

サポーターズ・バーで、ケアテイカー監督ポール・スティーヴンソンの談話を見守る人たち。(大画面にうつっているのはスティーヴンソンです)

プーリーズたちは、サバサバしていました。

何故ならこの日MK Donsが引き分けてしまったからです。

プールズ残留の条件は、「MK Donsがロザラムに勝つこと」でありました。だから、どうやったって、残れなかったのです。

さて、ロザラム・ユナイテッド。

フットボール・リーグに加盟するクラブの中でも、 屈指の貧乏クラブがロザラム・ユナイテッドです。

デリア・スミスが来る前のノリッジが破産寸前の超ビンボクラブで、 選手にメシも出せなかったくらい(ピザなんて投げようがないですよ) 貧乏だったのは昔書いたと思いますが、

ロザラムの貧乏ぶりは、そんなもんじゃありません。

選手のドレッシング・ルームでお湯すら出せないくらい、 ロザラムは貧乏なのです。

そんなロザラムが、なんとか、残りました。

(おかねだけは無駄にありまくる)MKも、ハートリプールも、 残れる力のあるクラブじゃないが、ロザラムが残ったのなら、 まぁ、あそこはああだし、そのくらいしゃーねーかと、 そんな思いを持っていたようにも思います。

そして落ちたプーリーがサバサバしていたのは、 「また上がってくりゃいいやー」くらい全員思っていたのでした。

「だってハートリプールは、いつだって4部と3部で ヨーヨーしてた。ダーリントンもそうだ。 こんなん、プーリーやダルロにとっちゃ、いつものことだし」

「すまへんそれを 少し上のレベルで全く同じように スケールのでかいヨーヨーやってるのが 某サンダーランドっつーチームですか?

「そういうことですな」

・・・・・・・・・・・・・・・なぜ親近感持ったのか わかった気がしましたよ。

日曜日はヴィラパーク行ってましたげほ。

ヴィラの20番をこれから「日焼けサロン氏」と呼ぼうかと思いました。

Hartlepool United | 15:40:19 | Trackback(0) | Comments(4)
奇跡のハートリプール残留へ
相手は狂犬マーティン・アレン率いるロンドンの強豪ブレントフォードでした。

そしてケツから数えて3番目のハートリプール・ユナイテッド。

「ノースイーストのチームはロンドン出てくるとロクな試合ができない」
という不文律があります(うちとプールだけかもしれんが)

ブレントフォードに負けたら、降格決定なのです。

プーリーの中には、誰ひとりブレントフォードに勝てるなんて思ってる人はいません。

後から頂いた招待状に「降格しようがしまいがとにかくステキなカッコで出席すること!」

と書いてあった通り、もともと降格祭りだった、そんな感さえありました。

前半はブレントフォードが押し気味に見えたがひとつも 「らしい」チャンスはなかった。 そして、ハートリプールもチャンスがあったが、 あの角度でプロクターに ゴールに入れられるワケゃないと思ったら おもっくそゴール10m左くらいにハズしてくれた マイケル・プロクターのシュート観て頭を抱え、 しかし、なにも負けてなかったのですよ、プーリーは。

後半も、なにひとつ負けていなかったのですよ、プーリー。

目を引いたのはRBミッキー・バロンの闘志とCBミッキー・ネルソンの闘志でした。素晴らしい。ほんとうに。(ダレン・ウィリアムズはサブですすんまそん)

63分、プーリーは、ついに切り札、「ファンタジスタ」 アダム・ボイドを投入。

しかしボイド、キレてねええー(涙)

それにボイドが入るとあからさまにチェックを激しくしてくる ブレントフォードの アレンにムカ。やはりボイド・シフトというものをしいている。 さすがノースイースト随一のファンタジスタ相手には、 なかなか仕事をさせてくれない。

75分、体を張って防いでいたRBのミッキー・バロンが 衝突で死亡、ストレッチャーで運ばれていく。 そしてダレン・ウィリアムズが入る。 バロンが抜けたせいではないと思うのだが、 しばらく5分ほどもうブレントフォードにいつ点入っても おかしくない状況が続いていた。ギリギリギリギリの所で ダレン・ウィリアムズが大きくボレーをあげた時、 少し救われた思いがしたのだが・・・

85分、プールの右GA隅でファウルが。ブレントフォードからして左だ。そこからFKになる。(後で聞いたらそこでファウルしたの ダレン・ウィリアムズだったそうだうがー!!)

FKをとったケヴィン・オコナー、直でプール・ゴールに!!

Brentford 1-0 Hartlepool

ここで意気消沈するわけはない。Ha'way Poolies!!!のかけ声が なおさらのこと激しくなる。 だってプールは試合で負けていないんだから。

1点とられたらそこですぐ諦める某サンダーランドとはえらい違いだ。 85分に強い強いブレントフォードに1点許したのに、 それでも後ろは堅く、前は攻め続ける。

そして90分、そんなプーリーの思いが通じたのか、 左からのコーナー。

コーナーを蹴るのは、トーマス・バトラー(元サンダーランド、 元アイルランドU-21)。

バトラーがコーナーに向かうと同時に、

「Dimi!Dimi!Dimi!Dimi!」

の割れんばかりのコールが起きる。

そう、ハートリプール・ユナイテッドの誇る、 3部最強の ゴールキーパー、ディミ・コンスタントロポスが ゴールエリア内にやってきてセットプレーに あわせる構えをとったのだ

GKのディミ(ジミーに聞こえるんだけどね)は、ゴールをすっからかんに してやってきて、そして、頭の強いCBの重鎮ミッキー・ネルソンも もうすっからかんにして最後のコーナーに全てを賭けた。

コーナーから、誰かに当たった。(残念ながらディミには当たらなかった)

リバウンドがぽんぽんぽーん。

そしてきづいたら、その場のプーリー全員が飛び上がっていた。

Brentford 1-1 Hartlepool United (90分)

歓喜の渦のプーリー達。ミッキー・ネルソンが ユニフォームを脱いでぶいぶい言わせた揚げ句に イエローを食らったので、 最後はミッキー・ネルソンが頭で押し込んだんだ!!!

と理解できた。

ロスタイムにこれ以上のない幕引きが待っていた。

ありがとうプールズ。

最後まで決して諦めないその姿と身も蓋もプライドもへったくれもない 執念、本当に素晴らしかった。

たぶん、今季最高の試合。

Brentford 1 - 1 Hartlepool United

そして気になる順位表は

20 Rotherham 45 -10 51 
21 Hartlepool 45 -15 49 
22 Milton Keynes Dons 45 -21 49 
 R 23 Swindon 45 -19 47 
R 24 Walsall 45 -22 47 


スウィンドンの降格が決まった。 MKとハートリプールは「数字上」わからない。

つまり最終戦の結果次第というわけだ。

最終戦は

Hartlepool United - Port Vale

MK Dons - Rotherham

の組み合わせとなっている。

ちょっとトリッキーなのだが、「ハートリプールが残留する条件」とは

絶対条件:プールがポートヴェイルに勝つ

である。

後は「MKとロザラム次第」になるのだが、

「MKが5点差以上でロザラムに勝てばMKが残り、
 MKが5点差以上つけられずロザラムに勝てばプールが残り、
 ロザラムが勝ったら問答無用でMKもプールもさようなら」

ということになっている。

MKの往生際の悪さは有名なので、MKが勝つ可能性は多大にある。 そして、Vic Parkでポート・ヴェイル、ブレントフォードで あれだけの戦いを見せたチームが実力を出せば、 それほど絶望的な話ではない。

最後の望みをプールズはつないだ。

さて。
marathonpoolbrentford.jpg

これが前日のエントリで書いた「460キロの道のりを 北東イングランドのハートリプールから南西ロンドンの ブレントフォードまで歩いてきたひとたち」です。

当事者連中に聞くと、「先週フォレストに勝った」直後に数名で歩き始めたという(バカ)ほんとに直後に歩き始めたらしく、6日かかったそうです・・・・(当たり前だ)

そしてアウェー最終戦はどのクラブでも名物ですね。こういう人たち。
romanworrier.jpg


Hartlepool United | 18:00:31 | Trackback(13) | Comments(0)
次のページ
PROFILE

Trig

  • author: Trig
  • こちらは、サンダーランドのいちファンの管理人のゴミ雑記のブログ版なので、出来ればリンクはメイン・サイトの
    Red'n'White Army

    の方に貼って頂けると嬉しいです。

    ニューカッスルとのタイン&ウィア・ダービーの仲の悪さについて興味のある向きは、
    「サンダーランド用語集」
    をご覧ください。

    また、管理人自身のライバリティに対する考え方は、メインサイトの
    「はじめに」
    をご覧ください。

    選手の説明なんかは以下にシーズンごとにまとめてあります。
    2002-03名鑑

    2003-04名鑑激怒版

    2003-04名鑑平静版


    2004-05名鑑


    2005-06名鑑




    サンダーランドのファンです。


    2ndチームはハートリプールということになりました。


    実は結構ミルウォール好きです。


    クルー大好きです。


    結論としては管理人に応援されたチームは全部降格します。
  • RSS
Calender
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09月 « 2017/10 » 11月
Search
Search this site.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。